So-net無料ブログ作成
風景・和菓子 ブログトップ
前の10件 | -

初夏ですね [風景・和菓子]

DSC06712.JPG

京都市内は、昼間初夏のような気温です。
この寒暖の差は、すごいですね。
身の回りでやたら亡くなる人が多い。
西行法師の辞世「願わくば 花の下にて 春死なむ その如月の 望月のころ」じぇないけど、ちょっと季節はずれているけど、死ぬにはいい時期なのかもね。
最近、家族葬が多くなりました。
訃報を聞いても告別式としてはないのが多い。
高齢者の場合は、そうなりますね。
親戚縁者が離れて住んでいて、参列するにも参加できない場合が多い。

DSC06704.JPG

本日の写真も東福寺なんです。
実は、東福寺に3回行っている。
一昨日は、京女と二人で東福寺だった。
京女とお寺に行くのは、法事以外なかったかも。

DSC06709.JPG

でも新緑を体験させたかった。
素晴らしいですからね。
この新緑の東福寺もいずれ観光客がドッと押し寄せることになるのかな?

DSC06716.JPG

そういえば、いまの京都市内はスイカの種が多くなっている。
スイカの種とは?修学旅行生を指す。制服を着てゾロゾロ色んな社寺を見学します。
昔と違うのは、ネットで食べる所を検索して色々な食堂に出没することかな。
見ていると結構贅沢なメニューを注文している。

DSC06718.JPG

でもスイカの種たちも京都市にとって大切なんです。
中高生の一番楽しいであろう修学旅行。
社寺仏閣なんか興味はないだろうけど、級友と楽しかった思い出は心にに刻まれる。
それが中高年になって、一番輝いていた舞台の京都に旅行に行くのです。
いわば鮭が生まれた川に帰ってくるように、京都に来る。
その時は、若い頃、気付かなかった景色に気付く。
それは、いいことなのかも。

DSC06727.JPG

海外からの旅行者は、どのような思い出を持って帰るのだろう?
ちょっと気になる。

P1110066.JPG
↑二條若狭屋「木の芽上用」
皆さんは木の芽とか、実山椒についてどう感じておられますか?京都の人間ってそれらは、絶対的な感じがするのです。木の芽がなければ成り立たないお料理なんかもあると思う。他府県で食べて木の芽が添えてあったらなぁ・・・と思う時がある。変わっているのかなぁ?

P1110075.JPG
↑上用、こしあん

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(6)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

深見草 [風景・和菓子]

「深見草」とは、牡丹の別名。
その他、「富貴草」「富貴花」「百花王」「花王」「花神」「花中の王」「百花の王」「天香国色」 「名取草」「二十日草(廿日草)」「忘れ草」「鎧草」「ぼうたん」「ぼうたんぐさ」・・・ひょっとして他にもあるのかも。

P1290335.JPG

東洋では、牡丹が花の王なんだそうです。
西洋では、薔薇。
日本では、菊なんだそうです。

P1290299.JPG

薔薇でも牡丹のような女性が側にいたら落ち着かないかも。
「京女さんは、違うの?」と言われそうですね。
京女は、宝塚歌劇風ではないのです。日本の古典芸能系なんです。
でも体育会系でもあるか・・・。

DSC01263.JPG
↑本家玉壽軒「深見草」

DSC01273.JPG
↑前は「寒牡丹」という名前と違ごたかな?

DSC01287.JPG
↑こなし、黒こしあん

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

若緑 [風景・和菓子]

DSC06495.JPG
↑本日の写真は、マンションからでた所から見える大木の新緑。

昨日、マンションから出て隣のお寺の高い木が緑に輝いていた。
思わず見とれてしまった。
写真では、それほど写っていないけど、私には、そう感じた。

DSC06496.JPG

DSC06497.JPG

気温も暑くも寒くもない。
程よい気温と湿度。
風もそよ風。

DSC06498.JPG

こんな近くで、いい景色に出会えた幸せ。
それからいったん部屋にもどり、支度し、強制的に散歩。
昨日は東福寺までいきました。
素晴らしい新緑でした。
何日かに別けて記事にします。

DSC06505.JPG

DSC06507.JPG

桜の花も綺麗だけど、私は新緑が好きかも。
目に優しいしね。(笑)
花の咲かない木でも新緑はあります。
生命が輝いているように感じる。
桜の花は、いいけど、木が必死になっているのがわかるのです。
痛々しく感じるのです。

P1620022.JPG
↑本家玉壽軒「新緑」

P1620064.JPG
↑きんとん、粒あん

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(6)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

花祭 [風景・和菓子]

花祭といってもアンデスのフォルクローレのことではありません。
お釈迦さんのお誕生日が昨日4月8日(本当は旧暦)なんです。
そのお祝いをするのが花祭です。
別名というか本当の名前は「灌仏会」。
以下は、以前の記事。
説明がやっぱり好きなので再び掲載しておきます。

DSC07242.jpg
↑蛸薬師堂(浄瑠璃山 永福寺)の、灌仏会(かんぶつえ)。

お釈迦さんは、生まれてすぐに七歩あるき、しかもその足跡に蓮が生えた!
そして、右手で天をさし、左手で地をさし「天上天下唯我独尊(てんじょうてんげ・ゆいがどくそん)」と言わはった。

DSC07240.jpg

天上——この天上に人間を支配するような神はいません
天下——この地上においても人間を堕落したり人間を誘惑したりする悪魔はいません
唯我——ただ私一人(いちにん)がここに存在しております
独尊——尊というのは、他のものに頼るのではなくて、私が私の心に向かって解決して行かなければいけない私一人がおります

DSC07236.jpg

この一人が、身口意の三業といいますますけれど、「何を行い、何を話し、何を思ってきたのか」このことだけが中心なのです。
ということを「天上天下唯我独尊」という言葉の中に凝縮されている。

DSC05272.JPG
↑二條若狭屋「春の水」

色んな解釈があるかもしれへんけど、この解釈が一番好き。
もちろん、京男が考えた訳じゃないですよ。清水寺の森貫主からお聞きしました。

DSC05277.JPG
↑煉切、黒こしあん

やっぱりお釈迦さんぐらいになると違いますね。京男なんか生まれてしばらく泣かなかったらしい。真っ青で。産婆さんに逆さにされて、お尻を何回か叩かれ、しぶしぶ泣いたらしい。もちろんそのため、お尻に青あざが付いていたらしい。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(7)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

かなり散っただろうな [風景・和菓子]

DSC03075.JPG
↑近所の学校の桜

昨日、夕方からポツリポツリと雨。
微風でも散っていた桜の花は、どうだっただろう?
いずれにしても、明日雨がするらしいので大部分の桜の花は散る。
でもよく花が持ったと思います。

DSC02789.jpg
↑聖護院門跡の桜

バス車内のポスターで、醍醐寺が4月8日(日)豊太閤花見行列があるそうです。
ここまで桜の開花が早いとは思わなかったでしょうね。
やると決めた以上、桜が散ってもやらないといけないでしょうね。
豊太閤花見行列は、いつだったか調べました。
慶長3年(1598)の春に行われたそうです。そのために境内に700本ぐらいの桜の木を植えたそうです。すごいですね。
でも秀吉は、慶長3年8月18日に亡くなっている。最後の花見だったようですね。

DSC03292.JPG
↑実家の庭

この豊太閤花見行列は、毎年4月の第2日曜日なんだそうです。
今年のような状態なら第1日曜日にしないといけませんね。
でもこればからいは、わからない。
こういう自然相手のイベント関係者は大変でしょうね。

DSC01211.JPG
↑長久堂「ひとしらべ」

DSC01214.JPG

DSC01241.JPG
↑上用、黒こしあん

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(7)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

疎水桜 [風景・和菓子]

DSC07038.JPG

そろそろ桜も終わりになってきました。
今年は、例年より早いけど、雨が降らなかったので長く持ったように思います。
人も多かった。

DSC07041.JPG

雑用が多くて、桜で有名な場所に行けなかった。
個人的には、ベランダ桜で十分満足。
でもブログ的には、もうすこしなんとか写真を撮りたかったな。

DSC07050.JPG

DSC07108.JPG

でも有名スピットに行くと後悔するのです。
あまりにも人が多くて撮影できない。
結局、上を見上げた写真になり、何処かわからない写真になったりします。
人を消すことも計算して撮影。
なんか邪魔くさい。

DSC01196.JPG
↑長久堂「清明」・・・握り寿司に見えるのは私だけかな?

DSC01202.JPG

DSC01222.JPG
↑小田巻き、こなし、白こしあん

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(7)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

桜吹雪 [風景・和菓子]

DSC06256.JPG

京都市内の桜は、散り始めました。
ちょっとした風でも桜吹雪状態。
こういうのもいいですね。

DSC06259.JPG

31日午前11時25分頃、京都市東山区東福寺近辺の路上でイノシシみたいな女子校生が暴走・・・じゃなかったセーラー服を着たイノシシが女子校生に噛みついた・・・じゃなくて、2匹のイノシシが角材を持った大工さんと約10分間戦った!
でもイノシシに角材はまったく通じなかった。おそらくイノシシ形をした宇宙人だったかも。
取りあえず大騒ぎで、まだイノシシの親子は、まだ捕まっていないらしい。
どうやら竹林のタケノコを食べに出て来ているらしい。
それとも清水寺に花見に行く途中だったかも。
油断は、禁物ですね。
山猟師さんに上洛してもらい、そこら中にマーキングしてもらうというのはどうやろ?でも高いところは、勢いがないからダメらしい・・・。

DSC06268.JPG

昨日は、実家に行き、父親に経済動向と国際情勢についてレクチャーした。
あまりの荒唐無稽さに、絶対エプリルフールだと思われただろう。
ホントなのに・・・。
リニアモーターカーは、完成しないだろう。まあ、二人共恐らく死んでいるから乗れないだろうと大笑い。
京男なんかリニアモーターカーに乗ったら人工股関節が外れると言ったら、一昨年、病院でMRI検査をしたけど、人工股関節が身体から出かけたのでびっくりした!あれよりもっと強力な地場だから、本当に危ないかもと話したら父親は妙に納得した。
訂正せすに帰ってきてしもた。
デイサービスに行った時、他の人にしゃべったら、ボケタと思われるかも。

DSC01092.JPG
↑亀屋良長「花おぼろ」

DSC01102 2.JPG

DSC01102.JPG

DSC01126.JPG
↑外郎、桜の花、白あん 

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(6)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

駆け足開花 [風景・和菓子]

DSC02508.JPG

京都市内の各所は、どこも開花状態。
来週末までは開花を保つのは厳しいかも。
そこまで急がなくてもいいのにね。

DSC02589.JPG

いつもより一週間は早い感じがします。
気温の急上昇が原因。
これから毎年こうなっていくのだろうか?
旅行を計画されている人は悩むところです。

DSC02604.JPG

それにしても観光客や花見客の多さにびっくりします。
京都ブランド桜の人を引きつける力はすごい。
京都に住んでいる人間には、それほど魅力を感じないのですよ。
桜の魅力より、人の多さが嫌ですね。
もっとも私だけなのかもしれませんが。

DSC06255.JPG
↑もうこれだけ花弁が散っています

昨日の朝、ベランダに部屋から足を出し、日向ぼっこしていました。
寝転んで桜を見ていた。
なんとも気持ちいい。
食事もいつでもできるし、飲み物もある。
やっぱり家の桜がいいかも。

DSC01094.JPG
↑亀屋良長「花重ね」

DSC01109.JPG

DSC01114.JPG
↑羊羹、白あん

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

開花の早さにビックリ [風景・和菓子]

DSC05703.JPG

DSC05705.JPG

朝、三分咲きだったのが夕方には七分咲きになっている。
咲き急いでいる。
「桜さん そんなに急ぎ 何処へ行く」
なんて言ってしまうぐらいです。
DSC05708.JPG

桜の開花にともない、どこもかしこも人だらけ。
人ゴミが苦手な私は、できるだけ外に出ないようにしているのですが、用事が出来てしまう。
移動してもバスが人でいっぱい。
ランチを食べようと思っても行列。
いつから日本は物資不足になったのか?と思うほど。

DSC05709.JPG

歩いていてフト「こんなに人が多いのをしっかり味わっておくように」と考えが浮かんだ。するとこの人ゴミも劇的に減る可能性もあるのかな。
国会でつまらぬことをやっているけど、世界は大きく変化している。
日本は、世界から取り残されているかも。
きっと米国に訳のわからない要求を突きつけられるだろう。
それに対し、交渉できる人がいない。悲しいですね。
そういう時に何かが起こるのかも。想定外の。
この人ゴミもまもなく見られなくなる?

DSC05715.JPG
↑五条大橋

DSC05718.JPG

自然のテンポが早いと不安になりますね。
原因がよくわからない。
今年は、どうも大激変の年かも。
以上なんの根拠もなく感じました。

P1610621.JPG
↑二條若狭屋「爛漫」

P1610641.JPG
↑羊羹製、栗あん

DSC00994.JPG
↑2018年3月27日午前7時ベランダ桜。東山山麓なので朝日がまだこんな状態。

DSC00995.JPG
↑日当たりの影響もあるのでしょう。開花にバラツキがある。今日、気温が23度ぐらいになるらしい。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(8)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

御所の梅 [風景・和菓子]

DSC05146.JPG

DSC05147.JPG

昨日は、午前中かなりハードに動いた。
父親のリクエストがあったので、モノを調達。
ついでに私の病院へ。
疑問点をドクターに聞き、クリア。

DSC05151.JPG

それから実家に行った。
それをセットアップし、問題解決。
次いで、父親がわからないPCの使い方を伝習。
何回もやってもらい、頭でなく身体で覚えてもらった。
何回も何回もやってもらった。
夜、電話で説明するのが難しいですからね。

DSC05159.JPG

DSC05160.JPG

それから税務署へ。
行くと提出の行列が・・・・。
最初ラーメン屋かな?と思った。
それが行列。
仕方なく待つ。お茶もでない!イスも無い。
サービス悪い!

DSC05161.JPG

やっと順番が来て提出。
還付は、一ヶ月後ぐらいになるらしい。

DSC05162.JPG

それから府庁前に行き、昼食。
それから表題の御所に行く。
梅苑を見にです。
ちょうど満開状態だったかも。
場所によっては、蕾だったりした。
数日、写真を紹介します。

P1260399.JPG
↑本家玉壽軒「若菜摘み」

P1260416.JPG

P1260453.JPG
↑団子生地、黒粒あん

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(7)  コメント(6) 
共通テーマ:地域
前の10件 | - 風景・和菓子 ブログトップ