So-net無料ブログ作成

重陽って、めだたないねぇ [社寺・和菓子]

DSC08226.JPG

もうすぐ9月9日。
重陽(ちょうよう)なんです。
ただ、旧暦ならなんとなく共感できるのですが、新暦ではどうもピンとこない。
「重陽」は、五節句の中で最高の位なんです。
これよりいい日はない。
五節句というのは、ご存知ですか?
人日(じんじつ)正月七日、上巳(じょうし、三月三日)、端午(たんご、五月五日)、七夕(七月七日)、重陽(ちょうよう、九月九日)
人日だけが納得できないですね。
一月一日じゃないの?と考えますよね。一月一日は別格なんだそうです。

DSC08222.JPG
↑西本願寺唐門

この人日は、こういう理由があります。
正月の一日を鶏の日、二日を狗(犬)の日、三日を猪(豚)の日、四日を羊の日、五日を牛の日、六日を馬の日、それぞれの日にはその動物を殺さないようにしていた。
そして七日は、犯罪者に対して刑罰は行わないことにしていた。
だから人日というらしい。なんかスッとしない説明ですね。
正月一日は、犬・猪・豚・羊・牛・馬・人間を殺して食べていたということね。
ちょっと納得。
でも・・・。

DSC08220.JPG
↑そろそろ塗りなおした方がいいかも。

陰陽思想で数字にも格差がある。
奇数の方が偉いのです。つまり1・3・5・7・9が偉いのです。
その中でも9は最高なんです。
日本でも陰陽思想の影響を受けている。
10より9の方が偉く感じませんか?
8は、漢字で書くと「八」で末広がりといい別格かもしれません。
8と9(オイチョ+カブ)を組み合わせ名前が「おいちょかぶ」・・・話がそれそうなのでこのあたりで止めます。

P1150497.JPG
↑京都鶴屋鶴壽庵「重陽」

P1150523.JPG
↑栗入りきんとん、粒あん

いまの話で「0(ぜろ)」って陰陽思想で出てくるのかな?
陰陽に別れる前の状態なのかな?
混沌(カオス)の状態という意味。
陰と陽は、受動的な性質、能動的な性質に分類することであり、善悪二元論とは違う。陰が悪、陽が善ということではない。
混沌だけでは、この世は動かない。陰と陽に別れることにより動く。それがこの世の姿。
太極図というのがありますね。陰の中に陽があり、陽の中に陰がある。あの状態が我々の住む世界。
ひょっとして、混沌に対する世界もあるのかも。
それが「0(ぜろ)」なのかな?
こんなことをまだ暑いいまの時期に考えるべきでないかもね。

旧暦の重陽(今年は10月28日)の頃ぐらいに考えましょう。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(4)  コメント(6) 
共通テーマ:地域