So-net無料ブログ作成

望年会・・・1 [洛外・食]

これは、先週の望年会の時の写真。
高齢者が多いのに、ここで望年会をするのが面白い。
私が幹事をしたのでないから、なんでここなのかわかりません。
また私の好みを忖度した訳でもなさそうです。

DSC02152.JPG
↑「パパド」胡椒入り豆のおせんべい。これが辛いと言っている人がいました。ビックリです。

DSC02155.JPG
↑サラダ

また、ネパール料理のことを誰もしらないので、料理の解説をしながら食べておりました。この日は、その前の日がお別れ会・・・しかも比較的若いアーティストだったので、とても湿っぽかった。
もっと大笑いで送り出さないといけませんね。
参加しながら、私だったら誰もこないだろうなぁ・・・。
音楽関係も居ないから、歌や音楽で故人が作詞作曲した曲なんてことにならないしね。

DSC02157.JPG
↑野菜かき揚げ

DSC02162.JPG
↑タンドリーティカ、骨無しのタンドリーチキン

この日は、その影響か自分でいつものテンションでなかったと思います。
騒がしくてすんませんでした。
喋るのに忙しくて、写真は撮ったけど、ほとんど食べていないのです。
食べてもそれほど美味しくなかったかも・・・・。
写真を見たらわかります。

DSC02168.jpg
↑サモサ、大先生から「これは何や?」という質問。
「なんだ なんだ なんだ ネー あんな男の 一人や 二人 欲しくば あげましょ のしつけて アーラ とはいうものの ネー あの人は 初めて あたしが ほれた人〜♪」それは江利チエミの「さのさ」か。これは「サモサ」といいます。形が汚いからよくわからないけど、生身はジャガイモが入った揚げ餃子みたいなもんです。先生。
こんなにケチャップをつけて食べるんは、素人だす。

DSC02173.JPG
↑チョウメン(ネパールの焼きそば)

DSC02176.JPG
↑タンドリーチキン、上のタンドリーティカの骨有り版ね。

まあ、食事が目的でなく、日頃話せない人と話すのが目的なので、あれでよかったと思います。
写真は、まだあるので明日に続く。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ: 洛外
nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

nice! 4

コメント 2

常盤万作

京男様おはようございます。
ネパール料理ですか。
多分、会費だけ支払って急病でしょう。
しかし、ネパール料理にケチャップは驚きました。
by 常盤万作 (2017-12-27 07:35) 

京男

>常盤万作さん、おはようございます。
高齢の人が多いのにこれです。(笑)
でも私のリクエストじゃないですよ。
ケチャップは、日本人向きでしょうね。本来は、ミントソースが普通。
私は、そのソースをもってこさせます。
でも、昼が昨日の記事だったので、あまり食べなかったと思います。
by 京男 (2017-12-27 08:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。