So-net無料ブログ作成

銀閣寺に行く・・・2 [社寺]

DSC00896.JPG
↑ガラス戸の部分が面白い

さて昨日の金額寺の境内風景の続き。
この日は、地下鉄東西線「蹴上駅」〜南禅寺〜永観堂〜哲学の道〜銀閣寺と歩き、さらに京都造形芸術大学に行きました。
これを3時間ぐらいで歩く。
銀閣寺に着いた時は、日が暮れてきていた。
入るかどうか一瞬迷った。
まだ、行程が残っていましたからね。
でも行く事にする。

DSC00918.JPG

DSC00911.JPG

銀閣寺まで、結構距離がありました。
小学校の時、よく左大文字を一人で登っていたので微かに憶えている道。
お店が変わっているので、風景が変わってみえました。
京都の観光地の土産物屋ってどこも同じですね。
店に工夫も何もない。

DSC00927.JPG

DSC00935.jpg

最初、境内は狭いと思っていた。
でも確かに銀閣寺の有名な建物の所までは近い。
ところが奥の方へ行こうとするとドンドン山道になる。
これが階段とか坂とかがきついのです。
途中で「どうしよう」と思いました。
時間がかかったら最終目的の京都造形芸術大学のイベントに間に合わなくなるかも。
なかなか下りにならないのですよ。

DSC00941.jpg
↑洗月泉

DSC00948.JPG
↑最初、ここを見て「??」となった。よく見ると小銭が投げ込んである。なんか悲しくなりましたよ。

下りになってちょっとホッとした。
ゆっくり写真を撮っている時間もない。
だから本日の写真のように粗い撮り方になっている。
最後は駆け足状態でしたからね。

DSC00954.JPG

ここは、もう少しゆっくり撮影して見たいです。
金閣寺よりずっと好きかも。
景色が変化していくのです。
それが面白い。

DSC00972.JPG

DSC00974.JPG

でもこんな面白さは、若い時あまり感じないことなのかも。
年齢を重ねてはじめて良さがわかる風景なのかも。
ここは、改めてまた来ることにします。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(6)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

銀閣寺に行く [社寺]

DSC00886.JPG

京都の人間は、意外と観光地に行ってない。
いつでも行けるという気持ちがある。
それとなんとなく気恥ずかしい感じがする。
小学校の遠足とかで行ったりしないしね。

DSC00854.jpg

DSC00861.JPG

きんかく・ぎんかくと言えば、『西遊記』に登場する兄弟魔王。
平頂山蓮華洞(へいちょうざんれんげどう)に住んでいる・・・と違うか。
あれは、金角・銀角やね。

DSC00869.JPG

DSC00884.jpg

結構、近所に縁があるわりにあまり行かないお寺。
今回もたまたま近所に行ったからよりました。
境内の構造を忘れていました。
狭い境内と舐めていて、歩いて行くにつれて登山のような状態になり、ちょっと半泣きになりました。もちろんバリアフリーなんてことと関係ない。
階段や山道がいっぱい。途中で引っ返すこともできない状態。
頻尿の人は要注意やね。(笑)

1DSC00870.JPG
この銀閣寺というのは、通称です。
正式名は「東山慈照寺(ひがしやまじしょうじ)」です。
これは試験に出るので、しっかり憶えましょう。
ついでに金閣寺も正式名ではない。
金閣寺の正式名称は「北山鹿苑寺(きたやまろくおんじ)」です。

DSC00879.jpg
↑向月台

DSC00900.JPG

この銀閣寺を作ったのは、誰でしょう?
ゼネコン、大工、銀行・・・ではないです。
正解は、足利義政(足利8代将軍)で、延徳2年(1490年)に創建。
この足利義政さん、政治なんかしなくて文化というか自分の趣味に没頭した人やね。そういう道楽者のお陰で現在の京都観光に貢献してくれた。
一般民衆の餓死者で鴨川の流れが止まったぐらいの状態なのにです。
やがてそれが応仁の乱が発生する事態に発展して行く。

DSC00891.JPG

いまの日本には、こういう極端な人が出ないですね。
こういう偉大なスポンサーがいないと文化芸術は発展しない。
特に国宝級のモノは新たに作られない。
現在の世界の金持ちで、こういう建物を建てるような人はいないように思う。

写真は、まだあるので明日に続きます。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:地域