So-net無料ブログ作成
前の2件 | -

父のリクエスト2 [食]

さて、昨日の記事の続き。
父親は、何を注文するのかと見ていると酸辣湯麺と小籠包のセットメニューを注文しました。
それでは、台湾料理らしくないので注文したのが私の注文分なんです。
一昔前、神戸で台湾系の料理は食べましたからね。
当時、食べていたモノは、メニューになかった。
あれが食べたいな・・・・。
でもほとんどのお店は閉店してしまったのです。
残念です。

DSC07637.JPG
↑酸辣湯麺

DSC07642.JPG
↑好みで麺にトッピング

このお店の料理は、日本人に抵抗なく食べられるようにアレンジしてあるのかも。
なんか頼りない味なんですよ。
上品な味といえばそうですけど。

DSC07668.JPG
↑パイクーチャーハン、台湾っぽい雰囲気の一品。

DSC07671.JPG
↑スープ

酸辣湯麺もパンチが効いてない。
しかたなく酢で調整した。本当は胡椒も欲しかった。

DSC07677.jpg
↑仙草ゼリーきな粉黒蜜かけ、もう少し漢方っぽい方が好きなんだけど・・

DSC07695.JPG

そういえば昔は、飲茶も京都にあったけど、なくなりました。
アヒルの水掻きとか鶏の鶏冠とか食べたいな。
大腸の煮込みとか豚足なんかも食べたい。
生腸なんかも食べたい。
老麺なんかも。

DSC07686.jpg
↑愛玉ゼリー

デザートももっと漢方薬臭い感じがいい。
仙草ゼリーだって苦くなかったら頼りない。
黒砂糖の甘さだけが前面に出て、上品なんだけど物足りない感じが私はしました。
下品なんだろうか・・・私。

DSC07693.JPG
↑爽やかな後味でした

取りあえず父親に台湾料理っぽいものを食べさせました。
ちょっとは、感動したかな?
このお店の情報を聞いたおばあさんにどう説明するだろう?
ちょっと聞いてみたい気もする。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

父のリクエスト [食]

昨日は、父親とランチを食べる約束だった。
「何を食べる?」と聞くと「台湾料理」とのこと。
台湾料理?

DSC07605.JPG
↑鼎泰豊「大根餅」

もっと話しを聞くとデイサービス仲間のおばあさんが食べてきたという話。
なるほど、そういうことね。
会話をスムーズにしたいのね。

DSC07610.JPG
↑小籠包、父親の憧れなんだろうな。

おばあさんは、高島屋の3階にある「鼎泰豊(ディンタイフォン)」に行き、小籠包や大根餅を食べたのだそうです。
私は、行ったことがなかった。もちろん台湾のお店も。

DSC07621.JPG
↑青菜の炒めニンニク風味、私のリクエスト、これを食べないとね。

ただ、直観的に普通に行くと待たされると思った。
昨日は、21日弘法市がある日。
あれに、高齢者はたくさん行くのです。
午前中に弘法市に行き、高島屋で「第63回京の味ごちそう展」に行くのです。
京都人は「京の味ごちそう展」が好きなんです。「北海道展」より好きかも。
食べるスペースがあり、老舗が出張して食べられるのです。
高齢者は、絶対好きなんです。

DSC07627.JPG
↑チュウヅメ、上品な味でした。もうちょっと個性的な方が好きなんだけどなぁ。

DSC07632.JPG

以上のような理由で、ランチ時になると高齢者の行列ができる。
台湾料理だって例外では無い。
蓬莢でもあれだけ並ぶのですから本場台湾から来た・・・に弱い。
百貨店だから結構リーズナブルに食べられる。

DSC07650.JPG
↑豚肉入りちまき、これ竹皮を外してあるから、一瞬なにかわからなかった。

だから早めに行かないと食べるのに並ばされる。
きっと私が切れて違う所に行こうとするに決まっている。
だから早めの集合とした。
私は、もっと早めに行き、別のことで出店している人に会いに行きました。
そして本日用に生菓子を予約して置く。
本日、こらえる方用のお茶菓子なんです。
もちろん、本日の動く手配も完了しております。
明日もまた別の催しがあるのです。

DSC07651.JPG
↑もう少し現地風の味がいいなぁ・・

DSC07660.JPG

だからデスクワークができません。
電話をかけて来られても応対できません。
宅急便への対応もできません。
このマンション、コンセルジュ機能も宅配ボックスもないのですよ。

写真がまだあるので明日に続きます。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:地域
前の2件 | -