So-net無料ブログ作成

オとサン [京ことば]

DSC08862.JPG

自分自身でも思うけど、京都のことばってなよなよした印象がある。
女性ならまだしも男性でもみょうになよっとして聞こえる。
代表的なのが「オとサン」です。
接頭敬語の「オ」と接尾敬語の「サン」が多いことでしょう。

「サン」にも二つの種類がある。
御所的な「サン」。例えば「皇后サン」のような使い方。
一般の町で用いられる「サン」もある。自然崇拝的にも使われる。太陽を「おひーサン」「にちりんサン」、月を「おつきサン」、神仏を「まんまんサン」、愛宕山から吹く風を「あたごサン」、比叡山から吹く風を「ひえーサン」のように用いる。
庶民的な用い方として、赤ん坊のことを「ややサン」、女中(死語かも)のことを「おなごしサン」、僧侶のことを「おっサン」、托鉢僧「おーサン」、大丸百貨店「だいまるさん」

DSC08946.JPG

食べ物も多い。
「オまめサン(豆)」「オいもサン(芋・焼き芋)」「オたまサン(卵)」「あめサン(飴)」「オいなりサン(稲荷寿司」「ふーサン(麩)」「オあげサン(油揚げ)」「オかき(かき餅)」「オしたじ(醤油)」「オしょい(醤油)」「オかしん(菓子)」「オまん(饅頭)」「オぶ(お茶)」
「うんこサン(大便)」でも小便は低く見ているのか「オしっこサン」とは言わない。

食べ物以外では
「オこた(炬燵)」「オよーじ(便所)」「オいえ(居間)」

挨拶
「オはようーサンどす(おはようございます)」
事始めの時に「オことーサンどす」

DSC08852.JPG
↑フーサン。このフーサン実は焼きたてなんです。焼きたてのフーサンなんて食べたことないでしょ。それもこのまま何も付けずにね。結構、香ばしくて美味しいのです。味も焼きたての方がしみやすい。因みに鯉用のものは、密度が濃く、水につけてもバラバラになり難くなっています。味は同じかな。
京男は、小さい時、すき焼きで食べられるものがフーサンだけだった。母方の実家に行くと小さな池があり、鯉に餌をやっていた。その餌がふーさんだった。鯉にやりながら「ボクは鯉と一緒やなぁ・・・」と思っておりました。いま思うと、フーサンは、お肉や野菜のエッセンスを吸う偉い存在と気づきました。お腹も膨れるし。小さい時は、自分の偏食が故にいつも空腹状態だった。あれはなんだったのか。
前生で山で修行していた行者かなにかだったのかも。
鯉の餌で思い出した。半兵衛麩でむしやしないを食べさせてくれる。よく麸饅頭を買いに行ってたんです。あそこでむしやしないを食べるお客さんは、大抵オバハンが多い。それも群れてくる。服装が派手な感じの人が多い。そこで私が京女に「さくが半兵衛麩さんは麩専門店やね。錦鯉みたいな体型と色合いのオバハンがゾロゾロでてきよる※」これは、京女にうけました。
※最後の「ヨル」というのが卑語法というやつです。京都人同士の会話でよくでてくる。

それから畳語(同じ単語を繰り返す)表現も多い。
例/「アツアツなってきたなぁ」「キツキツ言うなぁ」「サムサムなった」「秋刀魚がタコタコなった」「ヨイヨイする(子供に散歩に行こうと言う時)」「ポンポンが痛いんか?(お腹が痛いの?)」

DSC08860.JPG

きっとまだまだあると思います。
自分達で気付いていないけど、他府県から見ると変な表現をしている場合があります。
喋っている内に、この人は京都のお人やなぁとわかります。
こうやって他府県の人間とくべつしているかも。
元京の台所錦市場で観光客を装って父親と試食しまくっても、会話をしていると京都人とバレテしまうんですわ。
イントネーションも違うしね。最近、京都の子供でも教育影響で変なイントネーションの子供が多くなってきました。
テレビで同じようなイントネーションを聞くととても気持悪い。

こんなことを書き出したらきりがないかも。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 ことば
nice!(3)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 3

コメント 12

すー

おはようございます

フーサン、焼きたてのフーサン食べてみたいです。(^_^)ニコニコ
by すー (2016-05-14 07:09) 

京男

>すーさん、おはようございます。
作りたてはいいですよ。ビールのつまみになるかも。
by 京男 (2016-05-14 08:07) 

keiko

おはようございます。
なるほど~と言う感じですね。
飴のことは良く「飴ちゃん」って言うのを聞きますけど「飴さん」なんですね。
京都に言っても余り京言葉を耳にする機会ないかも知れませんね。
おとなりさんが騒がしくて?
by keiko (2016-05-14 08:48) 

pochikun

お父さん、こんにちは~。
「オ」と「サン」色々つけて使ってるわ~。
あと「チャン」とかも使うわね。飴ちゃんは代表でしょう。笑
京都出身の友人は「~しよし」って言うわよ。
by pochikun (2016-05-14 12:03) 

京男

>keikoさん、こんばんは。
大阪が「飴ちゃん」で、京都は「飴さん」。
結構雰囲気が違いますね。
観光だと京都人の日常会話を聞けないかも。
by 京男 (2016-05-14 21:48) 

京男

>pochikunさん、こんばんは。
「飴ちゃん」というのは大阪のおばちゃんです。
京都は「飴さん」なんとなく上品に聞こえるでしょ。(笑)
「~しよし」さしかに使いますね。
by 京男 (2016-05-14 21:50) 

常盤万作

京ことば、これは普段の生活でも使用していますか?

京都に来た観光客に対して使用する言葉、と思っています。

使用できない者を虚仮にしているような感じがします。

北海道では「あずましい」と言います。

by 常盤万作 (2016-05-15 18:04) 

京男

>常盤万作さん、こんばんは。
家庭で結構当たり前に使いますよ。
お商売で観光客に接する人は、おっしゃるような感覚はあるかもしれません。でもそのお商売の人も他府県だったりします。
本日のような言葉は京都人同士の会話で使っていると思いいます。
他府県の人には、つかわないでしょうね。説明しないといけませんから。
by 京男 (2016-05-15 19:49) 

常盤万作

京男様、こんばんわ

そうですね。説明が必要です。

しかし、例の中には伊勢でも昔使われていた言葉があります。

「まんまんさん、あん。おっサン、お月さん」なんて使用しました。
by 常盤万作 (2016-05-15 21:09) 

京男

>常盤万作さん、こんばんは。
昔の言葉を大切にした方がいいように思います。
標準語なんて面白くない。
その内、他の国のように英語でないと仕事もできないなんて悲しい国になりますよ。日本は「言霊の国」です。変な言葉使いは止めた方がいいと思いますね。
by 京男 (2016-05-15 21:28) 

常盤万作

全くその通りです!!

NHKテレビのアナウサーに言って、教育してあげて下さい。

標準語(?)からさえも外れ、吉本芸人アナウサー部員です。
by 常盤万作 (2016-05-16 07:04) 

京男

>常盤万作さん、おはようございます。
標準ということも大事かもしれませんが、地方の特徴も大事です。
吉本芸人アナウンサー、チャンネル限定ならいいかも。
by 京男 (2016-05-16 07:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0