So-net無料ブログ作成

そうだ 弘法市、行こう。 [社寺]

DSC08969.jpg
↑東寺の五重塔

昨日は、早朝からフルスピードで仕事。
電話の打合せもした。
気が付くと8時になっていた。

DSC08973.jpg

突然、JRのポスター風に「そうだ 弘法、行こう。」と思いたつ。
そうなると怒濤のように家を飛び出していった。
坂を駆け足で降り、バスに飛び乗り、東寺へ。
目的は、お餅を買うこと。
動機が小さい?!
かまへんかまへん、食べたいから仕方ない。
もちろん私だけではない。
いろいろな所に持って行かないといけないのです。

DSC08975.JPG

最近、黒砂糖の入ったお餅が無性に食べたいのです。
この黒砂糖を練り込んだ棒餅がありそうでない。
確実にあるのが弘法市なんです。
弘法大師空海さんが入滅したのが3月21日なんです。だから毎月21日が命日になる。それを記念し市が立つ。この手の市では、一番規模が大きいものだと思います。
日頃は静かな東寺の境内がこの日は人でいっぱいになるのです。

DSC08984.JPG
↑南門の所に出ているお餅屋さん

DSC08979.JPG
↑おばちゃんが元気に現役

目的のお餅を手に入れるには、少なくとも9時までに行かないといけません。売れてしまうのです。
昨日も私が大人買いしてしまいました。
買ってからお餅が重たいと気が付いた。

DSC08981.JPG

買って猛スピードで歩き、二件届けた。
そして10時には、家に帰っていた。
それから、父親の依頼であちらこちら電話とメールで問い合わせ。
メーカーに問い合わせた結果、京都市内の店にあるとのメーカーだったので、家を出て向かう。
そこで、担当にいろいろ話を聞き、発註。

DSC09006.JPG
↑弘法さんといえば「高野槙」

DSC08988.JPG
↑東寺金堂

次は、眼鏡屋さん。
眼鏡が出来ているとのこと。
一番大切な仕事用の眼鏡です。
なんか眼鏡ばかり作っています。
眼鏡のフレームを微調整してもらい完了したらもう夕方だった。
百貨店で京女と待ち合わせ、買い物をしてタクシーで帰還。

DSC08997 2.jpg

歩いた歩数が約一万歩。
私としては昨日に引き続きよく歩いたことになります。
しかもほとんど駆け足状態。
ちょっと涼しくなって来たから快調。

DSC08997.jpg
↑弘法大師像

今日は、父親を鍼灸治療へ連れていかないと行けない。
当然、その前に会食。
何を食べたいといいだすだろう?
ここ3日間、ランチを食べる時間がなかったから抜きだった。
今日は食べられるかなぁ・・・。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(6)  コメント(10) 
共通テーマ:地域

nice! 6

コメント 10

常盤万作

京男様おはようございます。
21日の弘法さんは「骨董の市」として認識していました。
狸と狐の骨董よりも「お餅」の方が弘法さんの意に叶うようです。

坊主は狸の糞のようですが、弘法さんには実際に会ってみたいね。
あの世に行ったら逢えるかなあ。蓮の上で餅を食べてはるかな?
by 常盤万作 (2017-09-22 08:18) 

pochikun

お父さん、おはよう~。
昨日は過ごしやすい気温だったわね。
ほんの少し涼しいだけで体が動く動く。笑
弘法市、色々楽しめそうね~。
ここのお餅、気になるけど中々買うチャンスがなくて。。。
黒砂糖の入ったお餅って珍しいわよね。
by pochikun (2017-09-22 08:49) 

京男

>常盤万作さん、おはようございます。
昔は、お餅が簡単に手に入りました。「おけそくさん」が当たり前に必要だったしね。でもいまは、お餅屋さんがどんどんすくなくなってきています。それだけ実際に行う行事・風習をやる人が少なくなったのでしょう。この時にお餅を買いに行くのも悪くないかも。ただ、観光客の少ない時間帯でないといけません。
開祖と言われる人達がいまの宗教を見ると怒るでしょうね。口では上手くいいますが、歪んでいます。政府が「国民の生命や安全」と言っているのと同じ。
by 京男 (2017-09-22 09:02) 

京男

>pochikunさん、おはようございます。
涼しくなって嬉しいです。高速で歩いても暑くないですから。
黒砂糖のお餅は、珍しいでしょ。このお店でも数が少ないです。きっと日持ちしないのでしょうね。
by 京男 (2017-09-22 09:04) 

pomme

おはようございます
確かに、普通のお餅には黒砂糖入りは
見かけませんね。
白玉粉で作る胡桃餅には入れますが・・・
何かを無性に頂きたくなる気持ちって
分ります。

前々回の記事ですが、卒塔婆って真言宗は
立てていますが、浄土真宗はありません。
宗派で違うんですね。
こんなことも知らないで、恥かしいですが、
教えてください。実家が門徒で、もの知らず
なもので(笑)
by pomme (2017-09-22 10:27) 

すー

こんにちは
その計画的? の行動力はさすがですね。
by すー (2017-09-22 13:24) 

常盤万作

餅について
餅は年に2回搗きました。
1回は12月末で正月のお供えとか、御雑煮に入れるためです。この町では角餅です。雑煮について書きだすと、ブログ1回分なので省略します。

2回目は旧正月です。
この時は「あられ」と「ヘギ餅」を作ります。アラレの為に12畳の部屋いっぱいに棚を設え、乾燥します。ヘギ餅が生乾きの時に食べると実に美味い。
「あられ」は砂糖味、醤油味、胡麻味、そして黒砂糖味もありました。黒砂糖は小さな粒を入れて臼で搗くと、小さな粒が残り、アラレを煎ると少し溶けて美味しいです。
長々とコメントを失礼します。
by 常盤万作 (2017-09-22 18:24) 

京男

>pommeさん、こんばんは。
黒砂糖は、時々食べたくなります。
身体にいい感じがしますよね。
我が家も門徒だと父がいうのです。仏壇を見ると浄土宗。
きっと父は無関心で、母親任せだったようです。母親は、姑に聞くのがいやだったのでしょう。実家に聞いた。実家は、浄土宗なんです。しかも位牌のつくりが変だった。結局私がネットで作りなおしました。戒名は私が付けました。父親ももう考えてあります。(笑)私に戒名を作らせると迷うかも・・・。でも化けてでてこないので、大丈夫なんでしょう。
by 京男 (2017-09-22 22:21) 

京男

>すーさん、こんばんは。
何も決めずに衝動で動きます。直観で動いているのかも。だからスムーズなんです。
by 京男 (2017-09-22 22:23) 

京男

>常盤万作さん、こんばんは。
私の所は、お餅屋さんに発註です。日常的に赤飯とかお餅は外註です。
京都の家庭はそういうのが多いです。
常盤万作さんのところは、すごいですね。
きっと大きな蔵があるでしょ。
by 京男 (2017-09-22 22:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。