So-net無料ブログ作成

冷麺とは珍しい [食]

日曜日、京女と私の実家へ。
その前にランチ。
今回は、蒸し暑くなって来たからか、さっぱりしたモノが食べたくなりました。
七福家で冷麺を注文。
二人とも同じというのは、ちょっと珍しい。

DSC08196.JPG
↑七福家「冷麺」

そういえば私が父親といっしょでないのに冷麺は珍しい。
よほど冷たくて酸っぱいモノが食べたかったのかも。
ならうどん屋で冷たいお蕎麦でもいいようなんだけど、酸っぱいのが欲しかったようです。面白いものですね。

DSC08194.JPG

食事の後、買い物をし、実家で水やりや、掘りごたつの片付け、扇風機を出したりと色々した。雑草もボウボウ状態。
父親は植物に水をやったりなんて気持ちは全くないみたい。
父親に温度計の見方というか、ハリが赤い所にきたら、冷房を入れるように説明。
これは大切なことです。
もう熱中症の季節ですからね。

DSC08201.JPG

すべての作業を終え、次はバスで京都駅方面に行く。
先日から京大病院から京都駅へ行くバスに乗るためバス亭へ。
このバス亭の所に全快地蔵がある。
よく考えたら不思議ですよね。
これ京大病院の構内にあるのです。

DSC08206.JPG

近代的な設備の大学病院に、こういうお地蔵さんがあるのは不思議。
宗教施設といえなくもないですよね。
しかもお参りが絶えないらしく、お線香の匂いが常に漂っています。
千羽鶴も新しそうだし。
最後は、神仏にもお願いするのでしょう。

DSC08203.JPG

見ている間にも救急車が緊急の所に入ってきました。
京都市内でも救急車をよく見かけます。
私も救急車に2回乗ったけど、悲しいかな憶えていない。
霊柩車には、まだ乗ったことはないですね。

DSC08210.JPG

さてバスが来ました。
このバスに乗れば快適に京都駅に行けます。
京都市バスでは、満員でまず座れませんからね。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(6)  コメント(4) 

nice! 6

コメント 4

常盤万作

京男様おはようございます。
雑草除去について最新の知識
「熱湯をかけます」除草薬では農薬が残り心配ですが、熱湯ならば全く心配ありません。
鉄瓶で沸騰させています。
by 常盤万作 (2018-05-29 07:48) 

京男

>常盤万作さん、おはようございます。
雑草除去に熱湯ですか。なるほど。一瞬高圧洗浄機ならとも考えました。どうなんでしょう?
野菜を元気にする時、50度のお湯につけるというんがありますね。
中途半端に熱湯だとかえって元気になったりして。
by 京男 (2018-05-29 08:16) 

すー

こんにちは
冷麺を選ぶその気持ちがわかるような気がします。蒸し暑くなってきましたので・・・
by すー (2018-05-29 13:41) 

京男

>すーさん、こんにちは。
湿度の影響でしょうね。爽やかな酸っぱさを身体が求めます。
by 京男 (2018-05-29 17:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。