So-net無料ブログ作成
風景・和菓子 ブログトップ
前の10件 | -

旧三条大橋の石柱 [風景・和菓子]

DSC09555.JPG
↑三条大橋、かなり老朽化が目立ってきましたね。

急に冷えてきましたね。
服装選びが難しい。
昨年の今頃、何を着ていたのか思い出さないといけない。
さてとなると、憶えていない。
もう暑くならないかな?
でも電車やバス、建物の中では、暑かったりします。
外では、かなりのスピードで歩くので、止まるとドッと汗をかいたりするので要注意。早く冬になって欲しい。思う存分動けますからね。

DSC09556.JPG

DSC09558.JPG

日曜日は、台風が近づくらしい。
選挙に影響するだろうな。
今度の選挙、もう一つ論点がハッキリしないように思う。
もっと時間をかけて議論をした方がいいように思うけどな。
そうか、それだけの内容がないのか。
いつも書いているように「コイツだけは絶対議員にさせてはいけない!」というマイナス票があってもいいと思うな。

DSC09563.jpg
↑これが旧三条大橋の石柱。

高札を書き写しました。
高欄に付けられた擬宝珠には、三条大橋は、豊臣秀吉に名により増田長盛が奉行となって、天正18年(1590)正月に日本で初めての石柱橋として架けられたと書かれている。
この石柱はその時の橋脚に使われたものと考えられ、「天正17年津國御影7月吉日」と刻まれていることから、現在の神戸市東灘区から切り出された花崗岩製であることがわかります。
なお、現在の三条大橋の下流側の橋脚にも当時の石柱が使われています。

DSC09561.jpg
↑きっと豊臣秀次の事件なんかも見たんだろうなぁ・・・。

当時の石柱がまだ残っているのは、なんとも不思議な感じがしますね。
この三条大橋、ソロソロ作り替えないといけませんね。

DSC09428.JPG
↑長久堂「栗ひろい」

DSC09464.JPG
↑備中白こし、栗、黒こし

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

「三条寺町」or「寺町三条」 [風景・和菓子]

DSC09587.JPG
↑「梅園」になってしまった「キッチンりゆうかい」の方が味わい深かったのにな。

京都の交差点名でどちらが正解か悩む時はありませんか?
京都市内の道路は、平安京の名残をとどめているので、碁盤の目のようになっている。しかも山と川があるので方角がわかりやすいのです。
私は、生まれも育ちも京都人。
そんな人間は、碁盤の目のような道と山で迷ったりしない。
東京に行くと山が見えないのでとても不安になる。
方角がわからないからです。

DSC09588.JPG
↑三嶋亭

でも交差点でここは、どういう地名になる?と考えるとちょっと悩む時がある。
自分が住む近所なら地名で悩んだりしないけど、ちょっと離れた所だとどう表現したらいいのか悩む時がある。
タクシーに乗って指示をする場合なんかもそうです。

DSC09589.JPG

平安京は、中国・唐の長安にならい「条坊制」を取り入れた。
都を縦横の大路で区切り、東西の区画を「条」、南北は「坊」と呼んで地所の表記とした。公文書の順序は「条」が先になる。 平安末期には庶民に身近な通りを組み合わせた呼称が増えるが、東西を先に呼ぶ習慣は引き継がれたのです。

DSC09591.JPG
↑三嶋亭

タイトルに対する答えは、三条通が東西で、寺町通が南北なんです。
だから東西の三条通が先になる。
つまり「三条寺町」となるのです。

DSC09593.JPG
↑かに道楽、ここは入ったことがない。

「東西南北」というのも偉い順なんです。
東の方が西より偉い!
南の方が北より偉い!

DSC09598.JPG
↑矢田寺

五山送り火で一番偉いのが「左大文字」。京都市の地図でいうと東になる。地図でいうと右側になるのにです。小さい時は、これでちょっと悩んだ。「地図の右にあるなら右大文字?」と思いますよね。
これは、天皇さんの政務をする時、「君子南面」つまり天皇さんは、南を向いて仕事をされるのです。天皇さんは、南を向いたはるから左大文字となるのです。
しかも東山から太陽が昇る。だから東山の方が西山よりも偉いのです。
南の方が北より偉いのです。

DSC09399.JPG
↑亀屋良長「秋風」

お雛さんの並びも本来は、男雛が向かって右、女雛は左が正解なんです。
これが大正天皇即位の礼の時、諸外国来賓の人達に合わせるために、天皇が向かって左に立たれた。明治の文明開化の影響なのかも。以来、関東の雛人形の並びが変化した。でも京雛は、昔ながらを継承している。

DSC09411.JPG
↑きんとん、粒あん

脱線ついでに「上ル、下ル」についても書いておきます。
先ほど「君子南面」と書きました。
天皇さんは、北を背にして南を向いて仕事をされます。
だから、天皇さんの所に行く(つまり北に行く)のを「上ル」といいます。
逆に天皇さんから離れて行く(つまり南に行く)のを「下ル」といいます。
タクシーで「そこの道を北に行ってください」という時「そこの道を上がってください」で通じます。時々他府県の人がタクシー運転手になりたてだったりすると「?」となりますけどね。
私が家に帰る時「馬町を東に登ってください」といいます。坂を登る訳ですから。
逆に出発する時「女坂を転がり落ちてください」なんか女性の群れに転落していくイメージがして面白いけど、こんな風にはいいません。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(3)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

秋の気配 [風景・和菓子]

DSC04597.JPG

昨日は、結構暑かった。
なななんと!ツクツクボウシが元気に鳴いていました。
また夏が戻ってきたような感じでした。
服装も夏仕様に戻しましたよ。
そうでもしないと対応できない。

DSC04600.JPG

実家に行く前に、デパ地下で買い物だったのですが、人が多い。
東大路は自家用車や市バスで交通停滞。
浴衣に毛の生えた程度を来た観光客は、暑そうだった。
どうしてあんな不細工な着物モドキを着ているのかな?
見ていて恥ずかしくなりますよ。

DSC04601.JPG

祗園の八坂神社辺りは、初詣のような人数でした。
あの人達、なにが面白いのかな・・・。
ちっとも楽しそうに歩いていないように見える。
疲れているような感じが多い。
暑くて、飲み物やアイスクリームを食べながら歩いている。
たとえモドキでも着物で食べながら歩きは、ちょっと見苦しい。
市バスに乗るための長い行列も辛そうだ。

DSC04610.JPG

もっと京都郊外の景色のいいスポットの方がいいと思うけどなぁ・・・。
やっぱり京都ブランドがいいのかな?
京都国立博物館では「国宝」がすごい人らしい。
チケットを買うのに並び、博物館に入るまでに並び、中に入るのに並ぶのだそうです。私は無料だけど・・・並ぶのはいややなぁ・・・。
油滴天目をもらえるなら嬉しいけど。

P1660527.JPG
↑亀屋良長「山柿」

P1660575.JPG
↑煉切、白柿あん

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(5)  コメント(7) 
共通テーマ:地域

寒雨 [風景・和菓子]

DSC09366.JPG

DSC09367.JPG

昨日は、雨でした。
京男の病院外来で朝から病院へ。
三ヶ月に一度は致し方ない。
自分の足で歩いて病院に行くのですから文句は言うまい。

DSC09370.JPG

DSC09371.JPG

でもやっぱり傘は差さない。
病院に近づくとポツリポツリと降りだした。
でもアーケードなので問題ない。
昨年、手に入れたバラクータG9を着ているので雨も嬉しいのですが・・・。
このバラクータ、2013年からイタリアのアパレル大手「WP Lavori社」の傘下になってしまった。だからシルエットが細見になってしまった。前のシルエットの方がよかったのに・・・。
まあ、前のG9もあるのです。本当は同じモノが欲しかった。
実は私のサイズが小さくなってしまったのですよ。ちょっと悲しいけど。

P1580407.JPG
↑本家玉寿軒「秋の音色」

P1580428.JPG

昨日は、ゴアテックスの帽子もあるから小雨程度なら全然問題無い。
なんて思うと雨が降らないものです。
無事病院に到着。昨日は採血をする。
そこから診療まで1時間待った。
診療時間には、血液検査の結果が出ていた。
肝臓の数値意外は、問題なし。この肝臓の数値は薬を飲み続けていることが原因。
なんのための薬なんかなぁ・・・。
次回の予約が来年の一月、それも松の内。
「良いお年をお迎えください!」と挨拶。

P1580506.JPG
↑道明寺製、粒あん

それから会計で30分、薬局で1時間。
グッタリしてしまいました。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(4)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

やっと秋らしい雰囲気になりましたねぇ [風景・和菓子]

服装が秋になりました。
セミはそろそろ鳴かなくなりましたね。
もうすぐ10月。

DSC08570.JPG

なんて言いながら、夜中は暑さで目覚めたりします。
湿度がすごい!
昨日は、除湿モードで空調を動かしていました。
70%ぐらいの湿度だった。
その前は、蚊の羽音で夜中目覚めて、蚊取り線香を探し、スイッチを入れたりしたのはよかったけど、すっかり目が覚め、睡眠が中途半端な状態だったり・・・。

DSC08847.JPG

DSC08856.JPG

DSC08862.JPG

早く本格的な秋になってほしいものです。
植物や生菓子を見ているとすっかり秋モードになっています。
早く秋になって欲しいと心から願っております。
まあ、心配しなくても涼しくなっていくでしょうけど。

DSC08757.JPG

もっと秋の風景の撮影をしたいと思うけど、デスクワークがやたら増えている。
ありがたいことなのですが、目にすごく負荷をかけていますね。
集中が必要な作業が長時間続いております。
野外でゆっくり散歩したいものです。

DSC09304.JPG
↑長久堂「宇治の雲」

DSC09312.JPG
↑雲を表現しているそうです。中に栗がコロンと入っている。

DSC09336.JPG
↑かのこ栗、備中かのこ豆

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(2)  コメント(8) 
共通テーマ:地域

源氏物語執筆地 [風景・和菓子]

DSC08902.JPG
↑廬山寺

ここは、廬山寺(ろざんじ)もとは平安時代前期に創建された天台宗圓浄寺系の本山で、京都の北、船岡山の山麓にあったと伝えられます。しかし、たびたび兵火に遭い、1573年、豊臣秀吉の都市計画に従って、現在の場所に移りました。

DSC08900.JPG

この廬山寺の場所は、元々紫式部の邸宅跡だったそうです。ここで『源氏物語』を著し、子供を育てたのでしょう。府立病院も近いし・・・その頃はなかったか。
きっと静かな所だったのでしょうね。
この廬山寺、節分の時は来たことがあるけど、お庭の所は入ったことがないです。

DSC08903.jpg
↑廬山寺近くにあるお地蔵さん

DSC08905.JPG

DSC08908.JPG
↑なかじま(食堂)、小さく感じる。小さくなった?

このお店は「なかじま」。昔、来ていたことがあります。食べに入ろうかと思ったけど、量が多かったら困るのと、ネコを飼っておられたのか、オシッコの匂いが嫌でいかなくなった。今は違うかもしれません。学生食堂っぽい感じのお店で、安くて量が多かったと思います。

DSC09244.JPG
↑長久堂「月読みの道」

DSC09240.JPG
↑「月夜見・月読み」は月の異名または、月の神。『万葉集』の670、3245にでてきます。

DSC09278.JPG
↑みじん羹、栗入り道明寺

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(5)  コメント(8) 
共通テーマ:地域

神社にマンションねぇ [風景・和菓子]

DSC08779.JPG
↑京都御苑の空はすごく広い。

昨日は、歯を磨きに行く。
3〜4ヶ月に一度、歯科医院に行きます。
歯石や歯垢の手入れなんです。
特にこの夏は、疲労が蓄積したかも。
ドクターに聞くと、歯のトラブルになって来られる人が多いそうです。
私はそこまでではないけど、注意しないとね。

DSC08781.jpg
↑梨木神社へ向かう。東側の細い道を北へ歩く。自転車が怖いですね。なんとかならないのかな・・・。

折角京都御苑の近くに行ったのだから、京都御苑に行ってみる。
行っても花が咲いている訳でなし、極めて地味。
でも写真のように広い。
これぐらい広い空が見られるのは、ここだけでしょうね。
電線もないしね。

DSC08783.JPG
↑これが梨木神社の南側の鳥居。マンションがあるのでビックリします。

DSC08784.jpg
↑鳥居をくぐるとマンション沿いに細い道がある。

花・・・そうだ、萩の花のシーズンだと気付いた。
結局、京都御苑の中を東に歩いた。
この辺りで萩といえば梨木神社なんです。
でもマンション建築という騒ぎがありました。

DSC08785.JPG
↑マンション沿いに北へ進む

神社の話によると本殿やその他の施設が老朽化して、修復したいのだけど、予算がない。ああいう予算は、神社本庁から援助があるそうです。
でも順番があり、なかなか順番が回ってこない。
独自にやるにも氏子が減って、出してくれる人も少ない。
そこで神社の敷地にマンションを建築して、その借地?でとなったらしい。
詳しくは、わかりません。

DSC08787.JPG
↑これが神社への道らしい。右に見えるのがマンションの入り口?

DSC08786.jpg

それで神社本庁ともめたらしい。
結局、神社本庁から脱退してと思います。
神社本庁って聞き慣れないでしょ。
国の機関かなと思っていたら、そうでなく、宗教法人なんです。
そこが神社・神職の指導、祭祀・地域活動の振興を図る活動などを行っており、また、神社の活動の広報窓口となっている。
つまり、ほとんどの神社が所属している。

たくさんの人間が集まる弊害が出てくる。官僚的になり、本来の活動をしていないかも。
だから、いろいろな問題で末端の神社ともめます。
だから、脱退する神社が出てくる。
新熊野神社も確か脱退したと思います。神道の考え方の問題だったように思います。
でも新熊野神社は氏子組織がしっかりしているので、うまく運営されているように思いますね。

DSC09204.JPG
↑長久堂「背戸の秋」

この梨木神社の場合は、お金の問題。
下鴨神社もお金の問題でマンションの話が出て来ていますね。
神社の運営って結構大変なんでしょう。
お寺と違ってあまり拝観料もとれない神社も多い。しかも高齢化で氏子組織も弱くなっている。だいたい神社って何をしているのか、もうひとつわからない。

DSC09209.JPG
↑「背戸」?童謡の「里の秋」という歌に「お背戸に木の実の落ちる夜は」というのがある。木の実(どんぐりや椎の実)が落ちると跳ねてコンと引戸に当たる音。昔の夜は静かだったのでしょうね。その音で秋を感じたのかも。店員さんに「このデザインは何に見えますか?」と質問された。思わず「軍艦巻」と言ってしまった。すんませんねぇ・・・。

伏見稲荷大社は、いま観光客が行くナンバーワンらしい。
あそこは、拝観料は取ってない。だから外国人がよく来るのだと思う。
信仰なんて全然関係ない外国人ばかりが来る。
神さんの立場からしたら、嫌だろうな。

DSC09232.JPG
↑小倉羹、かぼちゃあん

宗教の劣化が激しいように思います。
いまほど宗教が必要な時代はないのにね。
日本の場合、他の国のように宗教が元で紛争が起こったりしないだけましかも。
日本でも政治や経済の裏側で宗教が絡んでいる場合が多いですよ。
ほとんど表沙汰にならないだけです。
他の国もそうかもしれません。
これからどうなっていくのでしょう?
日本は、根強い拝金教がはびこってきていますね。
でもお金をたくさん持っていても、彼岸に持っていけないのも事実なんですけどね。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(5)  コメント(8) 
共通テーマ:地域

本日籠城 [風景・和菓子]

DSC08542.JPG
↑本日の写真は、妙法院の風景

今日は、京都市内でも少しは台風18号の影響があるようです。
それにしても最近の台風は変ですね。
海水温が高いからなんだそうです。
だったら大きな氷を入れたらいいように思うけど、そんな大きな氷はない。
北極ぐらいから氷山を引いて来るなんてのはどうやろ。

DSC08544.JPG

DSC08546.JPG

台風のエネルギーってすごいのだそうです。
核兵器や地震のエネルギーよりずっと大きいのだそうです。
ただ、広範囲に分散しているから、エネルギー量が高くても核兵器や地震に比べ被害が大きくないらしい。

DSC08604.JPG

この台風18号が通り過ぎたら秋の空気に入れ変わるのかなぁ・・・。
もうお彼岸も近いのですから、そろそろ秋らしくなってもいいと思う。
京女によると次女が京都市内に帰ってくるらしい。
結婚式に参列するらしい。
こんな日の結婚式は困りますね。
参列者が台風の影響で集まらなかったりするだろう。
昔と違って交通機関がすぐに止まりますからね。

DSC08605.JPG

そうそうこの近くの三嶋神社も昨日と今日お祭らしい。
そういうのも困るでしょう。
連休だから京都に旅行に来る人もいるだろう。
ホテルとか予約してあったらキャンセルする訳にもいかないしね。
今日は、混乱の一日になるでしょう。

DSC09202.JPG
↑塩芳軒「秋いろ」

DSC09223.JPG
↑かぼちゃあん、白こしあん

私は、昨日実家に行き「明日は、お休み」と言ってあるのでいきません。
昨日、実家の帰りに百貨店で二日間の食料品を買い込んだ。
だから本日は、籠城なんです。
デスクワークもやらないといけないしね。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(5)  コメント(10) 
共通テーマ:地域

そろそろ秋かなぁ [風景・和菓子]

DSC08536.JPG

昨日は、いい天気でした。
夜は涼しくなったとテレビで言っていた。
昨日午前2時ぐらいに汗で目が覚めた。別に悪夢を観たわけじゃない。蒸し暑かった。空調を除湿にして作動させた。ついでに扇風機も作動させた。
早く秋になって欲しいものです。

DSC08547.JPG

そういえば、敬老の日が18日(月)やね。
16日(土)・17日(日)で三連休。
「敬老」目的でなく、連休で遊べという政府の陰謀やね。
政府は、「軽老」政策やものね。
敬老の日ぐらいゆっくり休まして欲しいな。
まあ、今回の三連休は、台風18号が日本に来るみたいだし、食料を買い込んで家でゆっくり休めるかも。台風さんありがとう!

DSC08566.JPG

来週20日(水)が彼岸入りで、23日(土)が中日で、26日(火)が彼岸明け。
先月、此岸に先祖・故人が帰ってきて、送り火で送ったとことちがうんかなぁ・・・なんか納得できない。それなら送らんとずっと此岸にいたはったらええのに。
交通費とか色々経費かかるんと違うんかいな。

DSC08590.JPG

先祖・故人って、この此岸が気になるんやろか?
気になるなら、供養の仕方が悪いと思う。
お布施だけとっていい加減なお経を唱えているからそんなことになる。
珍皇寺へお精霊さんを迎えにいっている雰囲気では、ご先祖や故人は地獄に行っている雰囲気やね。確かに極楽ってシーンとして精進料理しか食べさせてもらえないかもね。酒池肉林じゃなさそう。いまの若者風にいうとインスタ映えしないかもね。最初はいいけど、飽きそうやもの。
人間は、やっぱり地獄の方が好きかもね。
血之池地獄で自撮りなんてオシャレ。
しかも貧血の人には、嬉しいプール。
美鬼なんかもたくさんいそうやしね。

DSC08607.JPG

そうか!いまの人間にとってスマホとかネットがないのが真の地獄やね。
誰も振り向いてくれない。
恐怖なんだろうなぁ・・・。

P1710260.JPG
↑京都鶴屋鶴壽庵「女郎花」

P1710283.JPG
↑外郎、黒こしあん

バスや電車で見ているとほとんどの人間がスマホを弄っている。
マスターベーションを憶えたサルやね。
みんなの表情が無表情なのが怖い。
楽しそうじゃないものね。
あの景色って地獄の景色かも。

秋の話題と全然関係ない話題になってしもた。
すんませんなぁ・・・。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(4)  コメント(8) 
共通テーマ:地域

蓮の花托が怖い? [風景・和菓子]

DSC08517.JPG
↑智積院

夏と秋、一進一退状態が続いている。
窓を全開とクーラーフルパワーの鬩ぎ合い。
油断すると夜中に汗まみれで目が覚める。
オシッコで目が覚めるのと汗で目が覚めるのとどちらがいいのか?
やっぱり頻尿かな・・・。
父親と話すと「オレは最近汗はかかない」なんて言う。
それを聞いて「汗をかなないのはいいけど、オシッコ漏らしたりしてない?」なんて言ってしまう。

DSC08524.JPG

そういえば、来週は「敬老の日」やね。
敬老の日には、551の豚まんやね。
それとも赤福餅を食べ放題。
どっちがいいかな?
奮発して551+赤福餅、父親の夢の組み合わせ。
「551の豚まんのある日♪」やね。
それにラーメンなんかをプラスしたら、「夢の三重奏」や。
もっと奮発して、ノンアルのビールもつけよう!「夢の四重奏」やぁ〜。
こんな父親に育てた憶えはないのに・・・。

DSC08528.jpg

本日の写真は、智積院の小さな池の蓮。
当然、花が終わり花托(かたく)が渋い感じになっていました。
人によっては、恐怖の写真なのかもね。

DSC08533.JPG

蓮の花托や蜂の巣のようなものを見ると嫌悪感や恐怖感を持つ方がおられるそうです。
トライポフォビア(集合体恐怖症)という現象。
男性は10人に1人、女性は5人に1人がトライポフォビアなんですって。
自分の皮膚にこんなブツブツができたら恐怖だろうな。
私の小さい時は、よくそういう状態でした。
ああいうのが小さい時からすり込まれている人がいるのかも。
私は、平気ですけど。

DSC06712.JPG
↑塩芳軒「菊重」

DSC06745.JPG
↑つぶあん

集合体恐怖症なんていったら、この生菓子だって、怖いかもね。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(3)  コメント(8) 
共通テーマ:地域
前の10件 | - 風景・和菓子 ブログトップ