So-net無料ブログ作成

昨年と同じパターンや! [食]

昨日は、父親と外食をする日。
連休中は止めようかと思ったけど、父親としては不満を持つだろうから実施。
食べものの恨みは憶えていますからね。(笑)

DSC07653.JPG
↑大根サラダ、本日の写真は、千房河原町店。

昨年の同じような日に食べたものを調べると(写真が残っているのです)千房でお好み焼きだった。
その後、弥次喜多でかき氷を食べた。
血糖値が上がるからかき氷の餡をいれなかったら、父親が「あんこが入ってない!」と怒ったのを憶えている。そんなつまらないことで怒る我が父がちょっと悲しかった。きっと食べたかったのだろう・・・あんこ。
京女もその事件を憶えていた。

DSC07660.JPG
↑パリパリ鉄板餃子

お好み焼き・・・本当は、京都方式が好き。
京都のお好み焼きを説明します。
京都でお好み焼きは、客が自分で焼くのです。
注文すると金属のボウルに粉や山芋、キャベツやテンスが入っていて、卵が割ってある。その上に具が乗って運ばれる。
お店の人が鉄板のガスのスイッチをオンにする。
客が自分で油を鉄板にひく。油を引くタイピングは客が自分で判断。

DSC07668.JPG
↑とんぺい焼

鉄板が熱くなり、油をひいて、事前に具を焼く。
やけたら粉や山芋で作った種を鉄板に広げる。
(この時、青のりも振る派もある)
そして焼いた肉などを上に乗せる。
もちろん、流派によっては、具を焼かない派もある。

DSC07672.JPG
↑ねぎサラダ

焼けてきたら、大きなコテ・・・正式名称は「起金(おこしがね)」らしい。関東ではヘラというそうです。テコという派閥もありますね。
大きいコテと食べる時の小さいコテでひっくり返す訳です。
これが自然に綺麗にひっくり返すのが、京都のシティーボーイ・ガールのたしなみ。
デートで彼氏がパッと裏返したら、彼女は惚れ直します。

DSC07677.JPG
↑ピリ辛こんにゃくステーキ

逆もあります。女性がそれをいとも簡単にやってのけた。これもすごかった。
後で聞くと元ヤンキーだった。なるほど。

で裏返したら、ソース登場。
ベタベタに塗ります。
そして、青のりでお化粧。
そして、またひっくり返す。
またソースをベタベタに塗り、いよいよ花鰹の登場。
いっぱい乗せます。
そして食べる!

DSC07681.JPG
↑ミックス山芋焼

マヨネーズ?そうか。昔は標準でなかったのです。
お店のおばちゃんに行って、小袋のマヨネーズをもらいます。
一袋で幾らだったかな?
食べる時、コテで食べるだけ切り、それで食べる。お箸は使わない。
関東では、ピザのように切るらしい。それは邪道。
コテを全部口でくわえると「なんて大きな口なんでしょう!」と惚れ直されます。
熱くても雅満雅満(普通は我慢ですか、雅が満ちるの方がいいと思いませんか?)。

DSC07685.JPG
↑ミックス焼そば

以上のような食べ方が昔ながらの京都風。
私は自分で作る方が好き。
大阪系のように作って運ばれてくるのはどうも好きになれない。
冷凍したものをチン!しているかも。どうも信用できない。
※本当は、京都風をレポートしたい。でも私自身こんなものは、あまり食べたくないのかも。子供の味覚の父親接待だからしかたなくなんですよ。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:地域