So-net無料ブログ作成

また杖なの? [モノ]

先週、新しい杖が来る。
またかと思われるでしょうね。
別に趣味でやっているわけではありません。
知人の専門家からロフストランドクラッチにした方がいいとアドバイスを貰っていたのです。
いまの松葉杖(松葉の形をしていないからそういえないけど)では、姿勢が悪くなってきていたのですよ。背筋を伸ばすために歩き方を変えないといけなかったのです。

IMG_4604.jpg
↑左が新しいロフストランドクラッチ杖、右がいままでの杖。両方とも2本で
使用。新しいのでなんとか秋冬まで過ごしたい。こうやって見ると右側の杖は、頭でっかちでバランスが悪い。事実よく倒れる。左の新しい杖は重心が下の方にあるので安定感がある。ゴムの石突きを替えたというのもいい感じになっている。ストラップと前腕を支えるカフをベルト付きのものに交換予定。それでさらに安定感がたかまるかも。ハンドルの位置が高くなっているのは、リハビリの先生の助言に基づいている。

知人の専門家の話しを病院のリハビリ担当に会い、私の場合は問題ないかをチェックしました。
問題ないということでロフストランドクラッチの杖を手に入れることにしました。
材質は、いまの杖と同じマグネシウム合金製にする。
本当は、炭素繊維強化プラスチック製がいいのですが、遅れている業界らしく、製品がないのですよ。ゴルフクラブのシャフトや釣り竿の世界では当たり前なのにね。
来てから色々改造中。
各部の長さもリハビリ担当に聞いていたので、その通りにしてある。今週でも一度見せにいって調整が必要かも。この手の調整を間違うと身体にダメージがあるのですよ。慎重にしないとね。
身体がまだ慣れていなくて、一日外出するとグッタリします。しかも背中がすごく酷いコリ状態かも。まあ、チャンとした姿勢にするためのものですから大丈夫ですけど。
でもタクシーに乗るとき、短くなったので乗り込み安い。坂道が多く、歩道の左右の高さが違う時に楽になりました。

IMG_4582.JPG

IMG_4584.JPG

それと石突き用のスリッパをお願いしてあったのが、試作がきました。
CACA-ZAN出石さん、へんなことをお願いして申し訳ありません。

IMG_4588.JPG

IMG_4598.JPG

なぜこんなモノが必要なのか?
例えば、日本家屋にお伺いして靴を脱いであがりますよね。
その時、杖はどうるのか?
外を歩いてきたので、そのままあがれません。
小石をゴムの石突きの溝にはまったままだと廊下や畳が傷つきます。
現在は、ウエットティッシュを持って歩き、玄関で拭くのです。
そこで、このスリッパを考えつきました。

IMG_4590.JPG

普通の杖なら既成品があるのです。
でもこの特製の石突きはサイズが大きすぎ、使えないのです。
しかたなく作ってもらいました。
こういうのもなんとかして欲しいものです。
もうすこしこれを改良して、販売するのもいいかもしれません。
このタイプの石突き、何人ぐらい使っているんだろう?
優秀なんですが、高いのです。
この石突き、介護保険適用が・・・などと言っている業界では普及が難しいかもしれません。

しかも福祉や介護業界の人は、妙に上から目線なんです。
普通の商売では考えられない対応をします。
国が福祉の助成をするのはいいけど、本来の商売のやり方でないように思いますね。
弱者相手だから・・・という思いがどこかにあるのだろうか。
不思議な業界です。
その介護や福祉で雇用増進、マーケット云々と政治家は言う。
なんかゾッとします。
介護の現場の人は、懸命に仕事をしているのに、所帯も持てないのが現実です。
私が見聞きした程度だから全部じゃないだろうけど。
もしそうならゆゆしき問題、しかもいつ自分の問題として降りかかるかわからない問題です。
しっかり見聞きしてください。
おかしいことには声をあげていきましょう。


和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 モノ
nice!(5)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 5

コメント 6

guran

おはようございます!
新しい杖は腕だけで体重を支えそうなので腕の負担が増えそうに見えますが、姿勢が良くなるのであればこれがいですね。
スリッパ、いいですね~グローブを作られてた工房ですよね。
by guran (2013-02-18 06:59) 

京男

>guranさん、おはようございます。
杖なしにするための一環なんです。
初期から比べると随分進歩したつもりです。
前のモデルでも腕だけなんですよ。脇で支えると重要な神経を圧迫して手の先が痺れたりするのです。だから脇を添えるだけなんです。でも道の高さが違う時、歩き辛かったのです。スリッパは、まだプロとタイプで改良の余地があります。こういうのは簡単そうで難しいです。
by 京男 (2013-02-18 07:11) 

keiko

おはようございます。
素晴らしい発想ですね。確かにそうですよね!細やかな発想ですね。

新しい週の始まりです!楽しみます!
by keiko (2013-02-18 07:12) 

京男

>keikoさん、おはようございます
日本の場合、靴を脱ぐ場所が結構あるので対応を迫られます。
お寺の方丈なんかに上がる時に必要。文化財的な廊下だってありますからね。下足の場所に椅子も置いてないし。
今日は雨のスタート。少なくとも黄砂や花粉は大丈夫です。
by 京男 (2013-02-18 07:17) 

すー

こんにちは
現場の声という感じで凄いです。
確かに日本家屋では困りますよね。このアイデアもいいですね。
こうした心遣いをしてくれると家人も喜びますよね。
by すー (2013-02-18 11:47) 

京男

>すーさん、こんにちは
実際に使うといろいろ改造が必要になる場面が多いですね。
つくる人は、そこまで考えないことが多いですね。
by 京男 (2013-02-19 09:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0