So-net無料ブログ作成

幽霊フレーバーの飴ちゃん? [オミヤ]

六道さんといえば「幽霊飴」やね。
正式な名前は「幽霊子育飴」。
こんなのを京都のお土産だといって渡したら、相手さんはギョッとしやはるやろうな。
でも、この話は結構いい話なんです。
以前にも書きましたが、ちょっと変えてご紹介。

P1510517.JPG

六道珍皇寺の門前に飴屋がありました。
ある夜に表の戸を叩く音で出てみると青白い顔をした女の人が一人立っていました。「えらい夜分にすんませんけど、飴を一つ売っておくれやす」
そう言って一文銭を出した。
次の日も、また次の日も同じ時分に来る。
それが六日連続できやはったそうです。
店の主人が「明日こんかったら、普通やないで」と主人。
「なんでですねん」女将さん。
「そりゃそうやろ。人が死んだ時、六道銭言うて三途の川の渡し料やいうて銭を六文棺桶に入れるんや。それを持ってきてるんと違うやろか」
※『地獄八景亡者戯』によると鬼の船頭はそんな金額では乗せてくれないらしい。死に方にもおりますが。

P1510519.JPG

七日目の夜、また女の人が来て「実は今日は、お足がございませんが。JCBでお願いできますか?」と言う。
主人は「すんまへん、うちは零細店なんでクレジットは扱ってまへん」「お足は、よろしおす」と飴をひとつ渡すと女性は立ち去りました。
主人はそ〜っと後ををつけていきました。
すると二年坂、三年坂を越えて高台寺の墓地へ入っていくのです。
そしてひとつの塔婆の前です〜っと姿が消えた。
耳を澄ますとどこからか赤ん坊の泣き声が聞こえて来るではないか。

P1510553.JPG

主人、怖くなって来た道を帰ろうとした時、足口を掴まれた。足下からカリカリ・・・ゴリゴリと音、ガサッガサットと赤ん坊が飛び出した。
↑すんません。『墓場鬼太郎』の誕生シーンでした。(すんませんな〜)この墓場鬼太郎があまりにも縁起の悪い名前だから「ゲゲゲの鬼太郎」になったのですよ。

P1510555.JPG

おかしいと思った主人は、墓守を呼んでその女が消えたお墓を掘ってみることにしたのです。
ザク、ザク、ザクするとコツン、コツン。
棺桶が出てきました。恐る恐る開けて見ると・・・お腹に子供を宿したまま亡くなった女がでてきたのです。
しかも棺桶の中で元気な赤ん坊が生まれていたのです。
↑いまのように医学が発達していなかったのでこういう話は結構あったみたいです。

P1510577.JPG
↑この飴、素朴な味でとても美味しいですよ

母親の一念で飴を買いもとめ、赤ん坊を守っていたのでしょう。
不憫(ふびん)に思った飴屋の主人がこの子を育て、後にこの子が高台寺の坊さんになったというお話。
母親の一念で一文銭を持って飴を買うてきて、子供を育てていた。それもそのはず、場所が「コウダイジ(子を大事→高台寺)」。
七日目にもうお足がない。この事件以来、幽霊には足がないのだそうです。
お後がよろしいようで……。

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 土産
nice!(8)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 8

コメント 12

guran

おはようございます!
「幽霊飴」の話を知ったのは結構最近でした。
JCBは初耳でしたが・・・^^:
オチもバッチリでしたね。
一回この飴を食べてみよっと。
by guran (2011-08-11 06:18) 

HAZUMI

おはようございます。

飴ちゃん、おいしそうです。

雨の名前が驚くけど、京男さんの話が面白かったんで、OKだわ!
by HAZUMI (2011-08-11 06:29) 

京男

>guranさん、おはようございます。
同じタイトルで違う内容の話もあたまに浮かびました。
いつか波瀾万丈の話ができるといいかも。
この飴はとてもやさしい味があしますよ。
by 京男 (2011-08-11 06:45) 

京男

>HAZUMIさん、おはようございます。
この飴をお土産と渡されるとビックリするでしょうね。
まだ試みたことはないですが。
by 京男 (2011-08-11 06:46) 

BPノスタルジックカーショー

おはようございます。

この話題が出ると・・・・・お盆ですね。
最初はびっくりしましたが・・・・
今や季節の風物詩のようです。
by BPノスタルジックカーショー (2011-08-11 07:18) 

mayu

京男さん、おはようございます^^

知ってるは知ってるんですが食べた事ないんですよ!
こんな黄金カラーなんですね!?
優しい昔ながらの味なんですか?
この辺り昔からの店と新しいお店と混載していますね。
近所にメチャうまなカレー屋さんがあります!
(また記事アップしますね^^)

今日の京男さんの話をサラッ出来ると格好いいですね☆

by mayu (2011-08-11 07:21) 

京男

>BPノスタルジックカーショーさん、おはようがございます。
まいどおなじみの話題です。
お盆ですね。
幽霊話よりもっと怖い話が現実社会にはいっぱいあります。
by 京男 (2011-08-11 07:23) 

京男

>mayuさん、おはようございます。
味は「桂飴」の方が純な味かな。ただあそこへ買いにいくのはいまの時期ちょっとつらい。
このお店のあたりにカレー?しらないな。
近くで案外しらないものですね。
by 京男 (2011-08-11 07:32) 

すー

こんにちは
さすが京男さん、面白い・・・いいですね。
座布団何枚ほしいですか?(^_^)ニコニコ
by すー (2011-08-11 16:48) 

京男

>すーさん、こんばんは。
本当はもっと変化をつけたいのですが、おこられそうなので無難なものにまとめてしまいました。いくらでも考えられるんですよ。(笑)
座布団・・・取りあえず6枚ねっ!
by 京男 (2011-08-11 20:11) 

せつこ

このお話、「子育て幽霊」として、日本昔話にありましたよね♪
今の若いお母さんより良い幽霊です。
by せつこ (2011-08-11 22:06) 

京男

>せつこさん、おはようございます
日本昔話にあるお店がリアルにあるのが京都的ですね。
幽霊さほど怖くないけど、この世にいる人間の方が怖い親がいっぱいいますよね。彼岸で此岸の話を恐ろしい話として語られているかもしれませんね。なんだかやりきれない事件が多い。
by 京男 (2011-08-12 04:40) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0