So-net無料ブログ作成

鍾馗さんでなく大黒さん? [食]

DSC08395.JPG
↑ニャーヴェトナム 京都店「本日のプレートランチ」

昨日は、京女が有給休暇だった。
本当は、たまったデスクワークをして業者さんの所に行く予定。
朝のトレーニングを終え、シャワーを浴び、さて仕事となったら、気が抜ける。

DSC08396.JPG
↑具だくさんのスープ?

二人でランチに行けと行くことなんでしょう。
素直に出掛ける。
どこへ?
最初は、神戸あたりに行くか、民生に行くか・・・と考えたけど、時間がかかる。
バス亭で来たバスに乗るということにした。
京都駅方面のバスだった。
ならニャーヴェトナム京都店に決定。
京女もそれでいいとのこと。

DSC08406.JPG
↑「ニューヴェトナムセット」

今回は、「本日のプレートランチ」と「ニューヴェトナムセット」を注文。
「ニューヴェトナムセット」は、7種のフォーから選択できる。今回は、「ピリ辛豚挽肉入り豆乳スープのフォー」に決定。
これを二人でシェアして食べたら丁度満腹になるだろう。
昨日も夜、果物だけしか食べてないけど、お腹が減ってなかった。
昨日も結局、夜は果物だった。
夏の疲れが胃に来ているのかも。
まあ、食べなくていいのだから楽です。

DSC08432-3.jpg
↑赤丸の所

料理が運ばれてくる前に、京女が「あの隣のビルの壁面のダクトが変ね?」と言った。私振り向いて見た。確かに変。
最初、霊でも見えたのかなと思った。でも違った。この世のモノだった。
でもおかしい。
人形のように見える。
鍾馗さんかと思ったけど、どう見ても大黒さんだった。
ダクトの上というか下にある・・・不思議でしょ。
一応、神さんなんだから、もう少しなんとかしてあげたらいいのにね。
風水士になにか言われたんでしょうね。

DSC08430.JPG
↑拡大すると大黒さんに見えるでしょ。

食事をしながら京女と私が入院していた病院の霊がどうなったか話していた。
病室からこの大黒さんのように霊さんであろう人が5人いたんです。
ベッドからずっと見えていた。
京女に「あれ見える?なんだろう?」と話していたことを思い出す。
それからあの向かい側の病棟はとりこわされた。
いまは、新しい病棟が建っている。
でもあそこにいた霊たちは、どこへ行ったんだろう?
病人にくっついてどこかにいったんだろうか?
入院中は、不思議な体験オンパレードだったしね。
もちろん、あの手の霊は私に近づけないのはわかるのです。
二人でそんな話をしながら楽しく食事をしておりました。
変な夫婦ですね。

DSC08427.JPG
↑「ピリ辛豚挽肉入り豆乳スープのフォー」

それから二人で珍しく映画を観た。
これも珍しい。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(3)  コメント(4) 

nice! 3

コメント 4

常盤万作

京男様おはようございます。

大黒さん、これはひどい扱いです。
本当は捨てたかったが、祟りが怖いのでそのままにしてダクトを設えたようです。ダクトの業者さんも「クワバラ、クワバラ、わしは業者や、祟るならオーナーに祟ってくれ」こう呟き乍ら工事をしました。

そこで「ダクト大黒様」として売り出せば如何でしょう?
京男様がいた部屋から拝むのです。
霊験あらたかで、ビルのオーナーは狂い死、京男様は長者になる、万作は先斗町へ招待される、めでたしめでたし。
by 常盤万作 (2017-09-09 08:28) 

京男

>常盤万作さん、おはようございます。
台座とか屋根まで作ってありますね。
だから大切に・・・なんだろうけど、場所が抱くと(ダクト)の下ではね。気の毒に。
大黒天は、もともとインドの怖い神さんなんだけどな・・・。わかっていないのかも。
by 京男 (2017-09-09 09:37) 

すー

こんにちは
多分、大国さんの方が先に鎮座されいて、後からダクトがという感じなのでしょうが、それにしても、大国さんの他の場所がなかったのかな?
by すー (2017-09-09 13:10) 

京男

>すーさん、おはようございます。
ここ、通りからも見ることができるので一度見てください。
2階だと思うけど、どうなっているのかもね。
by 京男 (2017-09-09 16:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。