So-net無料ブログ作成

夜泣きと鼾は違うか [社寺]

DSC02542.jpg

昨日7月30日は、土用丑の日でしたね。
比較的近くにある「剣神社」に行ってきました。
なぜか?

DSC02547.JPG
↑剣神社

いつもお世話になっている鍼灸の岡田先生に「行って来て」と依頼がありました。
自分で行けばいいのですが、昨日でも診療は休めないから仕方ないのでしょうね。
年に一度、「ほうらく灸封じ」というのをやっている。

DSC02548.JPG

調べると小児科系のようです。
疳虫封じの霊験がある。
「疳虫(かんむし)」?と思う人も多いかな?
赤ちゃんが突然泣いたり、夜泣きをしたりする時に「疳虫」が影響していると昔は言われていました。
大人だって「虫のいどころが悪い」なんて時に使ったりします。

DSC02550.JPG

DSC02559.jpg
↑撫石

赤ちゃんの場合は、おそらく自律神経系が未発達で起こるのかもしれませんね。
育てているご両親も慣れない作業や睡眠不足になりがちで、イライラしたりする。
その親のイライラを赤ちゃんにも移るのかもしえませんね。
京女も大変だった時期があります。
子供が4人で、長女と次女が小さくて、3人目が男の双子だったのです。
双子への対応はキツイですよ。
京男は、自由業だったのでいっしょに育てました。
4人お風呂に入れると一度のぼせて倒れます。
買い物も家族全員で行ってました。
双子用の乳母車に双子が寝ていて、その乳母車の両脇に小さな女の子が2人歩いて買い物でしたよ。自家用車がなかったので、どこへ行くにも歩いていきました。
もっとも京都市内の中心部なので、百貨店でも歩いていけました。
夜泣き対策・・・我が家はあまりなかったかも。
もし、4人が泣いたら、剣神社にお世話になったかも。
もっとも当時は、二条城の側のマンションだったから歩いてこの神社にこれなかったでしょうけど。

DSC02554.JPG
↑本殿

この剣神社は、泉涌寺の近くにあります。
伊邪那岐命(いざなぎのみこと)、伊邪那美命(いざなみのみこと)、邇邇藝命(ににぎのみこと)、白山姫命(しらやまひめのみこと)の四神をお祀りしてあります。
詳しい、神社の歴史はわからないようです。
剣神社という名前は、宝剣を埋めて神社を作ったとか、このあたりは高貴な人の葬送の土地なので、副葬品の剣が出て来たとかでしょう。

DSC02571.JPG
↑飛び魚の絵馬。昔の京都の人が飛び魚なんてのを認識していたんだろうか?神のお使いというか。剣に似ているとかなんでしょう。祈願を飛び魚で神さんの所に運んで欲しいという意味なんだろうか?

その剣神社が「疳虫封じ」の神社になったのかはわかりません。
昔は、いまと違って赤ちゃんの栄養状態がよくなく、「疳虫封じ」が必要な状態が多かった。また赤ちゃんが無事に育って欲しいということもあったのでしょう。
いまは、いい時代になりましたね。

DSC02585.JPG
↑正式にお祓いをしていただきました

さて「ほうらく灸封じ」の話。
社務所で申し込み、お祓いをしてらってから、お座敷にあがり「ほうらく灸封じ」をしてもらうのです。お灸といってもほうらく(焙烙)の上に灸を乗せ、頭の上にかざすのです。ホンワリと温かい程度です。だから子供でも大丈夫。
きっとその時、神様をイメージされているのだと思います。
それで効力があるのだと思います。
なかなかよく考えられた手法だと思う。

DSC02591.JPG
↑これが「ほうらく灸封じ」のほうらくです。お灸が乗っています。これを頭に被せます。ホンワリと温かい。このほうらくは壬生狂言で割るやつと同じだと思います。

さて、効果は?
京男の夜泣きは収まったのか?
京女曰く「あなたのは、夜泣きと違って、いびきじゃないの?」
そう言われたら、だめかも。
飛び魚を食べても、鰻を食べてもだめかも。
まあ、お祓いをしたことだし、身体は清まっております。
もともと、清いのですけど・・・。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺

鰻を瓢箪で捕まえる [社寺]

DSC02519.JPG
↑豊国神社

DSC02509.JPG

DSC02503.JPG

表題のようなことが頭に浮かんだ。
瓢箪で鰻なら簡単に捕まえられる・・・禅の公案にしては簡単やな。
今日は土用の丑の日だからそんな考えが浮かんだのかも。

DSC02492.jpg
↑豊国神社は、豊臣秀吉を祀ってある神社。秀吉ということで千成瓢箪の馬印。それに因んで瓢箪型の絵馬。

どうやって捕まえるか?
瓢箪にエビを入れ、括れ部分を紐をつけ、鰻のいそうな所に沈めておく。
エビに引かれて瓢箪に入って、満腹になりぐっすり寝込んだところを引き上げる。
すると捕まえられる。いわゆるエビで鰻を釣る(それってエビで鯛と違うか?そんな無粋なことを言わんと)。

DSC02514.JPG
↑こちらは、草履の絵馬?木下藤吉郎時代の懐に草履のエピソードに因んだものかな?

他にどうやって捕まえるか?
そこまで考えて、ハッと気付いた。
「あれは、鯰(感じ的には鮎)だ!」
瓢鮎図という禅宗の公案です。

DSC02495.jpg
↑瓢箪を育てたはります。

瓢箪で鯰、捕まえられないかな・・・。
上記の方法でいけると思うけど。
それとも「私の持っている瓢箪は、クラインの壺状態になっているから、内も外もない。だからすでに捕まえている」と答えるか。

DSC02497.JPG

まあ、最近、鰻が高いから鯰を食べるというのもありますからね。
そんなことをするぐらいなら、蒲焼きのタレを買うてきて、厚焼き豆腐で蒲焼き風にしたら結構美味しいけどな・・・。スタミナは付かないかもしれませんが、ヘルシーですよ。
熱々のご飯に乗せ、粉山椒を振ったらいけますよ。
今晩、いかが?
タレぐらい売っています。

DSC02498.jpg

でも家族揃って「土用の丑の日」に食べていたら、貧乏臭いね。
やっぱりあかんか。

DSC06587.JPG
↑これは、京男の馬印。携帯電話のストラップ。根付師さんに作ってもらったのに・・・スマホではつきません。携帯電話本体より高価だったのに・・・。

なんか余談がやたら長くなった。
本日の写真は、豊国神社。
月2回カットに行く時、境内を通って行くのです。
その時、秀吉に因んで、瓢箪を育てているのですが、大きくなっていた。
美味しいそう・・・と思ったけど、瓢箪は基本的に食べられない。
食べたら食中毒を起こします。食べられる種類もあるらしいけど。
その瓢箪を見て「鰻を捕まえられるか?」と頭に浮かびました。

ちゃんと拝みもせんとそんなことを考えておりました。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺

象さん [社寺]

DSC01656.JPG

ここは、いつも前を通る香雪院(こうせついん)。
妙法院の塔頭、天台宗の尼寺、本尊は聖天尊(歓喜天、如意宝珠尊)。
妙法院は、東大路通沿いにある大きなお寺。
三十三間堂を管理しているお寺です。
香雪院は妙法院の北側になります。

DSC01658.jpg
↑このマークは、「巾着袋」。巾着袋(砂金袋)が図案化されています。御利益が大きいということを表現しているらしい。

DSC01741.jpg
↑このマークは「大根」。この大根は蘿蔔根(らふくこん)と呼ばれ、やや細くて辛味が強く、歓喜天の住する象鼻山に多いとされる。大根の白色は息災を意味し、食すると、体内の毒や煩悩を消す作用があるとされている。
この大根、男女が抱き合っている状態を象徴しているように見えますね。チベット仏教なんかで男女の神が抱き合ったような仏像があるけど、あれと同じことなのかも。

DSC01675.JPG
↑はいると鳥居があったりします。お寺に鳥居?そういえばお寺でも鳥居があるところがありますね。お稲荷さんが祀っていたりしますね。鳥居の左は、弁天堂。

DSC01677.JPG
↑本堂

DSC01691.JPG
↑この象さん、歓喜天のお使いでもないみたいです。頭が象で身体が人間で抱き合っている像だったりするそうです。
このお寺のはどうかわかりません。
天部・・・仏教の守護神一種です。

DSC01694.JPG

DSC01695.JPG

天部の神は色々あります。代表的なのは、梵天、帝釈天、持国天・増長天・広目天・多聞天(毘沙門天)の四天王、弁才天(弁財天)、大黒天、吉祥天、韋駄天、摩利支天、歓喜天、金剛力士、鬼子母神(訶梨帝母)、十二神将、十二天、八部衆、二十八部衆などがある。
これらの神は、人間の願いを叶えてくれる存在で、昔からよく信仰されています。

DSC01699.JPG

こういう存在は、元々ヒンドゥー教の神だったのが仏教に帰依したとして組み込まれた存在なんでしょう。
それが極端に出てくるのが密教なのかも。
日本における仏教は、インドからシルクロードを通り、中国に到達、中国から直接、または朝鮮半島を通って、日本に輸入された。
だから、ヒンドゥー教、道教、儒教、その他土着宗教を包み込み融合している。
現在の日本の仏教は、色んな宗教の痕跡がありますね。

中途半端な記事になってしまいました。
いずれまた「清浄歓喜団」を手土産に持って挨拶に行きます。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺

土用・・・トンテキがいいかも [洛外・食]

先日、四日市方面に行った。
久しぶりにトンテキを食べる。
このトンテキ、伊勢松本の未来憲 本店が元祖ということになっている。

SD068.JPG

最初、食べた時は命懸けで食べたことを憶えている。
何年も前、断食を二ヶ月ぐらいしていたんです。
水分だけで過ごしていた。仕事その他はそのままで。
打合せに四日市方面に行った帰りに、未来憲に連れて行ってもらった。
あの日は、朝から「未来憲でトンテキ」と決めていた。
なんでもクソもない。
どこか理性的な脳の部分が「そんことをしたら危ない」という警告があった。
だから、自分の胃腸さんたちに「今日の夕方、トンテキなる食べ物が入って行く。対処をよろしく」と結構真面目に頼みました。
なんでそんな無茶をするのでしょうね。
やっぱり根回しをして置いてよかった。
大丈夫でしたから。でも真似をしてはいけませんよ。まあ、しないでしょうけど。

DSC02465 2.JPG

このトンテキはスタミナという点では、理に適っている。
鰻よりも遙かに優れているのです。
豚肉とニンニクの組み合わせが故にです。
豚肉には、ビタミンB1が多く含まれている。
このビタミンB1は水溶性で、一度に身体に吸収される量は5〜10 mg程度が限界。
後は、身体に蓄積できない。水溶性なので尿で体外に排出されます。
ところがニンニクといっしょに摂るとニンニクのアリシン、アリイン(臭いの原因、あの匂いが効く!)それが豚肉に多く含まれるビタミンB1と結びつきアリチアミンになる。「アリナミン」というビタミン剤がありますね。この名前はアリチアミンが言葉の素になったらしい。
こうなるとビタミンB1が身体に少し蓄積可能となる。
ビタミンB1というのは、体内で糖質をエネルギーに変える変換効率を上げてくれるのです。
効率よく糖質を燃やせば、不完全燃焼するので疲労物質が残り難くなる。
脳にしても運用には糖質以外にないのだから、燃焼効率を上げると頭の回転もよくなり、ストレスにも強くなる。

DSC02466.JPG
↑四日市中華料理 一楽「トンテキ定食」

というような構図なのです。
トンカツでは、衣がネックになる。しかも、カラッと揚げるため、ヘットかラードで揚げるのです。それが結構中高年移行の人間には害になる。
その点、トンテキはいいと思う。
欲を言えば、練り辛子をテーブルにおいて欲しいのとタレが甘すぎる点を改善して欲しい。

ニンニクで昔、生のニンニクをみじん切りにして、アルデンテ(最近、あまりいわなくなりました。生麺のモチモチした食感が最近好まれるからかな?)に茹で、ニンニクと和える余熱でニンニクに火を通し、胡椒をして食べる。
卵黄を入れたりしてはいけない。ニンニクだけ。
効きますよぉ〜。(笑)
ただし、胃の弱い人にはお勧めできません。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ: 洛外

ジュワァァァ〜〜グシュグシュ! [社寺]

DSC02345.JPG
↑北野天満宮

DSC02348.JPG
↑旧暦の七夕をするようで、笹飾りが境内にありました。昔はしてなかったのに。最近、観光客を意識しているのでしょう。

いまは、土用の真っ最中。
そこで北野天満宮に行ってみました。

DSC02376.JPG
↑さすがに暑いからなのか、人がいなかった。

久しぶりかも。
いま、早春に咲いた梅を塩漬けし、土用の時期に天日干しをします。
北野天満宮の梅は、お正月に大福梅として使います。
だから、塩漬けと天日干しで作ります。

DSC02355.JPG

DSC02368.jpg

土用の時期の強烈な紫外線で殺菌、乾燥します。
今年は、梅干しにはいい天気でしょうね。
今日はちょっと雨が降るけど、明日から晴天続きになりそう。

DSC02370.JPG

DSC02379.JPG

こういうのを見ていると口の中が酸っぱくなりませんか?
最近の子供たちは、そうでもないかな。
梅干しは、冷蔵庫で保存するものを食べますからね。
昔の梅干しなら、熱中症対策になるだろうな。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺

バランス [洛外・食]

先週末、大阪に行く。
大阪、梅田でランチといえばインデアンカレーねっ!
単独で行動する時、時間的にタイトなのでゆっくり食事ができないのです。
カロリーを摂取するという感じかな。
そういえばジュースなんかもそうだ。
通りすがりにジューススタンドでグレープフルーツなんかを搾ってもらう。
目の前で搾ってもらうジュースでないね。
本当は、フルーツを洗って欲しいけど。

DSC02411.JPG
↑インデアンカレー「レギュラー」

オープンキッチンで見ていると不安になりませんか?
九条ネギやキャベツのみじん切り。
洗っているのを見たことがない。
自宅なら洗いますよね。
タマネギなんかも外の皮を剥く前に洗いませんか?
ラーメン屋さんに行った時、見てみてください。
それからティースプーン一杯ぐらい入れる白い粉。
最近の時流では、気にならないようですね。
「中華料理店症候群」なんて死語に近いのかもね。
テレビのCMで焼き飯の素とか中華料理の素を宣伝しているけど、抵抗がないようですね。
最近、巷でプロ用の食材がすごく多いとききます。
その中には、自動的に旨味成分が含まれているのでしょうね。

DSC02424.JPG
↑北極星淀屋橋店「オムライスアラビアータ」パプリカ・ズッキーニ等の夏野菜とニンニクと唐辛子風味。私的にはもうすこしニンニクと唐辛子が欲しかった。

ダイエット云々と称して人工甘味料入りの飲料もたくさん出ています。
糖尿の父には、買ったりしますが、自分では飲みません。
ペットボトルのお茶もね。
中高年ならもう先がないからいいけど、若い人は止めておいた方がいいように思います。まだ人生長いだろうしね。
人工甘味料入りの飲食物を飲むと、脳がよけい糖質を欲しがって、結果的にカロリーオーバーになり体重が増えるという怖いデータもあります。
不自然な食品はできるだけ避けた方がいいでしょうね。
熱中症対策と称して水分を摂るなら、麦茶を自分で炊き出して塩を少々というのがいいと思います。
小さい子供は自分で選べないですからね。無知な親は平気であたえます。老人も孫と食事をする時、甘いジュースをあたえたりします。
我が両親もそうでした。そえだけは強く拒否しました。

DSC02435.JPG

いま巷では、スマホでキャラを集めるなんてのをやっている。
あれはいけません。
政府が株価を上げる牽引材料となると黙認している。でも社会全体にあたえる害悪を考えたら問題だと思います。
ガキにスマホなんかをあたえたら、サルにマスターベーションを教えるようなもの。
ずっとやって依存状態になります。
社会人になっても嬉々としてやる。死亡事故が続出しないと規制しないだろうな。
経済が活性化するから・・・という理由で。
マスゴミだって、微妙に煽っていますね。
テレビや新聞、週刊誌なんてのは愚民を作る道具になってしまっている。
本当の真実は表に出ないものですね。

DSC02443.JPG

食事の話に戻ります。
早いお昼に食べた時、いつもならカレーに卵黄という状態なんです。
でもこの日は、違った。
結局、夜はオムライスということで、1日のバランスを取ったことになりました。
夜のことを無意識に想定していただけだった。
久しぶりにインデアンカレーを卵黄抜きで食べたけど、卵黄入りとさほど味わいが変わらなかった。単なる習慣だけだったかも。卵黄。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ: 洛外

この産毛、なに? [風景]

バス亭で待っていてフト草むらを見ると何か変。

DSC02230.JPG

よく見ると茎から産毛がいっぱい生えている。
「なんじゃこれ?」
病気なのか?
それともカビのようなモノなのか。

DSC02236.jpg

写真に撮り、帰ってから調べてみると以下のようなことがわかりました。
私はこんなの、知りませんでした。
調べて見ると以下のような説明がありました。

DSC02241.jpg

この産毛のようなモノは「トライコーム(trichome)」というものです。
植物の表皮細胞が伸びたもので、植物種によって単細胞のものも、多細胞のものもあり、随分長いものから、とても短い棘のようなものまで様々です。長い物としては、ワタの種皮のトライコームが綿です。トライコームの役割は、それぞれのトライコームによって違っていますが、強い光に対する防御、強風時に気孔から過度に水分を失う事を防止する役割、小さな害虫が葉の本体に近づきにくくする役割などが言われています。さらに、多くの植物で、トライコームは特殊な物質を貯めています。たとえば、バジル、ミント、タイム等ハーブの匂い物質はトライコームに貯められており、害虫を予防しています。トマトのトライコームにも害虫を寄せ付けない成分が入っているようで、トライコームに異常があるトマトの突然変異体は害虫に食われやすいという論文もあります。これらのトライコームの成分はテルペノイドやフラボノイドが多いようです。

植物というのは、自身動けないので様々なことをしているのですね。
感心してしまいました。
人間の産毛もすうなんだろうか・・・。

DSC02159.JPG

それだけではということで甘味を少々。
父親と鰻を食べ、前回は残念ながら定休日だった弥次喜多に行きました。
この「白玉ミルク宇治金時」には彼も満足していました。
私は悲しかな「みつまめ」だった。
この日は、餡も食べたくなかった。

DSC02150.JPG
↑弥次喜多「白玉ミルク宇治金時」

DSC02154.JPG
↑弥次喜多「あんみつ」私がこれで糖尿病の父がかき氷なんですよ。前回、定休日だったので、今回行きました。父親は「白玉ミルク宇治金時」に大満足でした。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景 甘味

かたち [風景]

京都市内は、歩くとフト気になる風景がある。
いつもは普通に通るのだけど、上を見たい、下を見たりすると見える(というか気付く)。

DSC02265.jpg

これは京都大丸のシンボル「孔雀」、こういうのを見ると京都市民から「大丸さん」と「さん」付けされるのがわかります。
包装紙や包装用の紐(昔は紅白の紐だった)が眩しく見えた。
大食堂や屋上は、子供にとって別世界でしたね。

DSC02269.JPG

「今日は大丸に行く」となると晴れ着でしたからね。
いまは、いいかげんな服装でいきますけど。
この孔雀を見ていると思い出します。

DSC02309.JPG

DSC02311.JPG

DSC02314.JPG

祗園祭なんかも、非日常のオンパレード。
豪華絢爛な山鉾や商家のお飾りを拝見していると凄いですね。

DSC02321.jpg

DSC02331.JPG

DSC02336.JPG

ゆっくり立ち止まって見たいものです。
でも近年観光客が多すぎ、ゆっくり見ることができないかも。
昼間の後祭なら比較的ゆっくり見ることができるかも。
でも暑い!

※おまめ
DSC02401.jpg
↑行事があると路線が変更になったり、時間がかわったりします。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景

通りすがりの山鉾 [行事]

昨日、用事があり祗園祭の後祭山鉾のあたりを通りました。
ちょっとだけ撮影してみました。
説明は、どこかのサイトでしてあると思います。

DSC02247.JPG
↑四条御旅所の3基の神輿

DSC02248.JPG

DSC02251.JPG

DSC02255.JPG
↑冠者殿社、四条御旅所の横にあります。日頃は地味な場所ですが、祗園祭の時は晴れやか。

DSC02263.jpg
↑真ん中のビルが山鉾の形なんです。山鉾巡行の時、こういうのが出て来たらびっくりするだろうな。

DSC02275.jpg
↑大船鉾

DSC02279.JPG
↑大船鉾、152年ぶりに復元された「竜頭」。元治元年(1864)、幕末の蛤御門の変で焼失したそうです。

DSC02290.jpg
↑大船鉾、舵の部分

DSC02303.jpg
↑南観音山

DSC02306.jpg
↑南観音山

DSC02318.jpg
↑北観音山

まだ、写真はありますが今日はこれぐらいにしておきます。
本日が後祭宵山で、24日(日)が後祭山鉾巡行です。天気は良さそう。
日曜日は、家で引き籠もりになるでしょうね。
交通規制にひっかかったら困りますからね。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 行事

今年「土用の丑の日」は土曜 [食]

DSC02098.JPG
↑祗をん松乃「うざく」

陰陽五行説で、春・夏・秋・冬をそれぞれ木・火・金・水とし、土を各季節の終わりの18日間に当てはめたことから、立春、立夏、立秋、立冬の前の18日間を土用といいます。
次の季節へ移る前の調整期間といったところでしょうか。
一般的には立秋前の18日間の夏土用をさします。この期間を暑中と呼び、暑中見舞いを出す時期でもあります。
最近、暑中見舞いって書かなくなりました。

DSC02104.JPG
↑白焼き、やっぱり白焼きがいいなぁ〜

2016年は
冬土用:1月18日〜2月3日
春土用:4月16日〜5月4日
夏土用:7月19日〜8月6日
秋土用:10月20日〜11月6日
最初の日を「土用入り」最後の日を「土用明け」といいます。

DSC02113.JPG
↑蓋をあけるのが嬉しい

「(夏)土用の丑の日は鰻を食べようぜ!」と言い出したの江戸時代の万能学者平賀源内。鰻屋から広告コピーを考えたという話は有名です。
いまだにその説を使って商売しているのもすごい!

DSC02118.JPG
↑せいろ蒸し

江戸時代なら牛肉を食べたり、ニンニクを食べたりしていなかったのでしょう。
まあ、薬食いと称して食べていたらしいのですが。

DSC02131.JPG
↑せいろで蒸してあるから、全体的にフワフワ。

今年の(夏)土用の丑の日は7月30日、曜日はまさしく土曜です。
いつも栄養タップリのモノを食べているお方は断食するのもいいかもね。
甘酒でもいい。
甘酒というのは、夏の季語なんです。

蕪村の句に
「あま酒の地獄も近し 箱根山」
箱根の名所である地獄(現在の大涌谷・小涌谷)と箱根名物の甘酒を並べてみせ、旅の楽しみを表現。

「愚痴無智のあまざけ造る 松が岡」
松が岡は駆け込み寺として有名な東慶寺(とうけいじ)のあるところ。東慶寺は尼寺なので、甘酒の「あま」と掛けています。「ぐちむち」も甘酒を作るときの音なのでしょう、仏教用語の「愚痴」と「無智」に掛けています。

DSC02139.JPG

DSC02146.JPG

以上のようなことを知らないけど、テレビでいうから父親から「鰻を食べよう」と言い出した。「祗をん松乃」に行きました。私はこちらのお店は初めてかも。洛北松乃鰻寮へはよく行ったのですが・・・。父親はそちらを知らなかった。あちらなら「うなべ」も食べられゆっくりできるんだけど・・・ちょっと遠いか。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都