So-net無料ブログ作成

丁稚羊羹 [オミヤ]

先日、久しぶりに合う方のために、和た与の「でっち羊羹」を手に入れた。
きっと会う方の奥様が好きなような予感がしたからなんです。
この「でっち羊羹」は、近江八幡から取り寄せました。
買いに行くわけにもいかないしね。
滋賀県の近江八幡といえば「近江商人発祥の地」です。
だから「丁稚羊羹」も本場となります。
私の父親もここのでっち羊羹が好みなんです。
好みはあるだろうけど、私もここのはいいと思う。
高級錬羊羹は、小豆・砂糖・寒天で作る、糖分が多く長期保存がきく。それにたいし蒸し羊羹という形式のものは、寒天で固めるのではなく、小麦粉や葛粉を使って蒸してかためる。これは練羊羹に比べ、駄菓子に近いもの。蒸し羊羹は価格が安いので、丁稚が里帰りする際、丁稚のお小遣い(里帰りの時は少し貰えたらしい)でも買えることから「丁稚羊羹」という名前がついた。
確かにいまでも錬羊羹は高いですね。

P1580558.JPG
↑和た与「でっち羊羹」3本×3

丁稚(でっち)って、だんだん死語になってきましたね。
戦後(応仁の乱でなく、太平洋戦争)GHQの影響や義務教育が9年になって存続できなくなった。10歳ぐらいの男の子を住み込み、しかも無給で雑用をさせ、労働時間も長い、休暇は、盆と正月だけ。いまでは考えられないことだと思います。
いまでも丁稚奉方式をとっている家具屋さんはあります。そこの大将の話を聞いたことがありますが、あれはあれでいいかもと思いましたけど。
普通は、できないですね。
京男は、絶対丁稚はできない。

P1580566.JPG

家業でお店をしている人以外の人が、商売をする場合、丁稚から出発します。
お店で地位が上がっていくのは、以下のような順番です。
私が思うに、いまよりも能力主義だったと思いますね。しかもお店がしっかり読み書きソロバンを教育すう。対人関係の営業力、交渉力もたたき込む。
戦後、こういう人材登用システムをとらなくなって、企業の人材が希薄になってきたかも。しかも「果てなき改善運動」もしなくなった。大企業も動脈硬化状態になったように思う。企業コンプライアンスなんてことをいいださないといけなくなるなんて誠になさけない。昔は、「お天道様が見ている」ですんでいたのにね。

P1580576.JPG
↑竹の皮が懐かしい

奉公人のランク
◆丁稚(でっち)、10歳前後で奉公。住み込み。無給。
◆手代(てだい)、丁稚から大体10年ぐらいでなる。大体20歳前後、住み込み。給金有り。
◆番頭(ばんとう)、30歳前後、番頭になると家がもてたり、妻帯もできる。
 ・小番頭(こばんとう) 
 ・中番頭(ちゅうばんとう)
 ・大番頭(おおばんとう)
※番頭の種類は、お店によってただの番頭だけの場合がある。
※仕事のできる手代になると、大きな商店に行ったりすることもあったそうです。いまより能力主義だったかもしれませんね。

P1580587.JPG
↑竹の皮といっしょに切って食べます。結構竹の皮は切り切りにくい。

奉公人用の名前があった。
◆丁稚→「○松」というのが普通。例「こん松」→大村こん。『おそ松くん』というのもあったな。丁稚ものじゃなかったけど、赤塚不二夫の漫画『おそ松君』に登場する六つ子の名前「おそ松」「カラ松」「チョロ松」「一松」「十四松」「トド松」に丁稚名から来ているのかな。
◆手代→「○吉」「○七」、こうなると下位の番頭と同じとなる。
◆番頭→「○助」になる。

P1580602.JPG

『番頭さんと丁稚どん』というテレビ番組がありました。大阪船場の薬問屋の丁稚奉公の話。登場する人がすごいメンバーだった。スポンサーが便秘薬「七ふく」公開録画形式の放送だった。当時最高視聴率が89%ですよ!

本来の「丁稚羊羹」のことをあまり書いてない・・・。
文字数が多くなりなったし、この辺でやめときます。
すんませんなぁ・・・。

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:オミヤ 洛外
nice!(8)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 8

コメント 12

guran

おはようございます!
本物の羊羹って感じで高級感がありますね~
丁稚奉公はとてもできそうに無いです^^:
でもこのシステムで人は確実に育っていたんでしょうね。
by guran (2012-10-21 08:06) 

京男

>guranさん、おはようございます。
丁稚羊羹は、高級なものではないですが、ここのは美味しいですよ。
いま、企業経営は難しいですね。大手はリストラばかりしています。
リストラは、経営者と幹部からした方がいいかも。幹部が人罪になっているように見えます。バブルの時の「成功をもう一度」と愚にも付かない夢を見ているように思えますね。発想をかえたらいくらでも打開策はあるのに。仕事ができる優秀な若い世代は、経営者や幹部をみて「ああなるならこんな会社にいてもしかたない」と辞めていく。残っているのは人罪ばかり。そんな状態が多いかも。
by 京男 (2012-10-21 08:40) 

keiko

おはようございます。
でっち羊羹って良く耳にしますけど蒸し羊羹だったんですね。練り羊羹は甘過ぎて苦手ですが蒸し羊羹は好きなんですよぉ。千葉成田山に行くと米谷の栗蒸し羊羹が有名ですが栗が昔より小さく少なくなりましたね。値上げが明らかなので段々買わなくなりました('_')
 時代劇に、丁稚、手代、番頭さん…時代劇に出て来ますよね。最近観てないですが。そう言う仕組みだったのですね。確かに今ではあり得ないお給料の仕組みではありますが…商売の仕組みを学べたんですね。それはそれですごいですね。

昨日はほっとするコメントありがとうございました。もういい加減仕事を始めないと…焦り始めていました。自分を奮起させて前向きに行かないといけないのですが…やっと兆しが見えてきたかも(*^_^*)
by keiko (2012-10-21 08:49) 

ゴーパ1号

おはようございます。
「丁稚羊羹」覚えておきます^^
by ゴーパ1号 (2012-10-21 09:03) 

京男

>keikoさん、こんにちは
いまでも丁稚システムはありますよ。技術職の場合はありえます。
丁稚さん、大将のところから中学に通っていた。お寺なんかもそうじゃないかな・・・・。
ウンと高級な羊羹ならあまり甘さを感じさせないですよ。これはすごいと思います。明日の記事に登場する予定。
変なコメント書いてないですよね。手が勝手に書いてしまうのです。不思議でしょ。ようするに「考え方、観じ方」なんです。
by 京男 (2012-10-21 10:02) 

京男

>ゴーパ1号さん、こんにちは。
ここの「丁稚羊羹」を取り寄せて食べると理解できますよ。(笑)
by 京男 (2012-10-21 10:03) 

pomme

こんにちは
お久しぶりです。主人の故郷へ帰省していました。
丁稚奉公!昆ちゃんの丁稚どんと番頭はん?でしたか、
思いだしました。

私もkeikoさんと一緒、甘すぎにむし羊羹が好きです。
丁稚羊羹は名ばかりで頂いた事は無かった、
滋賀県に行く事があったら、購入してみます。
by pomme (2012-10-21 11:30) 

京男

>pommeさん、こんにちは
帰省されていたのですね。
ハイ、大村崑の『番頭はんと丁稚どん』です。視聴率が凄いですね。テレビの創業期、テレビが珍しかった時代だからかも。いまでは、テレビの視聴率は悲惨な状態ですよね。ライフサイクルがあきらかに衰退期にさしかかっていますね。
明日の記事で登場する「夜の梅」クラスなら甘さが許せるのです。安物を食べて懲りて、トラウマになっているのかも。再度見直してもいいのかもしれませんね。
このお店の名前は憶えておくといいでしょう。私お店は行ったことが無いのです。電話ではよく話すのですけど。私は取り寄せばかりです。
by 京男 (2012-10-21 12:23) 

すー

こんにちは

確かに丁稚という形式はもう存在できないでしょうね。
そんなことをする若者はもう皆無だろうし!

何度か、おみやげとしていただいたことがあります。
でも随分前になりましたが・・・
by すー (2012-10-21 12:57) 

京男

>すーさん、こんにちは。
皆無ではありません。残っているお店もありますよ。結構成功事例としてあります。技術職の場合、丁稚システムのような形式の方がいい。
昔そのままでは無理でしょうけど、道を目指す若者もいます。
丁稚羊羹は、手土産としてはいいですね。
羊羹は、困る場合は確かにあります。
by 京男 (2012-10-21 13:13) 

mayu

京男さん、こんばんは^^

お久しぶりで、すみませーんm(__)m

丁稚奉公って今の時代、できる子いるかなぁ?
少なくとも私は無理かも?
でも呼び名でそんな違いがあったんですね!
時代劇、観てたらわかるかな?(って観ないけど!)
その辺で区別されてたんですね!
今で言う課長とか部長みたなものかなぁ?
また違うか?!

上品な甘さっぽくて美味しそう!
by mayu (2012-10-21 21:58) 

京男

>mayuさん、こんばんは
お忙しそうですね。あまりガンバリ過ぎないようにね。
丁稚奉公、いまの子供には無理かもしれません。
でも世の中がもっと不況になり、経済のシステムが崩れれば、さまざまな経済システムを考えないといめません。
日本を支える人財をたくさん教育しないといけません。頭でなく実際に現場で動ける人を育てないといけない。そう思います。
この丁稚羊羹は、一度お食べください。気に入られると思います。
by 京男 (2012-10-21 22:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0