So-net無料ブログ作成
検索選択
洛外・食 ブログトップ
前の10件 | -

中辛・大甘・小甘 [洛外・食]

5日は、なんとなく京女と大阪に行きました。
ちょっと部品を東急ハンズあたりで調達したかったというのが軽い目的。
京女と大阪に行くのは珍しいことです。
ランチに、スリランカカレーを食べさせたかった。
こんなもの説明するより食べさすのが早いですからね。

DSC04205.JPG
↑ポンガラカレー「ポンガラプレート」

DSC04199.JPG
↑ポンガラカレー「スリランカプレート」

それから大丸梅田店の東急ハンズにもいきたかった。
京都にも東急ハンズはあるけど品揃えがだめなんです。
なんで京都はあんなに中途半端なんだろう?
もっとも昔、東急ハンズが出来た頃とそうとう変化している。
売場の人の知識が圧倒的にあったのに、いまは普通レベル。
昔は、専門メーカーの退職した人がその売場の担当だったりして、結構売場で教えてもらったことがあります。いまは、そういうのが少ないように思う。

DSC04222.jpg
↑カカオサンパカ 大丸梅田店 「カタラン」
ダークチョコレートに香り豊かなカカオパウダーをプラスしました。上質なカカオの香りをお楽しみください。とメニューに書いてありました。

買い物を済ませ、カカオサンパカ 大丸梅田店へ。
ここでは、ホットチャコレートの溶き具合を京女に示して置きたかったのです。

DSC04238.JPG
↑カカオサンパカ 大丸梅田店 「パフェ フランベエサ(ラズベリー)」
バニラの女王と呼ばれるブルボンバニラを100%使用したバニラアイスを酸味の効いたラズベリーのキャラメルソースで。キレの良い味わいとバニラの香りをお楽しみください。とメニューに書いてありました。
私の感想は、よくわかりませんでした。ハーゲンダッツの方が好きかも。
この「パフェ フランベエサ(ラズベリー)」値段が1,850円なんですよ。笑うでしょ。インデアンカレーなら2杯は食べられる。私のはカレーの方がいいかも。

DSC04230.jpg
↑底に胡桃とかが入っていました。

DSC04243.JPG
↑父親に食べさしたら、高血糖の発作を起こすかも(笑)。ホットチョコレートがあっさりした甘さに感じましたからね。でも決して、いやらしい甘さではなかったのは間違いない。

大阪梅田の阪急百貨店や阪神百貨店の地階食料品売場を歩いていると子供の日ということで、柏餅や粽を買うために行列を作っていた。
こういう現象は面白いですね。
その日に食べなければいけないと思っている。食べたからといって、御利益なんてないと思うのですが・・・。
お節料理、恵方巻、バレンタインのチョコ、粽、柏餅、水無月※、土用丑の日の鰻、クリスマスケーキ・・・等々。
宗教観が明確でないからなのかなぁ・・・。取りあえず御利益がありそうなのに、ちょっとのっておく感じね。
※水無月は、確か京都和菓子組合が商標権をもっているらしく、全国に広がっていないのは、その影響らしいのです。外郎と味は同じだと思います。

P1110952.JPG
↑長久堂「柏餅」

この柏餅は、過去に撮った写真です。
白味噌を使った餡が京都以外では珍しいかも。

P1110980.JPG
↑みそあん

大阪の阪神百貨店や阪急百貨店「仙太郎」の売場で人が並んでいたのが印象的でした。東京にある仙太郎のお店でも行列なんだそうです。
なんでやろ・・・?
仙太郎は、京都が本店の和菓子屋です。何が売りなんだろう?父親は、最中とか水羊羹といいます。私はあまり買わないお店なんです。私の中では、鳴海餅と同じように思うのです。
洛外から見ると違うのかな?

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ: 甘味 洛外
nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

大阪にて [洛外・食]

DSC03447.JPG

先週は、大阪に行くことが多かった。
一昨日の土曜日も新大阪へ、いつもの会合。
いつもなら阪急電車で梅田経由で新大阪に行くのですが、この日は時間がなかったのでJR新快速で新大阪に行った。
大阪に行くには、JRが早く着きます。一番急いでいる時は、新幹線で行くと早い。その次ぎが新快速がいい。
新快速は、京阪や阪急の特急のように義理堅く、駅に停車しないから早い。ただ最近東京並に人身事故なんかが多いから、下手すると車内に閉じ込めらっるリスクはあります。新幹線なら大丈夫だろうけど。

DSC03438.JPG
↑ベジョータ マス「ロティサリーチキンセット」サラダはオプション

新大阪に到着。
取りあえず腹ごしらえ。
以前なら新大阪でランチなんて、あまり考えられなかった。
ところが新大阪が新しくなり、結構いいお店ができてきた。
本日の写真の店もそう。
以前にもでてきました。私好みの味なんです。

DSC03427.JPG
↑100円オプションのサラダ

店は「ベジョータ マス」。
地下鉄「新大阪駅」4番出口でた所にあるスペイン酒場というコンセプト。夜は居酒屋的になるらしい。午前10時から午後23時まで休み無く営業しているのがいい。
私はランチタイムしか行ったことないけど、夜は色々なメニューがありますね。
完全禁煙で一人で行っても気軽に座れるのもいい。
こういうのが京都駅にも欲しいな。あるのかな?
なんで京都駅八条口に地下街を作らなかったのか。
なんで京都駅の八条口を新大阪のように2階構造(2階はタクシー乗り場で新幹線に対応し、1階はバス、一般車両)にして、地下に地下街を作ればよかったのに・・・。
歩道を作ってバスターミナルにするなんて、すごく遅れている。
新・都ホテルから東に向かおうとしても右折できないから、遠回りして家に帰らないと行けなくなった。なんてバカなことをしているんだろう?

DSC03433.JPG
↑スープ、これがソパ・デ・アホならいいのになぁ・・・。

ロティサリーチキンセット、名物のローストチキンらしく、レモンを搾り、好みでパクチーとニンニクのソースをつけて食べるのです。
パクチーとニンニクは好物なので嬉しくなってつけて食べた・・・しまった!会合だった!この日は、ちょっとだけ無口になりました。

DSC03439.JPG
↑ご飯の盛り方がnice!

このローストチキンは、手で食べるのが美味しい。ナイフとフォークで食べてはいけないとは言いませんが美味しくないだろうな。
向こうのテーブルに中堅のキャリアウーマン風の女性が座って同じメニューを注文した。「どうして食べるのか?」と気になった。
彼女は、手で食べていた。素晴らしい!拍手!(実際にはしませんでしたけど)

量もしっかりあるのです。ジックリ脂を落としながら焼いたロースとは美味しい。
珍しく褒めております。しかもお安い!
スペイン風の料理は、私好みかもしれません。
持ち帰りもできるので、次回は持ち帰ります。

DSC03473.JPG
↑阪急三番街に昔からある御鷹茶屋の「三鷹そば」

帰りは、梅田に用事があった。
行きたくなかったけど、梅田のヨドバシカメラその他で手に入れたいものがありました。
夕食は、この蕎麦にしました。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ: 洛外
nice!(6)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

最近、京都市内で気になること [洛外・食]

DSC01847.JPG
↑新大阪ベジュータ マス「スパイシーチキン」私好みの味でした。

先週末は、終日大阪だった。
京都駅で用事があったので、京都駅から新快速で大阪に行く。
週末だったのもあるのかな、観光客で満員状態。
春休みに入ったというのもあるのかな?
外国人の観光客も多かった。
最近、ちょっと外国人観光客が多すぎるように思う。
彼らはあまりお金を使わなさそう。
なら、あまり増やす必要ないかも。
お金を使うのは、日本の観光客ですからね。
これから、定年退職した人口の多い人たちが観光でウロウロするでしょう。
その人達を大切にした方がいい。

DSC01846.JPG
↑スープ

外国人は、ケチだから観光地であまりお金を使わない。
食べるのも立ち食いみたいなものを食べている。
それに釣られてか、日本の若者や中高年も立ち食いしている。
「食べ歩き」というのは、色々美味しいものを求めて歩き回るという意味でなく、「食べながら歩き」ということらしい。
食べながら歩く人に売るお店は、たいだい道に面している所で作り、売っている。
錦市場なんかもそうだ。昔はそんなことをしてなかったのに、いつのまにか刺身まで竹串に刺して食べさす。竹串を食べながら歩くのは、危険な行為だと思う。
雑踏のところで食べ物を並べて、それを食べさす・・・保健所がよく許しているものです。もし事故が起こったら誰が責任をどうとるのでしょう。
観光地としては問題だと思う。
「ながら禁止条例」で禁止にしたらいい。

DSC01869.JPG
↑北極星淀屋橋店「竹の子と海老のオムライス」サラダ・味噌汁はオプション

最近、気になることにコンビニ店頭の喫煙も気になる。
バスを待っていたらタバコの煙がすごく来る。
外国からの観光客が多いのに、コンビニの店の前で女性・・最近多い・・がタバコを横咥えして面白くなさそうに、タバコを吸っている姿を見せるのは、日本にとり恥かも。文化レベルが低く見える。

DSC01873.JPG
↑味噌汁

河原町通でよく見かけるのだけど、信号のないところを渡る人も危ない。
車を運転する人から見ると車の影から急に人が飛び出す形になる。
危ないですよ。
しかも、敏捷そうでない体型の人や中高年、女性なんかも結構多い。
俊敏でないのに、横着な人が結構いる。

DSC01883.JPG
↑もうすこし竹の子を入れて欲しかった。薄い和風タレも欲しかった。

道路で意味なく群れて立っている観光客・・・あれはなんだろう?
歩道を拡げたことが仇になっているかも。
京都市内は今週から桜停滞がはじまる。
車やバスが動かないのです。
これだと行きたい観光名所に移動できない。
京都市が「行きたい都市」で昔は、1位だったのが、最近では6位にダウンしている。人気があり、憧れている京都に来たけど、交通停滞でウンザリしたのがランキングに反映されているのかも。
市内は、ゴミゴミして汚いしね。電線もいつまでたっても多い。写真を撮ると必ず電線。後でPCで消せるからいいようなものですが、スマホでは無理かもね。

※本日の写真は、先週末大阪で食べたモノ。カレーじゃないでしょ。(笑)

DSC07937.JPG
↑昨日(27日)午前8時のベランダ桜。蕾が膨らみ始めました。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

途中下車 [洛外・食]

昨日は、年に一度の整形外科外来だった。
レントゲンを撮影し、主治医の話を聞く。
レントゲンのどういう箇所を見るのかコツを聞いた。
「よく歩いている」と言われた。
人工股関節と自分の骨の繋ぎ目がチャンと厚みがあるのでわかるそうです。
私の場合は、それなりに歩き、また自主トレ的な運動も1日1時間近くしているから大丈夫なんです。でも他にやった方がいいことを聞いた。
私の場合は、スクワットより片足立ちの方がいいらしい。1回1分程度。
そんなことなら簡単にできる。
他にもいろいろお聞きした。
そして、また来年の診察の予約でした。

DSC01666.JPG

その後、大阪へ。
東福寺から京阪電車に乗る。
準急しか乗れないので、乗った。
時間がかかるけど朗読を聞きながらなので、気にならない。
萱島駅に来た時、電車を降りてしまった。
なぜ?
ちょっと早い食事のため。
それが本日の写真。
年に一度の整形外科外来が終わってホッとしたのか、お腹が空いていたのです。
「民生!」と頭の中で料理がでてきた。
かなりリアルな味覚、香りを伴ったイメージが。
本日、最初の写真のような感じでした。
だから、電車を降りた。
そして、お店に行った。丁度お店がオープンしたぐらいの時間だった。

DSC01657.JPG
↑萱島民生「肉メシ」

イメージだと「古老肉(すぶた)」になる。
いつもなら「糖酢背骨(豚アバラ甘酢)」なんですが、今回は「古老肉」。
後、一品は「肉メシ」ね。
「古老肉」の方は、小盛にしてもらいました。
本当は、もっと食べたいけど、悲しいかな一人。
まあ、また来るとしましょう。

DSC01662.JPG
↑肉メシに付いてきたスープ

エネルギーが満タンになり、再び活動開始。
新しいお店のオープンを見に行きました。
最初は、ドッとお客様が来てテンテコマイ状態になり、暫くすると落ち着いてくる。
お店も人ともうまく角がとれてスムーズに動くようにならないとね。
その人の角のとれ方が売上に反映されて行くのかも。

DSC01672.JPG
↑「古老肉」肉が多くてうれしかった。

その後、また二、三用事を済ませ、最終的にホットチョコレートを試飲。
最近、ホットチョコレートに興味があります。
一番いい状態のホットチョコレートを探している。
今回は、「カカオサンパカ 大丸梅田店」。
ヨーロッパで、昔飲まれていたチョコレートドリンクを知りたかった。
チョコレートは、固形のモノを想像するかもしれませんが、元々飲み物だったのです。カレーと一緒?(笑)

DSC01681.jpg
↑カカオサンパカ 大丸梅田店「エルナン コルテス(秋・冬限定)」

飲んだホットチョコレート ドリンクは「エルナン コルテス(秋・冬限定)」
名前が何となく嫌な雰囲気ではあります。新大陸で欲望のままに征服した人物の名前ですよね。
このホットチョコレートドリンクは、隠し味にジャマイカンペッパー等のスパイスが使われた濃厚な味のチャコレートドリンク。
私ならチリペッパーもいれますね。

マヤ・アステカ文明では滋養強壮としてカカオ豆をすり潰し液状にしたものを飲んでいたそうです。ヨーロッパに渡った時にカカオには疲労回復、興奮剤、媚薬の効果を持つことが分かってきた。
本来は、薬だったようです。
でも昨日飲んでもなんの変化もありませ〜ん。
昔、烏骨鶏の血や子ヤギの睾丸の刺身、スッポンの生き血、ウツボ料理フルコース等々食べてもなんの変化もなかったけですけど・・・。(笑)

お店は、女性がいっぱいでした。
女性は、チョコレートやチーズが好きですね。
感心します。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ: 洛外
nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

油で凹む [洛外・食]

DSC00899.JPG
↑これが件の天丼。天つゆと大根おろしならよかったと思う。先週は身体の調子が悪かったのかな・・カレーを食べようとしなかったしね。

先週末の話、毎月の集まりで大阪に行った。
会場に行く前に、ランチを食べて置かないと・・・と思い梅田をウロウロ。
最近の大阪は、人が増えたように思う。

DSC00917.JPG
↑あん肝、なんでこんなモノを・・・しかもアルコール無しで。

ちょうどランチ時になってしまった。
どこも行列なんです。
行列の先の店を見ると、そんな名店でもなさそうな雰囲気なんですよ。
ネットで有名とか、テレビに出たとかなんだろうか?
見ていたら、時間が無くなった。
焦るけど、食べたいお店がない!
結局、天どん屋さんに飛び込んだ。
ここは、短時間でモノが出てくる。
まあ、見事に女性客がいないので、出てきたモノをモクモクと胃の腑へかき込むだけ。勤め人や工事現場のおじさん風の人が多い。
しかも行列がない。
そのかわり値段が安い!
写真の丼が最上級のモノです。

DSC00919.JPG
↑豆腐サラダ、繊維質と良質のタンパク質を摂ろうとしたのかな?

天ぷらは、穴子やカニ、エビと何かわすれたけど、かき揚げなんかも乗っていた。
これ天丼と違って、天つゆで食べたらいいだろうな・・・。
食べながら、油がキツそう・・・と思った。
でも完食。
会合で時間が経つと胸が焼けてきた。
これは、珍しい現象。

DSC00927.JPG
↑海老箱寿司、ちょっとお腹を膨らせようとしたのかな?この程度で満足したのが不思議。

会合が終わって、家に帰る時、オムライスをテイクアウトすると京女と約束していた。いつもならオムライスを食べて、持ち帰りも作って貰うもらうのだが、この日は、無理だった。
そこで食べたのが2〜4番目のモノ。
あん肝なんて、なんで食べようと思ったんやろ・・・。
ビタミンDやB2、B12やリンが不足しているのかな?
わかりません。
豆腐サラダなんかも不思議です。
最後の海老箱寿司なんかも、意味がわかりません。
でもこれでランチの油が中和できた?のかも。

次回から、もう少し時間の余裕を持って行動しようと反省。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ: 洛外
nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

父親は大満足だった! [洛外・食]

DSC00093.JPG
↑ランチを食べている時、外で雪が降っていた。

DSC00096.JPG
↑身体は、お風呂上がりでポカポカだった。

今回、父親をつれて行くにあたり考えたこと。
・温泉であること
・適度な距離間
・食事
ということでした。

DSC00111.jpg
↑九曜曼陀羅膳。こんな感じのランチだった。女性好みでしょ。

温泉であるのは、必須でした。
たまには、大きな湯船で浸かりたいですよね。
家のお風呂やデイサービスのお風呂では、身体を洗うということだけになりますよね。京男だってマンションのお風呂なので身体を洗うだけ、手足を伸ばしてとはいきません。お湯の量から来る水圧も必須なのかも。
ただ、スーパー銭湯のように広くて、たくさん種類がある必要はないです。父親が転倒するリスクがあり、つきっきり状態でないといけません。まあ、私も転ける可能性もあります。施設が広いと問題になります。
それと温泉の質の問題。ツルツル滑るタイプかどうかチェックが必要。今回は、単純弱放射能温泉ということでツルツル状態ではないと読みました。

DSC00122.JPG
↑上段 左/茶碗蒸し 中/赤蒟蒻 右/和え物
 中段 左/刺身 中/鴨ロース 右/天ぷら、魚は公魚
 下段 左/白和え? 中/秋鮭西京焼 右/煮物

それと、室内着があるかどうかも大事です。いちいち服に着替えるのは、邪魔くさい。
もう一つ重要な点は、休息スペースがあるかどうか。疲れたらゆったり横になる椅子がほしい。これ以外と大事なんです。

DSC00137.jpg
↑ご飯は炊きたてをよそってくれます。父親は、3回おかわりしました。よほど美味しかったのでしょう。

適度な距離間も大切です。
町内の銭湯では、気分転換になれない。
京都駅から近江八幡まで、新快速で約30分。
これ以上は遠いかも。もちろん混んでいないことも必須。
今回、温泉施設行のシャトルバスを利用しました。
帰りは、タクシーを呼んでももらいました。これは、和た与に行きたかっただめ。
滋賀県のタクシーは、料金が高いように思います。3,000円近くしましたからね。
JR近江八幡駅でシャトルバスに乗るのですが、10分ぐらいしかなかった。しかもJR新快速が遅れたのです。これはちょっと焦りました。もしエレベーターやエスカレーターがない場合、父親は階段を駆け下りられない事態が生じます。そうなったら私が階段を駆け下り、シャトルバスを止めないといけなくなる。
そうか温泉施設に電話をして、シャトルバスに連絡して発車を待ってもらうか。
普通電車に乗ってもいいのですか、トイレの問題が生じたらこまりますからね。
もし私が真剣に杖を使わないといけない状態なら、駅に電話をしてエレベーターやエスカレーターの有無とどの車両に乗ればいいか確認したでしょう。ちょっとしたことがつらいことになります。
ここまでチャックしているのです。

DSC00120.JPG
↑香物

食事の問題も大切ですね。
スーパー銭湯って食い物がお子様モードが多いですね。
ラーメンやハンバーグ、唐揚なんかが多い。
安いけど、大人の食べるものではない。
今回は、写真のように女性好みの状態になっている。
仏壇やお地蔵さんに供えるように、ちょっとづつ彩りよく料理が並んでいます。
欠点は、量がないから味がよくわからないことかな・・・私のいうサンプル盛りやレンゲ盛りねっ!
フランス料理でなくフレンチの店に多い。レンゲの上にちょこっと盛ってある。あれはちょっと嫌いかも。持って来たとりすました兄ちゃんが「これはですねぇ〜○○△△をああして、こうしてこうなったものを□□したものでございますぅ」なんていう店があるでしょ。そういう時は、レンゲをパクッと食べ「お兄さん、これでいっから持って来て」と言ってあげましょう。
まあ、今回の料理は、その状態になるかならんかのギリギリの盛りつけです。

DSC00146.JPG
↑鶏の肝煮/オプション

今回の料理を父親はとても喜んでくれました。
すべて柔らかかったこと。(総入れ歯の爺はこやからあかんのや!)
それに一番は、ご飯がとても父親好みだったことです。
いいお米を炊きたて状態で食べられるというのに感激していました。
なら家で自分で土鍋で炊けばいいのに・・・私ならそうするけど。
閑を持て余しているのに。
京男なら徹底的に研究するのに。

DSC00151.JPG
↑出汁巻/オプション

ご飯を毎日炊いて、試食する。
美味しいご飯に合うおかずも研究する。
そして、試食の日々。
そのために体力が必要ならトレーニングする。
それだけやっても血糖値があがったら、それは勲章!
コンビニのレジまわりに売っている甘味やあんまんを食べて血糖値があがるなんて最低かも。

DSC00152.JPG
↑デザート

今日の写真の食事内容なら血糖値はあまり上がらなかったと思います。
この日の夜、イノダコーヒのカツサンドとスープを食べても、血糖値が低いとはいわないが、たいしたことはなかったように思います。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ: 洛外
nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

実りの秋 [洛外・食]

DSC04526.JPG
↑大きかったら食べていますよね

昨日の夜明けは冷えました。
気を付けないと寝冷えしそう。
なんだかんだいっても秋に向かって季節は進む。
いつものバス亭で雑草を見ていた。
小さな花の種ができていた。

DSC04528.JPG

もっと見ていたかったけど、バスが来た。
バスに乗るとそこは高齢者ばかりだった。
高齢化社会というのを実感します。

DSC04530.jpg

みなさん、疲れた顔をして乗っている。
ときおり携帯電話がなり、答えているおばあさんがいる。
全然、まわりのことを気にしていない。
高齢になり、思慮深くなるのかと思ったけど、ほとんどの人は厚かましくなるだけ。
若い人のことをわるくいえないですね。

DSC04536.JPG
↑大阪で食べたランチ。三番街「梅蘭」辛口梅蘭焼きそば(梅蘭辣炒麺)

昨日は、漢方内科だった。
7月から気を高めるのと、背骨の柔軟かつ強靱にするためのトレーニングをしている。その影響が出て来ているのがわかりました。
漢方薬を身体がはねつけているらしい。
生薬で身体の気を高める処方だったのです。
ところがここ一ヶ月湿疹がでていた。
生薬以外に考えられなかったのです。
ドクターにいうと気が余ってきているのだそうです。
身体が生薬を要求したり、撥ねつけたりする。
食べたいものが、ハッキリ要求したり、食べたくなくなったりする。
それは、いいことなのです。

DSC04538.JPG
↑辛口に炒めた牛肉、玉ねぎ、白菜、にらに熱々の餡をかけ、その上に両面カリカリに焼き上げた中華麺を載せて包んであります。面白いけど、ちょっと食べ難い。

自分の身体からのメッセージを聞けるのは大切なことです。
そういう自分の身体を鋭敏にしたら、医療なんてのは最小限で済むのでしょう。
薬なんかも、ダラダラ飲むのでなく、改善されたらさっさと飲むのを止めるのがいいようです。
そろそろ薬やサプリも断捨離をしないとね。
ただ、前提として自分の身体からのメッセージを感じるというか聞けることかな。
でも最近、ちょっとトレーニングが過ぎているかも。
疲れているとドクターに言われました。
私はトレーニングなんかも、ついやり過ぎる悪い傾向があります。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:風景 洛外
nice!(6)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

カレーじゃない! [洛外・食]

DSC04207.JPG

昨日は、大阪行きだった。
私が講師した会合でした。
レジュメの用意もしたんです。
文章を書くのですが、どうも居合い的な書き方なので、一気に書かないと文章が繋がらなかったりします。

DSC04205.JPG
↑阪急三番街、御鷹茶屋「辛味大根蕎麦」

プリントアウトや製本に時間がかかりました。
冊数も足りてよかった。
自分でつくった自分のレジュメが読めないのが、ちょっと問題だった。
まさかPCに読ますわけにもいかないしね。

DSC04210.JPG
↑カレーだとお腹が膨れてボーッとするから蕎麦なんでしょうね。

荷物も事務所機能が引っ越すような状態、つまりPCもつれていくので、重たくなります。製本したレジュメや実習の教材もあるしね。
思わずステッキなしで大阪に行きました。じゃまだしね。
よく考えたら「じゃま」という状態になったのは、素晴らしいことです。
重たいディバッグを背負い、手提げ袋を両手に持って階段も駆け下りたり、駆け上がったりしたしね。
最近のトレーニングの効果が出て来ている。

DSC04218.JPG
↑北極星淀屋橋「たっぷりキノコのオムライス」

昨日、早朝いつものトレーニングをしていて、飛び跳ねることが出来るのに気付いた。ちょっと凄い。
でもあまり調子に乗らないようにしないとね。
人工股関節、耐用年数が使い方にもよるけど20年ぐらいらしい。
20年先にまた手術となる。
次回の手術は、麻酔が覚めなくなるかも。
リハビリにも耐えられなくなっているかも。
そう思うとあまり張り切って使うのも問題なのかな?
20年先・・・地球は悲惨なことになっているかも。
世界中で、食料や水の奪い合いが起こっているかも。
経済は破綻、年金も破綻、保険も破綻・・・。

DSC04231.JPG
↑家族にお土産でオムライスのテイクアウト持って帰った。待っている間に夕食で食べました。やっぱり作りたてが美味しい。

それとも明るい未来になっているだろうか?
とりあえず国をあてにしないで、自分自身のサバイバル技術を身に付けておかないといけないかもね。

DSC04238.JPG
↑説明に「タモギ茸というちょっと珍しいキノコが入った具沢山のオムライスです」とあります。食べて、これや!とわからなかった。

また、写真と文章と違う。
大阪は、それほど好きじゃないけど、京都に比べたら圧倒的に食事をする店が多く、切磋琢磨している。
値段も安い。やっぱり京都は観光地ですね。
よくもわるくも。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ: 洛外
nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

土用・・・トンテキがいいかも [洛外・食]

先日、四日市方面に行った。
久しぶりにトンテキを食べる。
このトンテキ、伊勢松本の未来憲 本店が元祖ということになっている。

SD068.JPG

最初、食べた時は命懸けで食べたことを憶えている。
何年も前、断食を二ヶ月ぐらいしていたんです。
水分だけで過ごしていた。仕事その他はそのままで。
打合せに四日市方面に行った帰りに、未来憲に連れて行ってもらった。
あの日は、朝から「未来憲でトンテキ」と決めていた。
なんでもクソもない。
どこか理性的な脳の部分が「そんことをしたら危ない」という警告があった。
だから、自分の胃腸さんたちに「今日の夕方、トンテキなる食べ物が入って行く。対処をよろしく」と結構真面目に頼みました。
なんでそんな無茶をするのでしょうね。
やっぱり根回しをして置いてよかった。
大丈夫でしたから。でも真似をしてはいけませんよ。まあ、しないでしょうけど。

DSC02465 2.JPG

このトンテキはスタミナという点では、理に適っている。
鰻よりも遙かに優れているのです。
豚肉とニンニクの組み合わせが故にです。
豚肉には、ビタミンB1が多く含まれている。
このビタミンB1は水溶性で、一度に身体に吸収される量は5〜10 mg程度が限界。
後は、身体に蓄積できない。水溶性なので尿で体外に排出されます。
ところがニンニクといっしょに摂るとニンニクのアリシン、アリイン(臭いの原因、あの匂いが効く!)それが豚肉に多く含まれるビタミンB1と結びつきアリチアミンになる。「アリナミン」というビタミン剤がありますね。この名前はアリチアミンが言葉の素になったらしい。
こうなるとビタミンB1が身体に少し蓄積可能となる。
ビタミンB1というのは、体内で糖質をエネルギーに変える変換効率を上げてくれるのです。
効率よく糖質を燃やせば、不完全燃焼するので疲労物質が残り難くなる。
脳にしても運用には糖質以外にないのだから、燃焼効率を上げると頭の回転もよくなり、ストレスにも強くなる。

DSC02466.JPG
↑四日市中華料理 一楽「トンテキ定食」

というような構図なのです。
トンカツでは、衣がネックになる。しかも、カラッと揚げるため、ヘットかラードで揚げるのです。それが結構中高年移行の人間には害になる。
その点、トンテキはいいと思う。
欲を言えば、練り辛子をテーブルにおいて欲しいのとタレが甘すぎる点を改善して欲しい。

ニンニクで昔、生のニンニクをみじん切りにして、アルデンテ(最近、あまりいわなくなりました。生麺のモチモチした食感が最近好まれるからかな?)に茹で、ニンニクと和える余熱でニンニクに火を通し、胡椒をして食べる。
卵黄を入れたりしてはいけない。ニンニクだけ。
効きますよぉ〜。(笑)
ただし、胃の弱い人にはお勧めできません。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ: 洛外
nice!(7)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

バランス [洛外・食]

先週末、大阪に行く。
大阪、梅田でランチといえばインデアンカレーねっ!
単独で行動する時、時間的にタイトなのでゆっくり食事ができないのです。
カロリーを摂取するという感じかな。
そういえばジュースなんかもそうだ。
通りすがりにジューススタンドでグレープフルーツなんかを搾ってもらう。
目の前で搾ってもらうジュースでないね。
本当は、フルーツを洗って欲しいけど。

DSC02411.JPG
↑インデアンカレー「レギュラー」

オープンキッチンで見ていると不安になりませんか?
九条ネギやキャベツのみじん切り。
洗っているのを見たことがない。
自宅なら洗いますよね。
タマネギなんかも外の皮を剥く前に洗いませんか?
ラーメン屋さんに行った時、見てみてください。
それからティースプーン一杯ぐらい入れる白い粉。
最近の時流では、気にならないようですね。
「中華料理店症候群」なんて死語に近いのかもね。
テレビのCMで焼き飯の素とか中華料理の素を宣伝しているけど、抵抗がないようですね。
最近、巷でプロ用の食材がすごく多いとききます。
その中には、自動的に旨味成分が含まれているのでしょうね。

DSC02424.JPG
↑北極星淀屋橋店「オムライスアラビアータ」パプリカ・ズッキーニ等の夏野菜とニンニクと唐辛子風味。私的にはもうすこしニンニクと唐辛子が欲しかった。

ダイエット云々と称して人工甘味料入りの飲料もたくさん出ています。
糖尿の父には、買ったりしますが、自分では飲みません。
ペットボトルのお茶もね。
中高年ならもう先がないからいいけど、若い人は止めておいた方がいいように思います。まだ人生長いだろうしね。
人工甘味料入りの飲食物を飲むと、脳がよけい糖質を欲しがって、結果的にカロリーオーバーになり体重が増えるという怖いデータもあります。
不自然な食品はできるだけ避けた方がいいでしょうね。
熱中症対策と称して水分を摂るなら、麦茶を自分で炊き出して塩を少々というのがいいと思います。
小さい子供は自分で選べないですからね。無知な親は平気であたえます。老人も孫と食事をする時、甘いジュースをあたえたりします。
我が両親もそうでした。そえだけは強く拒否しました。

DSC02435.JPG

いま巷では、スマホでキャラを集めるなんてのをやっている。
あれはいけません。
政府が株価を上げる牽引材料となると黙認している。でも社会全体にあたえる害悪を考えたら問題だと思います。
ガキにスマホなんかをあたえたら、サルにマスターベーションを教えるようなもの。
ずっとやって依存状態になります。
社会人になっても嬉々としてやる。死亡事故が続出しないと規制しないだろうな。
経済が活性化するから・・・という理由で。
マスゴミだって、微妙に煽っていますね。
テレビや新聞、週刊誌なんてのは愚民を作る道具になってしまっている。
本当の真実は表に出ないものですね。

DSC02443.JPG

食事の話に戻ります。
早いお昼に食べた時、いつもならカレーに卵黄という状態なんです。
でもこの日は、違った。
結局、夜はオムライスということで、1日のバランスを取ったことになりました。
夜のことを無意識に想定していただけだった。
久しぶりにインデアンカレーを卵黄抜きで食べたけど、卵黄入りとさほど味わいが変わらなかった。単なる習慣だけだったかも。卵黄。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ: 洛外
nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
前の10件 | - 洛外・食 ブログトップ