So-net無料ブログ作成
検索選択

家にいるのが一番快適だった [風景]

DSC04146.JPG
↑ベランダ桜は、新緑のシーズン。もうすくツバメが飛ぶんだろうな。でも最近、女子大の工事の影響なのか、野鳥が少なくなったのがちょっと気になる。あんな不細工な校舎をたくさん建てていいのかなぁ・・・なんか時流に遅れている設計の校舎群。自然と調和していないのがすごく気になる。私がそう思ってもしかたないことですけど。

昨日は、一歩も外にでなかった。
昼御飯を食べると眠くなった。
ベッドに寝ていると外ではウグイスが近くで鳴いていた。
いつもなら女子大の工事音がうるさいのだが、さすご連休は静かだ。
風がほどよく入って来て、気温も最適。

DSC04140.JPG

ベランダ桜の新緑を観ながら、ウグイスの声。
ベッドの上でウツラウツラ。
最高の気分だった。

DSC04139.JPG

ニュースを観ると京都の四条大橋あたりが映っていた。
観光客なんだろうか、人がウジャウジャ状態。
あんな所に行って楽しいのかな・・・。

以下の写真は、先日晴天の時、智積院で兄貴分のカメラ(DSC-RX1R)のテスト撮影をしていた。

いま、弟分(DSC-RX100M3)の使い方もそうだけど、解説書を手に入れ、ちょっとだけ学ぼうとしている。
折角の高性能のカメラがあるのに、性能を引き出せにのが情けないとやっと思うようになった。
読字障害があるので、ゆっくりカメラを手に取りながら読んでおります。

DSC08310.JPG

DSC08311.JPG

成果は、でるかな?
この兄弟カメラ簡単に撮影できない。
まあ、それが面白いのでしょうね。

DSC08312.JPG

DSC08316.JPG

この兄弟の得意とする高精細画質をテストするにはいいシーズンかもしれません。
秋の紅葉シーズンまでには、マスターして置きたいと思う京男です。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(7)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 7

コメント 6

すー

おはようございます
この景色をベットの上でうつらうつら・・・見る! それは最高ですね(^_^)ニコニコ
by すー (2017-05-04 04:29) 

京男

>すーさん、おはようございます。
いいでしょ。昨日は、ベッドやダイニングの床で緑を楽しんでいました。ちょうどウグイスも鳴いてくれています。
by 京男 (2017-05-04 04:34) 

pochikun

お父さん、おはよう~。
今日もいいお天気ねっ♪
この時期そちら地方はお出かけは無理しない方が良さそうねぇ。
明日、友人が着物で出かけるって言ってたから
人に帯を引っ掻けないように、食べ歩きの人に
汚されないようにねって注意してた所よ。
薄手のショールでも羽織ってた方が良さそうよねぇ。
ベランダから見える新緑が気持ちいいわね~♪
by pochikun (2017-05-04 07:56) 

京男

>pochikunさん、おはようございます。
外はいい天気。
人が多いだろうな・・・。
父親と外食なんです。
今週は止めておけばいいのに。
本物の着物で京都ですか。いいけど、汚されないようにしないとね。
でも暑いだろうなぁ・・・。本物の着物。
ベランダから外をみながら、一日ボーッとしていたいものです。
by 京男 (2017-05-04 08:09) 

常盤万作

京男様おはようございます。
「家にいるのが一番快適」とは老人化の始まりですぞ。
周囲2畳の部屋に座して、大宇宙でも観ますか?

女子大と聞くと「全面無罪」ですが、そんなにひどい建物ですか!
中身に合う建物なのか、建物に合う人なのか、鐘がなるのか鐘木が鳴るのかですね。
拙は夢見る乙女を信じたい。

by 常盤万作 (2017-05-04 08:18) 

京男

>常盤万作さん、おはようございます。
連休中は、できれば出たくないです。観光地に住まないとわからないでしょうね。ちょっと出るだけで、人が一杯。なんです。しかも、近所の工事も休みで静か。今日はこれから実家だけど、行くために観光地を通らないといけないのです。道路も他府県ナンバーだらけ、バスや電車も観光客で満員。ランチを食べるのも人がいっぱい。父親はそれを知らないから外食と言う。一度エライ目に遇わさないといけないのかな。
大学の建物で感心するような建築に出合ったことはない。それを建てるために、いい洋館や邸宅が潰されてしまった。もったいない。
自然も少なくなってきているのです。
「拙は夢見る乙女を信じたい」・・・後妻業にご注意くださいね。
by 京男 (2017-05-04 09:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。