So-net無料ブログ作成

クマリン? [和菓子]

DSC07409.JPG
↑御室仁和寺の御室桜

そう思われたでしょ。
クマリン(coumarin)は、桜の葉に代表される植物の芳香成分の一種。
要するに桜餅の香りのこと。
桜の花というより葉の香りですね。

DSC01193.JPG
↑亀屋良長「桜餅」

DSC01218.JPG

そのことを体感したのは、御室仁和寺の御室桜(通称おたふく桜)を見た時です。
昔は、いまと違って桜の木に近づけたのです。
まだ茶店があった平和な時代。
おたふく桜は、なぜそんな名前になっているかというと、土地が固く、根が張れない。だから木の背が低いのです。
桜の花が咲く時、ちょうど人間の鼻のあたりで咲く。
おたふくの顔は、ホッペタとおでこが高く、鼻が低い顔ですね。
だから鼻(花)が低いということで「おたふく桜」という名前になった。

DSC01231.JPG
↑道明寺、黒こしあん

その側を歩く時、桜餅の香りがするのです。
ソメイヨシノなんかの場合は、背が高いからそうはならない。
あの香りが「クマリン」なんです。
あの香りは、私の場合、妙に脳が励起状態になる。
私だけかな?

DSC01151.JPG
↑ローソンで見つけた和菓子。次女用に撮影。面白いけど、ちょっと甘過ぎ。

DSC01135.JPG
↑三菱食品株式会社「リラックス(プリン味)」

DSC01177.JPG
↑こなし、白あん

香りが「あんたさん!そろそろボーッとしたお花見気分を止めながれ!」という感じなんですよ。
だから、この時期、妙に桜餅を食べたくなる。
この時期食べたくなるものに「竹の子」もありますね。それと「木の芽」。
きっと身体の細胞が求めているのでしょう。

DSC01132.JPG
↑三菱食品株式会社「コリラックス(ミルク味)」

DSC01158.JPG
↑こなし、白あん

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 和菓子
nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

nice! 6

コメント 2

pochikun

お父さん、おはよう!
私は桜の香=桜餅の葉っぱの香ね。
その時の体調によって片頭痛の引き金にもなる
かなり強い香りのイメージ。
コンビニでこんな可愛いお菓子が売られてるのね~。
ローソンね。覚えておこうっと。
リラックマちゃんが真っ二つ。。。。。
こんな姿を見る日が来るとは思わなかったわ~。笑笑
by pochikun (2018-04-04 08:41) 

京男

>pochikunさん、おはようございます。
偏頭痛が起こったりするの?
でも食べたら治ったりするのでは?
クマさんの和菓子でお茶の会をしたら異様だろうなぁ・・・。
by 京男 (2018-04-04 09:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。