So-net無料ブログ作成

カラフル地蔵たち [風景]

嵯峨野を歩いていて、このお堂が気になった。
よく見ると何とも可愛いお地蔵さんがいた。
思わずカメラを取り出し撮影させてもらう。

DSC04617.JPG

地蔵盆の時のメイクだと思うけど、ここのお地蔵さんはカラフル。
近くに美術系の大学があるからなんだろう。
楽しそうに化粧されている。

DSC04604.jpg

神仏と人間は、こんな感じの付き合いがいいな。
いっしょに楽しく日常を暮らす。
「お地蔵さん、おはようさん!」
「お地蔵さん、こんにちは」
そんな感じで声を掛ける。

DSC04606.jpg

これらのお地蔵さん、嬉しそうに見えませんか?
人間とうまく付き合えている。
こんな感じでいいのです。
教団で大層なお経を唱えたり、お布施がたくさん飛び交ったりしないするのは、これからの時代でないように思う。
宗教でなく信仰でいい。
人間は、何かを信じたいものです。
でも信じる対象との距離間が難しい。

DSC04610.jpg

神仏との関係も、人間関係も、同じような距離間がいい。
どのような距離間か?
「温淡」がいいな。
温かく、淡く付き合う。
その逆は、ちょっと辛い。
「熱濃」は、暑苦しいし、長く付き合えない。

若い時、情熱的で突っ走る。
結果、うまく行かない場合が多い。
ほど良い距離間を保つことがいい。

DSC04614.jpg

「人」という字は、1がお互いに寄り添っている。
私は、そういうのはいややね。
「1ー1」がいい。
お互いに独立し、適度は距離間を持つ方が風通しがいい。
長続きする関係が保てるかも。

DSC04618.jpg
↑お堂の横にこんなのもあった

同じように「愛情」というのもいややね。
なんか嘘っぽい。
「愛情」から「情」を取り去った方がいい。
大きな「愛」で包み込む方がいい。
そんなの「情けない」というかもね。
私は、情けない人間です。
本当の本当は、「愛」というのもなんとなく胡散臭いかも。
人間が発する「愛」エネルギーを餌にする存在だってあるように思う。

「1ー1」→「○」というような感じかな。
なんか、わかったような、わからないような・・・。

◆おまけ
DSC04387.JPG
↑この子が現在我が家に居候中の子犬。名前は「もも」という。私は「くろ」と呼んでおります。次女が連れて里帰りなんです。3月には、帰るそうです。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(6)  コメント(6) 

サーロインステーキ&ポークチャップ [食]

DSC03919.JPG
↑京都大学時計台

DSC03935.JPG
↑「カンフォーラ」

節分の時、京都大学で食べたランチの写真が残っていた。
京都大学の時計台の所にわざわざランチのために来ない。
節分の吉田神社に行ったついでに行くというのが正直なところ。

DSC03925.JPG

DSC03927.JPG
↑「カンフォーラ」サーロインステーキ¥880

一年前は、父親を連れて来たと思う。
父親は「入っていいの?」とおどおどしていた。
大丈夫、京大病院の診察券は持っているだろ、それを警備員に見せれば入れる。なに?今日は持ってない。なら卒業生が久しぶりに来たという芝居をしよう!私は教授の役ね。じゃ入ろう!」と言ったら。
結構マジに考えていた。(笑)かわいい。
なんてことを思い出した。

DSC03926.JPG

この日は、一人だったので芝居はできない。残念。
カレーやハンバーグも考えたけど、このサーロインステーキ880円を注文。
ほどなく、ステーキが来た。
肉が固くて切れないナイフで苦労して食べた。
安いだけのことはある。
現代の化学技術で軟らかくしたらいいのに。
スジが固いのね。
だから腕力の無い人にはお勧めしません。

DSC04367.JPG
↑「洋食屋 とんはる」ポークチャップ¥995

さて次は、大阪に行った時のランチ。
いつもならカレーなんだけど、あの日は食べたくなかった。
取りあえず蛋白質摂取ということで、ポークチャップを注文。
上のステーキに比べるとこちらの方が柔らかさとボリュームで勝っている。

これでご飯お代わり自由なんです。
「お代わり!」と言えば、持って来てくれます。
これに煉り辛子をたくさん付けると美味しくいただけます。

DSC04374.JPG
↑このボリュームなら一応納得。

いずれにしても1000円で釣りがくるというのは、気分がいいですね。
最近、ランチで1000円以上で葉っぱでボリュームをだして、薄っぺらいランチが多い昨今、こういうのはいい。
別にインスタ映えなんて関係ないしね。
あんなものは、頭が空っぽの姉ちゃんやオバハンの世界。
質実剛健、黙々と食べるのが一番。
このポークチャップのセット、味噌汁なら得点が高いのに・・・。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(4)  コメント(4)