So-net無料ブログ作成

三時のおやつ? [洛外・食]

昨日は、大阪行きでした。
一人で行動なので、ノビノビします。
歩く速度も制御する必要ない。
人の多い大阪でもスイスイ動けます。
父親といっしょだとこれができない。
段差に気を付けたり、階段で手を繋いだりしないといけないのです。
転んだら結局私に返ってくるしね。

DSC08321.jpg
↑ノンアルコールのサングリア・リコ

子供を連れた家族をよく見かける。
小さな子供は駆け回るのが当たり前。
最近、信号の所まで一番下の子供が走って行く。
それを上の子が追いかける。
お母さんとお父さんが「危ないから止まりなさい!」と大きな声で叫んでいる。
上の子が下の子に追いつき抱き留めた。でも二人とも小さいから二人で車道に転びそう!それでもお母さんは、叫ぶだけ。
我が家も経験があります。
ああいう時は、小さい子供の手を繋ぎ放さないことです。
親指と人差し指で手を繋ぎ、薬指と小指で手首を握っていた。
子供が手をふりほどこうとしても放さない。絶対に。

DSC08324.JPG
↑ローストチキンハーフ

親が手を繋がない場合は、長女と次女が長男・次男の手を繋ぐ。
これも手を放さないというのが決まりでした。
次女が放しそうになると長女が一喝する。すると下の3人の動きが止まるのです。
そのように訓練しました。
子供が離れても親が3歩ぐらいで行ける距離以上行かせません。
これもルール。でないと自分の子供を守れない。
そういうことが出来ない親が多いかも。

DSC08329.JPG

売場でダダをこねるなんてのも目撃する。
我が家では、許さなかった。
転けても、泣く前に自分で立つように声をかける。すると泣かないものです。
外で食事をする時、食べ始めたものは絶対に残してはいけない。これもルール。
甘え泣きも許さなかった。泣くなら真剣に泣け!というのがルール。

DSC08333.JPG
↑タコと白ネギの鉄板焼

いまなら「手洗い・うがい」なんてささないだろう。
もちろん学校では、ヤル振りをしろとはいうだろう。
雑菌は、仲間で殺菌なんてしてはいけない。
悪い菌もすこしずつ摂って胃腸を鍛えたらいい。
無菌状態で子供を育てるのは危険だと思う。
身体もあまりゴシゴシこすらない。
私は、アルコールアレルギーなので病院に置いてあるアルコール消毒はしないのです。自分の唾で消毒します。石鹸もできるだけ使わない。外科の手術とかするならしかたないですけど。

DSC08347.jpg
↑キノコのアヒージョ

話がそれてしまった。
昨日の大阪での話の戻します。

DSC08352.JPG
↑魚介類の出汁で炊く濃厚なパエリア ベジョータ風

昨日は、1.爪の手入れ 2.漢方内科 3.食事と打合せ
この3項目をこなした。
どれも楽しく終わりました。

DSC08370.JPG

ランチを食べそびれたので、遅めのランチみたいなことをした。
お店は、新大阪のスペインバル「ベジョータ マス」最近のお気に入りなんです。
いつもはランチメニューなんだけど、昨日はランチタイムが過ぎていたので、その他のア・ラ・カルトを注文してみた。
飲みのもは、ノンアルのサングリア・リコ。これは気に入りました。
本日の写真は、その料理です。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ: 洛外
nice!(5)  コメント(8) 
共通テーマ:地域

nice! 5

コメント 8

常盤万作

京男様おはようございます。
外国ですが、犬の様に子供を紐で繋いでいました。
安全ですが・・・?

子供への躾はほぼ同じです。
最近は躾を受けてない人が親になっている。
その親を育てたのは我々の世代です。

親が子の友達になり、叱る事を放棄した。
叱る自信がない。
by 常盤万作 (2017-09-07 07:47) 

pochikun

お父さん、おはよう。
今日は日差しはないけどちょっと蒸すわね。
私、子供にリードを付けるのもアリだと思うの。
海外では見かける光景だけど日本ではないわね。
ベビーカーを押す母親が車道を、父親は歩道を歩いてるのを
時々見かけるのよ。
歩道がガタガタするからなのかもしれないけれど。。。
危機感のない両親の下であの子無事に育つかしら?って
心配になる事があるわ。
by pochikun (2017-09-07 08:50) 

京男

>常盤万作さん、おはようございます。
子供が小さい時、親のいうことを聞くようにしておかないといけません。ダメな行為の時は叱ります。全身全霊で叱ります。しゃがんで子供と目線を合わし、なぜだめなのか教えます。子供は親が本気かどうか察知します。
都市生活は、危険がいっぱいなんです。当時はタバコを吸いながら大人が歩いていました。丁度子供の目の高さに火のついたタバコが前後します。それに近づかないように気をくばります。不意に子供にあたりそうなになったら相手の手をはらう体制になります。傘を畳んで真ん中を持ち前後するお姉さんとかおばさんがいたりします。交差点で待っていてもいつ車が飛び込んでくるかわかりません。
そういうのを教えます。転けても子供は泣く前に親の顔を見ます。その時、すかさず「さあ立って」と声をかけます。うまくできたら子供は泣きません。売場でだだをこねるのもそうです。親の顔を見ます。ここで騒いだら買ってもらえると思ったら甘え泣きします。我が家はそういうのを許しませんでした。4人もいたらそうなります。
自家用車がないから歩きです。疲れてきたら「だっこ」といいますよね。一人聞いたら順番にしなくてはならない。だから歩かします。
中には、寝ながら歩いていた子もいました。手を繋いでいるとわかります。でも歩かせました。
食事も残すということは許さなかった。ボーッとしていたら他の子供にとられたりしますからね。そうやってルールを憶えていかせました。小学校に入る前にね。
京女の方が私より毅然としていました。すごかったですよ。彼女も4人兄弟姉妹の中でそだったからそうなったのかも。
by 京男 (2017-09-07 09:04) 

京男

>pochikunさん、おはようございます。
子育て世代を見ていると躾ができてない親が多い、その親の親を見たらやっぱり躾られてない。
下の二人が双子だとわかった時点で、子育てを夫婦で習いにいきました。幼稚園に行く年代になったら手遅れですからね。
小学校高学年で親のいうことをきかない・・・それは当たり前です。できればお腹にいるときから始め無いといけません。
「三つ子の魂百まで」といいますが、本当です。
両親が危険を察知する能力を磨かないといけませんね。若い男女をみると無防備ですね。きっと海外旅行に行くと災難にあるでしょうね。
by 京男 (2017-09-07 09:11) 

すー

こんにちは

タコと白ネギの鉄板焼でお酒が飲みたい( ^_^)/□☆□\(^_^ )
by すー (2017-09-07 13:31) 

せつこ

素晴らしい躾で育っているから素晴らしい大人に育ったでしょう♪
昔の日本は、どこの家でもそんな躾をしていたのにね。
何か事故が起きると他人に責任を押し付ける人が多くなった気がする。
by せつこ (2017-09-07 13:39) 

京男

>すーさん、こんばんは。
そうだろうなぁ・・・。ノンアルのサングリア・リコも悪くなかったですよ。
by 京男 (2017-09-07 20:05) 

京男

>せつこさん、こんばんは。
私の両親は躾の点ではだめでしたよ。私の代から作ったものなんです。
最近の親は、子供を躾ていませんね。小さい時に保育園に入れて他人任せにする場合が多いからかな?
子供を親が守らなくて誰が守るのでしょう。
by 京男 (2017-09-07 20:08) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。