So-net無料ブログ作成
検索選択

秋の空 [風景・和菓子]

DSC08211.JPG

ここ二日間、台風の影響だったのでしょう。
北風が吹いて結構涼しかった。
このまま秋になってくれるといいな。
でもまだ5日、このまま秋とは行かないか。

DSC08213.jpg

昨日、百貨店の催しで来ている職人さんに会に行った。
一年に一回合うだけなんです。
色んな情報交換が出来てよかった。

DSC08215.JPG

百貨店に行く時、バスに乗って京都市内の風景を見ていた。
オフシーズンなのに外国の観光客が多い。
浴衣を着ている人が多い。
もう9月なのに浴衣はないだろう。
誰か言ってやったらいいのにね。
そう思っている私が半ズボンだった。
バスのクーラーが妙に効いて、ちょっと寒いほどだった。
それに気付いて、苦笑いをしておりました。

DSC08216.JPG

今日は、また早朝から父親の病院付き添いなんです。
どうも大きな病院は、好きになれない。
空気が悪すぎる。
患者を見なくて、コンピュータの画面ばかり見るドクターも好きになれない。
なんか実験用のマウスと実験するロボットみたいな雰囲気。
空気がドロンと淀んでいる。
ああいうところに頻繁に行くと病気になる。

DSC09163.JPG
↑長久堂「秋の空」

DSC09166.JPG
↑外郎、備中白こしあん

父親と話していても、気になるのは、病気を治そうとしないこと。
病気は治らないモノと思っている。
意識の問題なんだと思う。完治しないまでも、自分の生活習慣を変えたら治る方向にするむのにね。
しかもテレビの健康番組を信じて、私の言うことを信じないのです。
「あなたの生き甲斐は?」と質問したら「病気を維持すること」と答えるかも。
だから病気が治ったら困るのです。でも死んだら困るのです。心地良く病気になり、かまってもらったり、同情されたりするのが快感なのかも。
病院に行くとそういう気が充満している。だから病院の地場はそういう場になっている。それが不快に感じるのかも。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(5)  コメント(8) 
共通テーマ:地域

nice! 5

コメント 8

常盤万作

京男様おはようございます。
病院に対する分析は的確と思います。お父様の心情は良く分かります。
小生も同じかも知れません。
by 常盤万作 (2017-09-05 06:19) 

京男

>常盤万作さん、おはようございます。
外科的なものは別ですが、内科的な病気は、ドクターが治してません。自分の治癒力で治すのです。ドクターはそのサポートをするだけ。
症状は押さえれるのですが、完治することはドクターに難しい場合が多いものです。それが現実。それをすべて先生様にお任せという考えが間違っているのです。まあ、たいていの病気は死んだら治ります。だから安心です。
by 京男 (2017-09-05 06:29) 

pochikun

お父さん、おはよう~。
今日も病院の付き添いなのね。お疲れさま。
台風が過ぎ去って少し暑さが戻って来たけど
空は高く秋の気配を感じるわね。
by pochikun (2017-09-05 07:56) 

京男

>pochikunさん、おはようございます。
そろそろ、病院に飽きてきました。人を観察するには面白いのですが・・・。
まだセミが鳴いているけど、秋は秋かも。
さて、出発します。
by 京男 (2017-09-05 08:08) 

すー

こんにちは
長久堂「秋の空」、そのネーミングが何とも待ち遠しいです。
by すー (2017-09-05 13:38) 

京男

>すーさん、こんにちは。
またちょっと蒸し暑くなっていますね。でも猛暑は戻ってこないかも。
早く秋に移行してほしいものです。
by 京男 (2017-09-05 17:59) 

常盤万作

今晩は
つづき
医師は、宣託を下す巫女か神主に似ていませんか?
患者は信徒です。
途中は省略して(考えても分からないから)ありがたいご宣託を待っています。
信仰心の不足(健康管理の不足)を責められると、信者は冥加金を積み増しします。病院では精密検査です。
死によって解決するところは、宗教も医学も同じですね。

私はニタニタ笑いながら、神の宣託を聞いています。
ありがたい事です。
by 常盤万作 (2017-09-05 20:27) 

京男

>常盤万作さん、こんばんは。
確かに神主か巫女に似ていますね。
彼等にとって、どこの神からの宣託でしょう。計測機器や数字かされたデータからの宣託かも。本来、患者が病気の神様なんですから、患者の神の宣託をすれば問題なく治るでしょう。
人間は、「身体」「心」「魂」で生命が成り立っているのです。
西洋医学は、「身体」しか見ていない場合が多い。機器で計測できる範囲の数字とかで判断し、病名を明確にするのが仕事。
だから、これだけ医学が発達しているのに病人は昔に比べて増えていますよね。本来なら減らないといけないのに。
私は、病院に行く前に自分の身体と心と魂に聞きます。まだ完全ではなですが。
でも西洋医学も利用します。東洋医学も利用します。鍼灸や整体も利用します。
父親なんかはそれが理解できないのですよ。人間がなんで生きているのかをね。ドクターだって理解していないと思います。
by 京男 (2017-09-05 21:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。