So-net無料ブログ作成

萩の寺 [社寺・和菓子]

DSC08914.JPG
↑常林寺

本日の写真は、梨木神社の後に行った常林寺。
ここも萩で有名なお寺。
狭い境内ですが、萩がとても元気なんです。
人が多い時は、多いと思いますが、私が行く時は大抵私一人。
だからといってジックリ撮影したわけではない。
適当に撮りました。

DSC08919.JPG

DSC08916.JPG

萩の花って私は撮影し難い花のように思います。
撮っていて自分の目の焦点を合わせる場所がわからなくなります。
藤の花もそうかも。

DSC08934.jpg

ネットの情報を転記します。
常林寺は、正式名は光明山摂取院常林寺と号する浄土宗の寺院です。
天正元年(1573)、念仏専修僧、魯道(ろどう)によって開創され、当初は、寺町荒神口(上京区)に建てられていた。創建時より、知恩院とゆかりが深く、本末制度が確立したときには、総本山知恩院の役番としての地位を占めていた。しかし、寛文11年(1671)には、寺町の大火により類焼し、堂宇を悉く焼失した。その後、現在の地に移転し、元禄11年(1698)、英誉(えいよ)によって本堂が再建された。また、幕末の頃当寺は、勝海舟が宿坊として利用していたといわれている。

DSC08935.jpg

DSC08936.jpg

こうやってお寺の歴史を見ると色々なことがあるものですね。
昔は、よく火事にあったようですね。木と紙でできている寺院の弱みです。
でも石でないのですぐに建て直される。

※明日に続く

P1170475.JPG
↑本家玉寿軒「萩の庭」

P1170516.JPG
↑きんとん(山芋入)、粒あん

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(5)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

nice! 5

コメント 6

pochikun

お父さん、おはよう~。
此方のお寺、先日お父さんのお庭にお邪魔した際
海外の友人と一緒に訪れたのよ。
萩は英語でBush cloverね。
お寺の由来を聞かれたけど、説明出来ず。。。汗汗
世界遺産じゃない事だけは確かと言っといたわ。
by pochikun (2017-09-27 08:13) 

京男

>pochikunさん、おはようございます。
ここに来たんだ!
お寺の由来、特にどうという由来はないですね。
>Bush clover 一つ賢くなりました。ありがとう!
このお寺、萩がおわったらバッサリ刈り取ります。で、普通のうらぶれたお寺になるのがすごいのです。
by 京男 (2017-09-27 08:27) 

常盤万作

京男様おはようございます。
不燃物の日です。
  七草の巻頭飾る萩の花
見事な庭です。
by 常盤万作 (2017-09-27 09:14) 

京男

>常盤万作さん、おはようございます。
燃えてない政治屋は棄てられませんね。
萩の花、派手じゃないけど、見ているとうれしくなります。なぜだろう?おはぎを思い出すから?
ここ、萩が終わるとばっさり刈るのが好きなんです。
by 京男 (2017-09-27 09:36) 

すー

こんにちは
確かに京の寺社仏閣はよく火災にあったでしょうね。戦火も多かったでしょうし!
本家玉寿軒「萩の庭」よく萩の花のイメージを伝えていると思います。

by すー (2017-09-27 13:32) 

京男

>すーさん、こんにちは。
ひょっとして火災にあってないお寺はないのかも。
生菓子、雰囲気ですよね。
by 京男 (2017-09-27 16:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。