So-net無料ブログ作成
検索選択

ディテール [風景]

DSC08487.JPG

今熊野観音寺の周辺は、山中という感じがします。
新緑シーズンは、暗い木々から若々しい新緑が輝いているのが印象的。
それを写真で記録しようとしているように思う。

DSC08493.JPG

DSC08499.JPG

いわゆる「ディテール」ということかも。
「ディテール?」
なんかわかったような、わからんような言葉です。
英語で書くと「detail」と書きます。
「全体に対する細かい部分」という意味。
ただ小さいもの、細かいものを表すのではなく、
「全体の中の細かい部分」のことをディテールと言います。

DSC08510.JPG

新緑の写真に対する「一枚の葉」かな。
宇宙と地球、地球と人間、人間と細胞、細胞と素粒子・・・のように。
全体に対する細かな部分に共通生がある。
すべてに神が宿っている。
神という言葉が嫌ならエネルギーかな。
そういう構造を観るのが好きになってきました。

DSC08511.JPG

DSC08513.jpg

それに気付くために、社寺や素晴らしい風景の所にいくのかも。
本来の観光というのは、そういうことなのかも。
まあ、偉そうなことを書いておりますが、本当はまだよく観えております。

DSC08518.jpg

心を静かにして、自分の内なる神仏の声を聞く。
聞くというより観るということ?
観音とは、そういう状態?
色々なことが心に浮かびます。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(7)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 7

コメント 8

pochikun

お父さん、おはよう~。
緑が生い茂って濃くなっていくこの時期も素敵よね。
少々蒸し暑い日もあるけれど、風が薫りを運んでくる感じ。
by pochikun (2017-05-12 08:17) 

京男

>pochikunさん、おはようございます。
なんやかんやいうてもいまが一番ええ季節なんでしょうね。
外の紫外線はちょっと眩しいけど。
by 京男 (2017-05-12 08:37) 

常盤万作

京男様、こんにちは。
「お伊勢さん菓子博」へ行ってきました。京都老舗は1軒も出店してなく、淋しい限りです。
老舗の旦那はこのような見世物には「おきばりやす」と言って冷笑しているのかも。
何も買わずに帰れたのは、良い事です。
by 常盤万作 (2017-05-12 15:39) 

京男

>常盤万作さん、こんにちは。
そういうイベントがあったのですね。お伊勢さんだから京都の老舗は参加しないのかなぁ・・・。縄張りみたいなものもあるのかも。
たまには、何も買わない時もあっていいでしょう。
by 京男 (2017-05-12 17:43) 

常盤万作

つづき
全国菓子博で、北海道から沖縄まで菓子屋、菓子組合が参加していました。
しかし、京都などの老舗は見事に抜けていました。
街道の餅屋がリードする博覧会には抵抗があったのかも??
何も買わないと、手ぶらでいいですね。
by 常盤万作 (2017-05-12 18:51) 

京男

>常盤万作さん、こんばんは。
そうなんですか。京都市の菓子組合は威張っているのかも。「赤福とかが大きい顔をしている博覧会なんか行きたくない」なんでしょうね。
並んだ紅白の赤福餅を買って欲しかったなぁ・・・。(笑)
by 京男 (2017-05-12 20:34) 

常盤万作

紅白については拙の「狩人の道東放浪記」を見て下さい。
by 常盤万作 (2017-05-12 23:58) 

京男

>常盤万作さん、おはようございます。
後ほどお伺いします。
by 京男 (2017-05-13 06:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0