So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の2件 | -

京都の夏は終わりました [食]

18日・19日で地蔵盆をする町内が多かった。
市バスから地蔵盆をやっているのが見えた。

DSC02639.JPG
↑鐘園亭泉涌寺店「ホタテ貝のチリソース」

本来、地蔵菩薩の縁日は24日らしい。
でも用意する大人たちの事情で18日・19日が多かったでしょう。
今週末、宗教色のない夏祭を学校でやる地区も多い。
京都の古い地区には、子供が少なく、本来子供たちの為の行事が元子供たちの集まりになっている。
昔は、おやつが貰えたり、福引があり「ふごおろし」という二階から景品を降ろすのをやっていた。でも今は、そんなのやってない。マンションは、町内に入れて貰えないからマンションの人はなしが多い。

DSC02633.JPG
↑四川サラダ

地蔵盆が終わったら、夏休みはお終い。
最近、始業式が9月1日でないことが多い。
私学は、まだ9月1日らしいですね。
海水浴も盆を過ぎたらだめといわれていたしね。
クラゲが出るし、泳いでいたら霊に足を引っ張られ溺れるなんてこともいわれた。
いまの子供たちは、地蔵盆に出てこないらしい。蒸し芋をもらっても嬉しくない。
クーラーもない所で座ってゲームなんてしないのでしょう。
そういう無形の文化財は滅んで行く。

DSC02648.JPG
↑甘酢盛合(エビ・肉ダンゴ・豚)

でも、街を歩いていてお地蔵さんを見ると化粧をしているので、何らかの形で地蔵盆は続いているのかも。

DSC02642.JPG
↑小ライス・スープ・お漬物・スルメ

そう言えば野外で映画上映なんてのもありました。
『番町皿屋敷』や『四谷怪談』なんかをやっていた。
怖かった。いまの子供達でも怖いのだろうか?
幽霊なんて存在も絶滅危惧種になっていくかも。
幽霊より、毎日報道される事件の方がよっぽど怖い。
良心がない人間が登場してきていますからね。

※本日の写真は、京女と食べたランチ。どうも兄貴分のカメラは勝手が違う。弟分よ、早く退院して来て。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(2)  コメント(2) 

墓地にイノシシ? [風景]

昨日の朝、ビックリする程の涼しさ。
「蝉が鳴く」が「蝉が泣く」状態。
きっとこれで蚊が元気になるでしょう。
今年の夏は、気温が高すぎ蚊の発生が少なかったようです。

DSC02614.JPG
↑墓地にこんな張り紙がありました。出るんだイノシシ。もうすこしレイアウトを工夫したらもっといいのに。隣に「幽霊注意」なんて貼ったら面白いかも。幽霊よりイノシシの方が怖いだろうな。

このマンションでは、地蔵盆を昨晩にやったそうです。
普通なら来週なんですが、用意される大人の理由なんでしょうね。
京都で地蔵盆が終われば、夏はお終い。
学校だって始まる。
私の頃、始業式は9月1日だった。
いまは、ちょっと早い。
今ぐらいから、そろそろ夏休みの宿題をやる時期だった。
始業式の時、答えの情報交換をしたりしていた。
「夏休みの友」というのがあった。
あれは、出版社に電話して新しいのを取り寄せていました。
新しいのには、答えが付いていた。
後は、絵日記と工作かな。

DSC02616.JPG

絵日記は、適当に話を作って絵を描けばいい。
工作は、得意中の得意。
迷作に「電気ネズミ取り機」というのがあった。
ネズミを感電させて殺すというもの。
でも悲しいかな電圧をあげるという知識がなかったのでネズミは捕れなかった。
まあ、小学生が考えることですからそんなもんです。

DSC02619.JPG

昨日は、京女と智積院の墓地を通って智積院から東大路にでた。
ランチと買い物をするために、バスで四条河原町か京都駅に出るのが普通だけど、まだ観光客が多いので違う所で買い物や食事をする。
まだ、夏休み期間という人もいただろうしね。
バスから東大路通を南に走りました。
甘味処の前にすごい行列を見た。
甘い物に群れるアリさんに見えました。
ランチ時なのに甘味とは、糖尿になるよ。

DSC02621.JPG

最近のテレビや雑誌、ネットで紹介するモノを食べていたらきっと病気になるでしょうね。「熱中症にご注意を」なんてアドバイスをして、塩分や水を取り過ぎると、腎臓に負担がくると思う。現代人は、腎臓の機能が弱くなっているらしい。水だって不用意に水を飲むと東洋医学でいう水毒になる。
保水の飲物も塩分と糖分をミックスしたもの。
運動して汗をかく人には必要だろうけど、街中をブラブラする人には必要ない。
歩きながらコーヒーカップを持ち、飲んでいる。きっとブラックじゃない。しかもカフェインがあるコーヒー。カフェインは利尿成分なんですよ。
子供にもジュースを飲ませている。
将来、糖尿病や腎機能低下、スマホによる眼精疲労、音楽を聴きすぎて難聴、将来病気になる危険性がいっぱいでしょう。

DSC02622.JPG

そうそうテレビの健康番組は異常ですね。タレント医者が科学的な根拠がない論を展開。病気にいいと変な食物を勧める。CMはサプリやクリニック、わらったのは葬儀会社のCMまである。観ていておかしいと気付かないのかな?
ニュースは、まったくデタラメだと出版関係の人が言っていた。
グルメ?紹介とスポーツ番組・・・これはローマ時代の「パンとサーカス」の原理ですね。民衆を政治に対する怒りを消すため、闘技場で剣闘士の戦いを見せ、競技の合間にパンを客席に投げ込むというものです。それに似ている。スマホもその道具の一つかも。そう考えると怖いですね。
後100年、あの時代はそうだったと歴史学者が言っているかも。

DSC02627.JPG

なんか、訳のわからないことを書いていますね。
写真がいかにもDSC-RX1Rという感じですね。
これは、これで面白い。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(5)  コメント(4) 
前の2件 | -