So-net無料ブログ作成
検索選択
いらんこといい ブログトップ

そんたく? [いらんこといい]

DSC02032.JPG

少し前、テレビから「ざいむしょうは、ほうれいにのっとりこくゆうちをてきせつなかかくでばいきゃくしているとしんらいしている。そんたくのはたらくよちはまったくなかった」というのが聞こえてきた。
「そんたくのはたらくよち」?「そんたく?」となりました。
どうやら「忖度(そんたく)が働く余地」ということらしい。

DSC02007.JPG

どうもエライおかたのいわはる言葉は難しい。
難しくすることで国民を煙にまいたはるのかな?
それとも私だけ、わからへんにゃろか。

DSC02003.JPG

どうやら官僚さんたちでは、普通に使っている言葉なのかも。
そうか京男の受けた教育の範囲内では出て来ない言葉やね。
意味を調べてみると「他人の心をおしはかる」という意味。
官僚の人達は、上司の意向を具体的な言葉でなく、考えを察して、必要な準備をしておく。でも具体的なアクションは起こさない。でもGoがでたらすぐに仕事を早く処理する。そうか。そんなことは当たり前にやっていることやね。
やっているけど、「忖度(そんたく)」という言葉はしらなかった。
もっと簡単に言えばいいのにね。

DSC02019.JPG

頭がいいのかわるいのか判断できませんね。
まあ、すくなくとも記憶力はいい。話していて巧みに話題をそらせたりする。
そして「自分は悪くない」と堂々と言う。
結局だれが犯人かわからない状態にしてしまいますね。
戦後、日本の復興に必要だった官僚制度だけど、もう必要でない組織なのかも。
AIで置き換えてもいい商売かもね。AIの方が私情が入らないからいいかも。

DSC02038.JPG

昨日、あるエライ方と久しぶりにお話しして盛り上がった。
その時、忖度について閃いた。
忖度って、「他人の心をおしはかる」ですよね。
他人というのは、人間ということ。
人間同士で忖度なんてするのが間違いかも。
これからの時代は、天というか宇宙の意志をおしはかって生きた方がいいのではないかな?そう思いました。
国を営むのでも、会社を営むのも、天の心をおしはかって、企画と同時に動いていい時代になったかも。天の意にかなう生き方が必要な時代になってきているのかも。
そういう内容を話し、その方と盛り上がりました。
コツは「考えないで観じること」
「感じる」ではないですよ。
「観じる」です。
そして、動く。
「感動」でなく「観動」。

以上、会話のメモみたいなものでした。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:雑記 京都
nice!(5)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

映画漬けで育った? [いらんこといい]

最近、私の父親に持っていく映画の件で父親からの意見があった。
「古い映画はいらん」と。
確かにモノクロだし音の状態が悪い。
内容が地味というものあります。

3c4a479e6b8103ad4ec0f017c218d683.jpg
↑本日の写真は映画『禁断の惑星』に登場するロボット「ロビー」

具体的にいうと
『東京物語』『秋刀魚の味』小津安二郎監督
『山椒大夫』『残菊物語』『祗園の姉妹』溝口健二監督
確かにちょっと地味過ぎだったかも。
私は『祗園の姉妹』は面白いかった。
祗園言葉と旦那の京都言葉が勉強になった。
昔の祗園のアンダーな感じもよく表現していたしね。

3f18cc8c57bc0abc2507c79c9760323c.jpg

父親は、学生時代に小説家か映画監督がしたかったらしい。
学徒出陣に参加さていた世代なんです。
戦争が終わり、卒業をして就職もきまっていたけど、おじいさんが会社を作ったので兄弟が呼び戻された。
しかたなく家業をしていた。

6c852af8bf7625057500fb342f7228fc.jpg

やがて母親と結婚し、私が生まれた。
住んでいたのが北野天満宮あたりだったそうです。
幼稚園前ぐらいでもテレビもなかった。
だから晩ご飯を食べてからバイクでよく映画につれていかれた。
驚くべきことに、私はジット映画を観ていたのです。
しかもかなりの場面を憶えている。
『偽の売国奴』1962年アメリカ映画
『禁断の惑星』1956年アメリカ映画
『続・禁断の惑星 宇宙への冒険』1957年アメリカ映画
『地底探検』1959年
『海底2万マイル(海底二万哩)』1954年
『渚にて』1959年これは小さい時一番怖かった映画
『十戒』1956年、因みに『ベン・ハー』が小学校5年の時初めて一人で行った映画だった。祇園会館でした。
『シンドバッド7回目の航海』1958年
『無法松の一生』1943年版・大映
『駅馬車』1939年アメリカ映画
『黄色いリボン』1949年アメリカ映画
『自転車泥棒』1950年イタリア
『ユリシーズ』1954
『隠し砦の三悪人』1958年黒澤明監督
『隠し砦の三悪人』は、三船敏郎が刀を構えて馬に乗るシーンを憶えている。
金があんなところに隠されているんだ・・・と感心していたのも憶えている。
小さい時の記憶は凄い。

42ae225d405e9f4a01dbc8cb1c6f19e7.jpg

小学校時代にテレビで観た『キング・コング』1933年『遊星よりの物体X』1951年のやつ、なんの映画か忘れてけど両親が亡くなり、長男が妹、弟を里子にだしてまわる映画がありました。それを観て号泣した思い出がある。『慕情』1955年を観て泣いたこともある。成人してまだ英国領だった香港に行き「慕情の丘」に行った時、感激しましたね。

父親は、最近動的視力が落ちてきているから、最近のSFXの目まぐるしいのは苦手だそうです。字幕スーパーも辛いそう。それは私もそう。

まあ、この間の『坂の上の雲』や『カーネーション』は、満足してくれたらしい。

いま、どんな映画がよいか考えています。
『忍びの者』や『眠狂四郎シリーズ』市川雷蔵主演にするか。
そうか山田洋次監督の『寅さんシリーズ』でも持って行くか・・・。
難しいな・・・。
ひょっとして昔の映画の方が面白かったかも。
テレビの番組もだけど。
なんとかならんものでしょうか。

d6c7eb767785d92c8e56e682f785c8f6.jpg

小学生の頃から単独で映画を見始め、ずっと映画を見続けている。
何本ぐらいみているのかな・・・。
いまの俳優は、BGMで感情を表現してもらい、SFXでアクションを誤魔化しているものね。みんな長い映画がだめみたいだし。それから『ホビット』が後悔されるけど、三部作だと知ってがっかりした。あのキャラで三本も持つのかな・・・。というかこちらか生きているかどうかわからないし。
続きものは止めてほしい。

今日は雑談でした。

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 雑談
nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

過ぎたるは、なお及ばざるが如し [いらんこといい]

何をするにも、いき過ぎになっていると、それがどんなに良いことでも、むしろ不足ぎみや、不満足な状態と変わらない。
過度になってしまうようであれば、むしろ控え目にしている方がええみたいやね。

P1260052.JPG

昨日、ある方と久しぶりにお話ししていた。
その時の話題で「ビタミンEの取りすぎは、骨粗しょう症の原因になる」という話がでた。
これはサプリメントの危険性の検証だと思う。
アメリカでは、サプリメントの摂り過ぎで、さまざまな病気がでているという。
確かに摂り過ぎはよくない。
それも合成のモノを大量にとるのはよくない。
天然由来だといっても、サプリメントにする過程で人工的になる。

P1260053.JPG

いまだにコラーゲンを摂ると肌がきれいになると思っておられる女性も多い。
コラーゲンやエラスチン、コンドロイチンやグルコサミンもそうだけど、食べてから身体に取り込むのは、腸の絨毛細胞で、その時、いったんアミノ酸に分解されてしまう。つまり原材料になるということ。そして身体が必要としている場所に送られる。
だから顔や膝関節に行くとは限らないのです。
コラーゲン鍋を食べた翌日は、お肌がツルツルになったというのは、脂が浮いている状態なんですよ。
夢を壊してすんません。
それからコラーゲンやビタミンC入りの化粧品は、あまり効果ないかも。
(ビタミンCは酸化防止剤としていれるんです)
皮膚には、そんな能力はないのです。
効いたとしても、おそらくプラシーボ(プラセボ)効果でしょうね。
薬学博士といっしょに仕事をしていたので、そんなことは常識なんです。
でもテレビではいまだに言っているのが不思議。
テレビやラジオも収益が悪化しているから、健食業界の広告を断れないんだろうな。

P1260020.JPG

漢方薬でもそうだ。
副作用がないことはない。
「証(しょう)を立てる」という漢方医による処方でないと危険なんですよ。
西洋の医者はそれができない。
だから副作用はないというのも間違い。
これも漢方の専門家といっしょに仕事をしたからわかるのですよ。

ビタミンEの問題は、マウスと人間は違うということを言ってない。
投与の量が違う。
骨粗しょう症になると研究者は言う。
その学者さんたち、自分で人体実験をしてみたらいい。

情報を冷静に判断した方がいいかもしれませんね。
テレビの健康番組もあまり観ない方がいいですよ。
情報が歪んでいますからね。

※ブログで書く内容じゃなかったかも・・・

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(6)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
いらんこといい ブログトップ