So-net無料ブログ作成

カラフル地蔵たち [風景]

嵯峨野を歩いていて、このお堂が気になった。
よく見ると何とも可愛いお地蔵さんがいた。
思わずカメラを取り出し撮影させてもらう。

DSC04617.JPG

地蔵盆の時のメイクだと思うけど、ここのお地蔵さんはカラフル。
近くに美術系の大学があるからなんだろう。
楽しそうに化粧されている。

DSC04604.jpg

神仏と人間は、こんな感じの付き合いがいいな。
いっしょに楽しく日常を暮らす。
「お地蔵さん、おはようさん!」
「お地蔵さん、こんにちは」
そんな感じで声を掛ける。

DSC04606.jpg

これらのお地蔵さん、嬉しそうに見えませんか?
人間とうまく付き合えている。
こんな感じでいいのです。
教団で大層なお経を唱えたり、お布施がたくさん飛び交ったりしないするのは、これからの時代でないように思う。
宗教でなく信仰でいい。
人間は、何かを信じたいものです。
でも信じる対象との距離間が難しい。

DSC04610.jpg

神仏との関係も、人間関係も、同じような距離間がいい。
どのような距離間か?
「温淡」がいいな。
温かく、淡く付き合う。
その逆は、ちょっと辛い。
「熱濃」は、暑苦しいし、長く付き合えない。

若い時、情熱的で突っ走る。
結果、うまく行かない場合が多い。
ほど良い距離間を保つことがいい。

DSC04614.jpg

「人」という字は、1がお互いに寄り添っている。
私は、そういうのはいややね。
「1ー1」がいい。
お互いに独立し、適度は距離間を持つ方が風通しがいい。
長続きする関係が保てるかも。

DSC04618.jpg
↑お堂の横にこんなのもあった

同じように「愛情」というのもいややね。
なんか嘘っぽい。
「愛情」から「情」を取り去った方がいい。
大きな「愛」で包み込む方がいい。
そんなの「情けない」というかもね。
私は、情けない人間です。
本当の本当は、「愛」というのもなんとなく胡散臭いかも。
人間が発する「愛」エネルギーを餌にする存在だってあるように思う。

「1ー1」→「○」というような感じかな。
なんか、わかったような、わからないような・・・。

◆おまけ
DSC04387.JPG
↑この子が現在我が家に居候中の子犬。名前は「もも」という。私は「くろ」と呼んでおります。次女が連れて里帰りなんです。3月には、帰るそうです。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(6)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

春待つ桜 [風景]

DSC03498.JPG
↑一昨日の枝垂れ桜

もう2月ですね。
寒さは、それなりに寒いかも。
でも朝、体操をする時、上半身は裸なんです。
昨日は、窓をすべて開けて1時間体操。
空気を入れ換えます。
こんなことをやっていると風邪とはあまり縁がないと思います。
もともと、アホなので風邪はひかないのかも。

DSC03501.JPG

DSC03502.JPG

そろそろ節分が近づいてきますね。
一番好きな季節。
気温も私にとっては最適な気温・・・10℃ぐらい。
雪が降ると東京方面は騒いでいるけど、京都市内は雪はあまり降りません。
もちろん降れば交通がエライ事になるでしょうけど。
そういうのは、数年に一度あるかないか。
京都市内は、盆地で守られているのかも。

DSC03504.JPG

さて、本日の写真は、京都御苑。
毎年、いまぐらいに記事にしていると思います。
好きな枝垂れ桜のいまの状態です。
蕾はまだ固い。

2017.3.23.JPG
↑昨年2017年3月23日の開花した状態

でも後50日ぐらいしたら桜が咲き出すでしょう。
これから、梅苑の梅が咲き、桃園で桃が咲く、それから桜です。
今年もきれいに咲いてくれることでしょう。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(6)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

御所の梅は蕾が固い [風景]

昨日は、歯科医院で歯磨きの日。
昨年の歯の根が割れていた影響で、歯茎が腫れ外科的な治療で治した。
その後の歯茎の状態がどうなったのかも知りたかった。
結果は、上々だった。
歯と歯茎の間が外科的治療をした所が6だった。
他の部分はオール2。
今回は、6だった箇所が3になっていた。
もう少しすればオール2になるかも。
歯茎の状態も極めて健康なんだそうです。
よかった!

DSC03512.JPG

昨年は、歯根のこともあり、奥歯を噛みしめられなかったかも。
歯根を治療したら、奥歯が噛みしめられるようになり、歩く力とスピード、敏捷度が骨折前の状態に戻りました。
ただ、歩くスピードや動きが速くなったのですが、人工股関節回りの筋肉がまだ十分に回復していないようです。
高速走行すると筋肉に無理を強いている。
奥の方が痛くなります。
だから、慎重に筋肉育てないといけません。

DSC03516.JPG

なんて思いながら、歯科医院の近くの京都御所に行ってみました。
本日の写真の感じです。
桜は、毎年早くに咲いている種類。
梅は、いつもならもう少し咲いているのですが、まだ蕾は固かった。
立春を過ぎないと本格的に開花しませんね。

DSC03519.jpg

御所を東に抜けて、ランチを食べる。
昨日はパクチー。
久しぶりだった。
写真は、後日紹介。

DSC03526.JPG

結局、府庁前から実家がある聖護院まで歩いた。
父親にいうと驚いていた。
私にとっては普通なんですが。
実家では、新しくなったiPadの使い方の説明をしておりました。
基本的な用語も解説本を持って行き説明。
今回は、音声入力を教えた。
テキストがうまく打てない場合に非常に便利な機能。
検索でも、iPadの場合「シリ(Siri)」と使うと便利。
ただし、発音をチャンとしないとSiriに「おっしゃっていることがわかりません!」と言われる。これがいいのです。独居老人の場合、あまり人と話さない。機械でも大きな声で正しく発音しないとならない。この作業が痴呆予防になると思います。

DSC03529.JPG

さて目論見通り上手く行くかどうか?
成功の確率は低いかもしれない。
でもやってみる価値はある。
継続していれば、いつか花が咲く。

DSC03548.JPG

お陰で家にタクシーで帰ったら夕方になっていた。
すごく疲れました。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(6)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

京都東山の雪 [風景]

昨日の朝、カーテンを開けるとこの程度に雪が積もっていた。
京都市内はこんなものです。

DSC02933.JPG
↑ベランダからの景色、おそらく清水寺もこの程度だったかも。

早朝、再び実家にiPadのために行く。
父親の軽はずみな操作でとても時間がかかることになった。
マンションを出たらタクシーが通ったので乗る。
いろいろ話しているとこの程度でも金閣寺あたりに行くと入場者の行列がすごいれしい。雪景色の金閣寺を観たいのでしょう。
きっと清水寺でもそうなのかも。

DSC02934.JPG
↑ベランダ桜

昨日は、実家での作業を午前中に終えないと駅伝の交通規制にひっかかる。
ちょっと焦って作業です。
アップデートしてロック状態になったiPadを復旧するために、PC本体のiTunesもアップデートしないとだめというのがわかった。
まだPC全体のOSをアップデートしないで済んだだけましか。
どうでもいい機能のため、小刻みにアップデートしないで欲しい。Windowsのように強制的に行われないだけましかも。

DSC02937.JPG

現時点で途中で作業を中断して帰ってきた。
益のないことに一日時間を潰されたくなかった。
取りあえず帰りは市バスに乗る。
乗って驚いた!日本語が聞こえない。
しかも大きなキャスター付きのキャリーバッグを乗せている。
狭い市バスをキャリーバッグが塞ぐ。
京都市の交通や観光担当の人、この状況、なんとかした方がいいと思う。
八坂神社や清水寺に近い停留所に近づくと、東洋系の観光客が駆け寄って止まりきってない市バスの外壁をドンドン叩くのです。危ないなぁ・・・。
焦るのはわかるけど、市バスが止まってからにしなさい。
なんか凄まじい状態です。

DSC02964.JPG

DSC02973.JPG

ついでにと三十三間堂で市バスを降りた。
昨日、「凍死や」じゃなく「投資屋」でもない「通し矢」をやっている。
行くつもりはなかったけど、見てみた。
マスクをしているから匂い対策もバッチリ。
いつか観に行った時、屋台の匂いがキツかった。

DSC02976.JPG

参加する人、付き添いの人、観光客、写真を撮る人、身動きがとれないぐらいごった返している。
やっぱり「無理」と撤収、だから写真はこの程度。

IMG_0749.JPG
↑京都人は大根と言えども安物は買いません

最後の写真は、京の台所「タベルト」で見かけたもの。
この大根の値段を見てください。
信じられない価格でしょ。
しかもこの程度の大きさなんです。

IMG_0750.JPG
↑白菜だってほら、このとおり

この白菜なんかも、思わず「nice!」と写真を撮りました。
大根に関して、昨年秋から全然安くならない。
お陰で我が家の大根炊きができない。
余っているところでは、棄てられたりしているのだろうなぁ・・・。
京都市内って、野菜が高いのです。もちろんお魚も。
果物もそうとう高いですね。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(7)  コメント(10) 
共通テーマ:地域

春への準備 [風景]

DSC01235.JPG

今週になると急に秋がなくなって来た。
観光の車で混雑していた道路が妙に空いてきている。
なんだろう?
昨日は、終日外出。

DSC01218.JPG

市バスやタクシーで移動していた。
タクシーの運転手さんも同じような印象だと言った。
なんだろう??
テレビでは、まだ京都の紅葉と言っているのにね。
混んでいるというのがネットで浸透したのかも。

DSC01190.JPG

昨日、いつものように智積院を通過した。
まだ、紅葉が見られる木もあるけど、殆どの木は終わってきた。
落ち葉が美しい。

DSC01200.JPG

DSC01202.JPG

ハクモクレンの冬芽が来春のため、毛皮に包まって冬の準備をしている。
防寒が完璧やね。
この冬芽って3枚重ねらしい。
芽が大きくなる度に毛皮のコートを脱いでいく。
最終的に春に花咲く。
面白いね。

DSC01213.JPG

梅の蕾もできていた。
後二ヶ月もしたら梅が咲き出すのかも。
節分が待ち遠しい京男であります。

DSC01243.JPG

毎年、上の写真の所で足が止まる。
電線さえ無かったらいいのに・・・。
この色合いが好きなんです。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(6)  コメント(8) 
共通テーマ:地域

歩きました [風景]

昨日は、午前中宅急便を出さないと外出できなかった。
宅急便のお兄さんに電話をすると急いで来てくれた。
頼んでみるものですね。

DSC00631.JPG
↑アマゾン「ヘレカツサンド」

早く終わったので外出。
歯科医院に行きたかった。
この間の工事部分の微調整。
舌が触る部分がまだキザギザしているのが気になっていた。
この段階が大切なんでしょうね。
これがうまく行ってないと舌癌になる。

DSC00635.JPG
↑きっとこの後、歩くためのエネルギー源

歯科医院で雑談をする。
有益な生の情報は貴重です。
それが終わってから、今度は散髪に行く。
誰も見ていないのはわかるけど、自分で気になるのです。
私自身の志気の問題。
また散髪屋さんで雑談。
いつからしゃべりになったんだろう?
ひょっとして「喋ったっきり老人」になっているんだろうか?

DSC00652.JPG

散髪が終了し、ランチへ。
ランチは、アマゾンねっ!
アマゾンと言っても通販ではない。
サンドイッチと珈琲が美味しい喫茶店。
名前は、通販のアマゾンよりずっと昔からあります。
昨日は、とても混んでいた。きっと博物館の「国宝」の影響でしょうね。

ランチの後、いったん家に帰ろうかと思ったけど、微妙に時間がない。
夕方に造形芸大に行かないと行けなかったのです。
ええいままよと写真を撮りに行く事に決めた。

DSC00654.JPG

この後、京阪電車に乗り七条駅から三条京阪移動、三条から東西線に乗り「蹴上」駅まで移動。
蹴上から南禅寺〜永観堂〜哲学の道〜銀閣寺〜京都造形芸大まで歩く。
銀閣寺が山だったのは計算外だった。
階段の登り降りが予想以上に多かった。
永観堂は、光の状態がよくなさそうだったので、中に入らなかった。

DSC00656.JPG

昨日は、最近の私としては多い11キロぐらい、歩数で換算すると15,000歩。
股関節が鈍く痛み出して来た。
これぐらいが限界なのかも。

これで当分写真のネタに困らなくなりました。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

歩きました! [風景]

DSC00139.JPG
↑本日の風景は、南叡山 妙法院。

DSC00140.JPG

昨日は、歩くことが多い日だった。
坂を降り東大路通、馬町から七条、バスに乗り五条大宮。
五条大宮から三条京阪へ。
三条京阪から四条西洞院。
四条西洞院から四条河原町。

DSC00141.JPG

昨日は、計測する腕時計を持ってないからどれぐらいかわからないけど。
夜になったらすごく疲れていた。
アホですね。
バスや電車を待つより歩いて方がいいと身体が考えたのかな。

DSC00143.JPG

昨日は、足の爪の手入れをした。
いつもは、父親だけだけど、たまには私の足の爪も手入れしたくなった。
足の爪の甘皮を綺麗にして欲しかったのです。
足の裏の厚ぼったい感じもちょっと気になってきたしね。
身体の要求を満足されるのには、お金がかかります。
父親は、明後日連れていく予定。
いっしょに施術してもらえばいいでなもんですが、二人並んでなんていやなんです。

DSC00145.JPG

仕事の作業もできたし、打合せもできた。
本日はデスクワークができるかな?
そうしないと明日外部での作業をやりに行く必要がある。
今週は、珍しく仕事で忙しい。
まあ、たまには仕事をしなくちゃね。

DSC00147.JPG

最近、外出した時、ゆっくり写真が撮れない。
気分の問題なのかな。
とにかく気ぜわしい。
あっという間に、今年も終わりそう。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(6)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

もう暑さは戻らないよね? [風景]

DSC00130.JPG

タイトルのように身体がいいます。
もうダウンジャケットを着ている人だっていますよ。
「大丈夫」と言われそう。

DSC00132.JPG

DSC00133.JPG

でも建物とか交通機関で居心地の悪い状態が結構ある。
市バスなんかにのると臭い!
この間なんかトイレのアンモニア臭がしていた。
回りを見渡すけど、誰も気付いていないようだった。
あれは、なんだったのかな?
おじいのチョロ漏れかな?
外人観光客の体臭だってある。お気づきですか?
最近、日本人の若者だって体臭が強くなってきている。
食べものの影響なんだろうな。それともストレス臭?

DSC00135.jpg

昨日は、早朝からずっと制作三昧。
細かい作業でした。
半日ぐらい経つと一度ベッドに倒れます。
目に使い捨ての蒸しタオルをのせて30分ほど休息。
聴覚は空いているので、本の朗読を聴いております。

DSC00137.JPG

DSC00138.JPG

夕方近くなり、業者さんに次の作業をしてもらうために行く。
本日の写真は、バスに乗るため通った智積院境内。
そろそろ秋色になってきた。
今年は、綺麗に紅葉するのかな?

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(5)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

お守りを求めて東寺 [風景]

DSC00086.JPG
↑バスで博物館の前を通るとこのような状態になっていた。

昨日、遠方からお客様がこられた。
ひょっとして久しぶりだったかも。
聞くと私と話すためだったのだそうです。
なんか恐縮してしまった。
でも話し出すと止まらない。
気が付くと3時間近くたっていた。
いい情報交流でした。
実際にやらないといけない事がたくさんでてきた。
うれしいなぁ・・・。

DSC00025.JPG
↑東寺食堂(じきどう)、ここでランチを食べたわけではありません。

ランチを食べようとしたのですが、ホテルのレストランがどこも満員。
こんな経験は初めてです。
いつも問題なにのに・・・。
それだけ人が多く京都に入ってきているのでしょう。
そういえば、八条口に行くバスから見た、京都国立博物館の「国宝」の人の多さにぞっとしました。
コツは、閉館間際に行くと並ばずにみられるのだそうです。
昼間いくと写真のような状態になっています。
写真は、チケットを購入する人の列です。だから展示の前の列はもっと並ぶことになる。2〜3時間待ちなのかも。私はそこまでして行きたくない。油滴天目茶碗でももらえるなら並びますが。iPhone程度ではならびません。

DSC00031.JPG

DSC00032.JPG

お客様がお守りが欲しいとおっしゃった。
「お守り?なんで?」
どこの社寺でもいいとのこと。
ここから一番近くでお守りを売っているような社寺となると・・・。
「本願寺がいい?」でも私自身お守りなんて買ったことがないのです。
タクシーに乗っても迷っていた。どうしよう?
そうだ!東寺に行こう!

DSC00035.JPG

ということで東寺に行ってみました。
ついでに東寺でランチを食べることにした。
いくらなんでも混んでないだろう。

DSC00037.JPG

その前にお守りだ。
御影堂あたりにお守りがあるかも。
でもいま工事中かも。
まあ、あるやろう。
行くと各種効能別のお守りがありました。(笑)
こういう経験は初めてでした。
お守りに仏さんをその場で入れました。
現場で入れるにかぎります。

DSC00039.JPG

それからお客様を贔屓に紹介しました。
食事をしながら岡田先生に電話をし、近くなので短時間ですが紹介することができました。
これで昨日のスケジュールは終了。
喉が枯れておりました。(笑)
本日はお話しを聞くだけだから楽かも。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(5)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

転ばぬ先の杖 [風景]

昨日は、父親を病院に連れていく日だった。
朝、電話をすると急にケアマネさんが昼から業者を連れて来るとのこと。
私がケアマネさんに以来していた件だからしかたないのか。
でも、なんで私に電話をしてこないのか?
今週の私のスケジュールはとても忙しい、介護問題で時間を取られるのがつらい。
しかも当日になってとはね。
介護の世界は、普通の社会と違うのかな?

DSC00006.JPG
↑今日の写真は、東寺の景色

取りあえず、病院に父親を連れて行く。
ドクターに依頼しないといけないことがあった。
でも父親の血液検査の結果で言えなくなった。
数値が上がっていたのです。
原因は、父親が転けて膝を打ち、腫れて痛かったからジッと動かない3週間だったからだと思う。動かないけどコンビニのおかずを買って食べていたのとビールを毎日飲んでいた!呆れてしまいました。

DSC00008.jpg
↑蓮がすっかり無くなっていた

しかも糖尿外来の診察室で、整形外科的な話とか、眼科的な話を父親がするのです。思わず止めました。同じ病院だから言いたかったのでしょうね。
高齢者は、そういう人が多いのでしょうね。
しかたなく私が父親の話を止めさせ、私が知りたい質問をササッとしました。
それで外来はお終い。父親は、もっと喋りたかったのでしょう。でもあの忙しい総合病院で患者達が本来の話をするのは、いけないですね。何を言いたいか、知りたいかをまとめないといけません。
肝心なことを聞かないのですよ。高齢者は。

DSC00010.jpg

診察が終わったら会計。
すごい行列でした。
連休前だからかな・・・。
院内薬局と院外薬局でも待たされる。
結局、ケアマネさんが来る予定の時間が来そうなので、ランチは食べられなかった。

DSC00012.JPG

急いで実家に帰り、PCの調整。
この間、父親が弄ったので画面表示がおかしくなっていた。
やれやれ。
ほどなく、業者さんが来た。
聞くとケアマネさんは来ないとのこと。
「?」
ケアマネさんは、もともと来ないことになっていた。
玄関の手摺りは、持って来てもらったモノでOKだった。
そうなんです。父親が転けた場所の検証をし、対策に手摺りを据え置きタイプのモノをリクエストしていたのです。実物をみてOKだった。
これで夜中トイレに行く時のリスクが無くなった。
それから父親に「中途半端に伝言を聞かないように」と叱った。
それから家の中で私の持って行ったマグネシウム合金製のロフストランドクラッチ杖を使うように指導し始めた。
テストを兼ねて、デパ地下につれて行った。
普通の杖と違い、ロフストランドクラッチ杖は、安定できるのと私が使っていたぐらいだから、強度は問題ない。寄っかかってもびくともしない。無理矢理父親に持たせ歩かしていた。歪んでいた姿勢が真っ直ぐになり、楽に歩けるようになった。私の計算通り。
数年前から渡して言っているのに、無視していたのです。
変な頑固さがある。
高齢者になるとそうなるのかなぁ・・・。
私のアドバイスを聞かない。
昨日は、遅めの昼食を食べながら、私が杖を持つようになった話をした。
父親は、私の入院生活、手術、涙のリハビリ状態、2年間の松葉杖経験のことを知らないのです。息子の状態を全く理解しようとしない。そういう体験をしたから、杖に関してはちょっと専門家なのにね。

DSC00015.JPG

使ってみると痛めた膝が痛くなくなり、スムーズに歩けるようになった。
だから言っているやろ!
「転ばぬ先の杖とはこのことを言うのだ」と言いました。
自分の脚で歩けなくなったら、美味しいランチも食べられなくなる。
あっという間に寝たきりになり、美味しくないモノしか食べられなくなる。
それでもいいのか?
早く死ねたらいいけど、そんな状態で生きても意味がない。迷惑なだけだ。
「なにもやってくれない」と言う前に、自分で出来ることを精一杯やるのが人間らしい生き方。やれるだけのことをやっても出来ないことを回りに依頼しなさい。
しっかり考え、表現する。身体を動かす。「ニコピン」でないとだめだ。
「ニコピン」とは「ニコニコ・ピンピン・コロリ」。死ぬ1日前までそういう状態でないとね。そのためには、懸命に生きなくてはね。自分は何のためにこの世にでてきたのかわかっているの?その答えを得ようとしないの?動物のように喰って飲んで、くそするだけの人生なのか?

IMG_4604.jpg
↑左側の杖をこれから父親が使います。マグネシウム合金製のロフストランドクラッチ。いい杖なのですが、ガタツキが気になった。ロックタイトという、はめ合い用接着剤で固定はしているけど、長さを調節する機構がゆえに、気にくわなかった杖。最終的には、カーボン製のフルオーダーのロフストランドクラッチになりました。

あなた方夫婦は、私をこの世に生み出したことに感謝している。
教育も普通以上に援助してくれた。
だから、こんなに立派になった(?)。
恩返しに、最近のノウハウで恩返しをしているつもりだよ。
だから、事が起こる前に手を打っている。
だから、この杖は使うように。
「転ばぬ先の杖」だから。
転けて骨折したら、ジエンドになる。辛いよそれは。

なんて話していた。
私の脚の状態をハッキリしらなかったのには驚いた。
見舞いにもこなかったものね。
きっと怖かったんだろうな。私の姿を見るのが。
気の小さい父なんです。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:地域