So-net無料ブログ作成

若竹色 [風景・和菓子]

IMG_7043.JPG

今日の生菓子は、色が綺麗だったので手に入れてみました。
野生の藤の花が咲いている時があります。
最近、家の辺りは、大学の校舎を建てるために、雑木林が伐採され野生の藤も見られなくなった。
もちろん、野生の藤って寄生植物だから木にとっては迷惑なんだでしょう。

DSC01458.JPG
↑二條若狭屋「ふじの花」

DSC01483.JPG
↑きんとん、粒あん

それにしても昨日、一昨日と気温が低かった。
しかも冷たい風が吹くと身体が冷える。
どうやら咽頭炎になったかもしれない。
咽頭炎用の漢方薬を飲みました。

IMG_7671.JPG

本日の生菓子は、色合いで選びました。
「若竹色」と「藤色」がとても綺麗に見えた。
脳がこういう色を欲しているのかな。

DSC01464.JPG
↑二條若狭屋「葵がさね」

DSC01474.jpg
↑若い貴族の若者の感じかな

いまの時期にこの色合いがとてもいい。
二つ目の生菓子は、葵祭を色で表現したもの。
素晴しいと思います。

DSC01503.JPG
↑外郎、黒こしあん

日本独特の感性だと思う。
こういう感性が次世代にも引き継がれるといいなぁ。
日本の良さだもの。

※若竹色は、CMYKでは、C:60 Y:60 なんです。
この生菓子の色なら C:50 Y:50 ぐらいかも。
※それと「葵がさね」を指でさわると手触りがなんともいい。
脳出血の後遺症なのか、五官が過敏になっているかも。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(6)  コメント(6) 
共通テーマ:地域