So-net無料ブログ作成

チーズとマンガ肉 [いただきもの]

DSC08732.JPG

先日は、父の日でしたね。
私も父です。
長女と次女から食べ物を貰いました。
長女からチーズ、次女から肉。
双子の男子からは、来なかった。それでいいのです。来たら気持ち悪い。
そういえば私の父用の荷物がまだ届いていない・・・。荷物が届いたら届けなくちゃ。

DSC08748.JPG

チーズは、季節によって好みが変化するのです。
春から夏は、やっぱりブルーチーズ系やシェーブル系が好き。
夏から秋は、セミハード系やハード系となる。
秋から冬は、ウォッシュ系や青カビ系やシェーブル系
そういえば白カビ系やフレッシュ系はあまり食べないな。きっと頼りないからかも。
もちろんプロセスチーズは圏外。

DSC08735.JPG
↑ミモレット18ヶ月熟成(左)・パルミジャーノ レジャーノ 36ヶ月以上熟成(右)
パルミジャーノ レジャーノ 36ヶ月以上熟成を粉にして、茹でたてのパスタにかけて食べると美味しいだろうな。

長女は、この時期のプレゼントに本日の写真のようなチーズを選択するのは正解だと思います。
青カビ系やウォッシュ系は、よほど食べていないと選択が難しいものね。

DSC08739.JPG
↑ペッパージャック(左)・ゴーダブラック18ヶ月熟成(右)

※参考資料/チーズの種類
1.フレッシュタイプ
熟成させないチーズのこと。そのまま食べられる、くせのないチーズ。
2.白カビタイプ
表面が白いカビでおおわれているチーズ。
3.青カビタイプ
風味が強烈で味も濃厚、かなり塩味が強いのが特長。
※山羊でつくる青カビタイプのチーズもある
4.ウォッシュタイプ
外皮を塩水や酒で洗いながら熟成させたチーズ。
5.シェーブルタイプ
フランス語で「山羊」のこと。牛乳から作るチーズより歴史は古いと言われている。
6.セミハードタイプ
チーズを作る工程の中で、プレスして水分を少なくした、比較的硬いチーズ。
7.ハードタイプ
セミハードタイプのチーズよりももっと水分を少なくした、大きく重量のあるチーズ。
8.プロセスチーズ
日本でもなじみの深いプロセスチーズは、ナチュラルチーズを1種類または数種類混ぜて加熱し、加工したもの。

DSC08744.JPG
↑フォレストスモークチーズ

チーズで思うことがあります。
日本で売っているナチュラルチーズが高すぎます。
おそらくヨーロッパの国で売っている価格は、日本の3分の1から半値の価格です。
原因は、関税と輸送コスト。
最近、TPP関連で関税についての問題がでてきますね。
それと日本で消費されているチーズのほとんどは、プロセスチーズが多い。ナチュラルチーズの消費量は、フランスあたりの10分の1程度。売れないから値段が下がらないというのもある。
それと国内の酪農家を守るためというのもあります。
だからといって日本で作っているカマンベールは安いのか?そんなことはない。これはどうなっているのか?
果物なんかも同じ問題があるかも。
これらは、関税だけではないような感じがする。流通の問題も多いのかも。
消費者としては、その当たりを政府の方でしっかりして欲しい。
日本の消費者として、そういうことをもっと調べ、改善してもらうところはドンドン政府に言った方がいいかも。

DSC05544.JPG
↑ヤンバオのマンガ肉

DSC05546.JPG
↑次女夫婦は、こんなところで飲み食いしているのかな?

次女からの父の日は「マンガ肉」。
実に次女らしい。それとも旦那の趣味?
油断すると長男に取られそう・・・。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(7)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 7

コメント 8

常盤万作

京男様おはようございます。
国産のチーズは消費者の好みもあり、イマイチです。
北海道のチーズを一つ紹介します。別海町の河崎牧場チーズ工房が作るチーズです。川崎秋子さんは三浦綾子文学賞を受賞した作家でもあります。

マンガ肉は一度取り寄せてみます。
by 常盤万作 (2017-06-21 07:34) 

京男

>常盤万作さん、おはようございます。
日本の消費者は、チーズに関して偏りがありますね。もっと食べるようになると値段も安くなるかも。昨日テレビでチーズフォンデュと称して生クリームを入れたりしていました。具も野菜とか肉とか・・・別の料理に見えました。まあ、それもいいのでしょうが。
日本におけるチーズはまだまだこれからですね。
マンガ肉、まだ食べてないのでなんとも言えません。形状的には面白いと思います。でも甘ったるい感じもします。
by 京男 (2017-06-21 08:00) 

pomme

こんにちは
京男さんは幸せなお父様。
センスの良いお嬢様達ですね。
チーズは大好きなのに、高いので
何種類もいっぺんに買えません。
私は乳業会社にいたので、半世紀近く前の
事ですが、プロセスチーズ用に輸入した
ゴーダやチェダーを社員に500g位づつ
分譲してもらえてました。
安かったと思います。懐かしい思い出。
チーズの分類表、コピーさせて頂きますね。
by pomme (2017-06-21 11:05) 

すー

こんにちは
朝一はメンテナンスしていませんでしたか?

こんなチーズをあてに飲みたいと昼間から考えてしまいました。

by すー (2017-06-21 13:19) 

京男

>pommeさん、こんばんは。
娘たちは、どこか私の血を受け継いでいます。
長女は、銀行マンなんです。でも夜学で私の通った調理師学校にもいきました。ケーキを作りたかったようです。しかもバイクを乗り回しております。次女は、私に一番ついて来た子です。一番美味しいランチを食べて育ちました。味覚的には私と同じかも。
双子君たちはどうかな・・・どこか私の血を受け継いでいるかも。
チーズは、一時専門の学校に行こうと思った時期があります。
by 京男 (2017-06-21 20:46) 

京男

>すーさん、おはようございます。
メンテナンスだったかも。
チーズ・・・これでお酒が飲めれば・・・なんですが。
by 京男 (2017-06-21 20:47) 

せつこ

高級なチーズ、素晴らしいね(^^♪
マンガ肉は初めて聞きました。
by せつこ (2017-06-23 11:29) 

京男

>せつこさん、こんばんは。
チーズ、食べるのが楽しみなんですよ。お肉もね。
by 京男 (2017-06-23 16:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0