So-net無料ブログ作成

東福寺 本堂・三門 [社寺]

DSC06752.JPG
↑本堂(仏殿)

DSC06755.JPG

実は、東福寺に新緑を観に数回行っているのです。
だから写真がたくさんあります。
本日は、本堂と三門の写真を掲載して置きます。
いつも同じような写真ではあります。
でもちょっとずつ違うかも。

DSC06740.JPG
↑釈迦三尊像、本尊の釈迦三尊像は、明治14年(1881年)に仏殿が焼失した際、万寿寺から移された像で、もとは三聖寺に安置されていたものだという(鎌倉時代の作)。

この本堂は、明治14年(1881年)に仏殿と法堂が焼失しました。昭和9年(1934年)に仏殿兼法堂として再建されました。
こうやって見ると古い建物に見えますが、以外と新しいものなんです。

DSC06741.jpg

DSC06747.JPG
↑蒼龍図、日本画家の堂本印象作。

DSC06771.JPG
↑三門/三門の意味は、空門・無相門・無願門の三境地を経て仏国土に至る門、三解脱門を表しています。

DSC06774.JPG

三門は、扉を設けない場合が多い。一切衆生が仏門に入ることを拒まない仏の大慈悲心を表すものといわれる。でも三門には、特別拝観の時しか近づけないし、無料では入れません。大慈悲心と拝観料は別なのかも。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(6)  コメント(4) 

nice! 6

コメント 4

pochikun

お父さん、おはよう~。
治まりつつあるけど、まだ花粉に悩まされる日々。
花粉症って辛いものだったのねぇ。。。しみじみ~。
お父さんは大丈夫??
此方の天井絵、雑誌に掲載された物を写して
携帯の待ち受け画面にしてた事があるの。
実物もこの目で見ていないとね。
by pochikun (2018-04-24 08:57) 

京男

>pochikunさん、おはようございます。
私の場合は、花粉かどうかわかりません。朝、突然鼻水が止まらなくなる時があります。きっと花粉なんて上等なものじゃなくダニやハウスダストかも。
この龍を待ち受け画面に!渋い!
by 京男 (2018-04-24 09:15) 

すー

こんにちは
>大慈悲心と拝観料は別なのかも。
思わず頷いてしまいました!
by すー (2018-04-24 13:51) 

京男

>すーさん、こんばんは。
そうでしょ。(笑)
by 京男 (2018-04-24 21:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。