So-net無料ブログ作成

春爛漫 [風景・和菓子]

DSC02482.JPG

京都市内は、急に春が来たような感じです。
いろんな場所で春の花が咲き出した。
ソメイヨシノも今日・明日でかなり開花が進むだろう。
ただ金・土・日と雨が降るからどうなるかな・・・。
なんとか持ってくれるといいですね。

DSC02481.JPG

DSC02436.JPG
↑近衛邸跡の糸桜

一昨日、本満寺の枝垂れ桜を見て、次は京都御所の桜を見に行きました。
京都御所も満開状態だった。
観光の人も多かった。
京都御所も年々、観光客、それもお行儀の悪い系の東洋人が増えました。
あの人達は、なんで自撮りをするんだろう?
ガマの油みたいに、写るおのが姿に油汗をながしたりしないのだろうか?

DSC02463.JPG

そういえば日本人の女性中高年グループもよく自分達の写真を撮ったはりますね。
いい遺影を撮ろうとしたはるのかも。

DSC02469.jpg
↑桃の花も満開だった

DSC02470.JPG

おじいさんがベンチに同じ姿勢で座って居られた。
「ねがはくは花のもとにて春死なむその如月の望月のころ」
こんな桜を見ながら死ねたらいいかもね。
如月は、旧暦の2月だから、太陽暦にしたら3月末、今年はちょっと遅れているからちょうどいまぐらいの時期かも。
この時期なら葬式に参列しても寒くない。
参加する人にも優しい時期ですね。

DSC02503.JPG
↑出水のしだれ桜

DSC02511.jpg

でも現実は1月末だったり6月の梅雨時とか、8月の盆前とか過酷な時期が多いように思う。

DSC08052.JPG
↑二條若狭屋「春の水」

DSC08083.JPG
↑煉切、黒こしあん

DSC02671.JPG
↑2017年4月5日午前7時30分、ベランダ桜。我が家は、朝食も花見をしながらなんです。贅沢でしょ。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(3)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 3

コメント 5

すー

おはようございます
一気に咲き出しましたね。
私は今日からお天気が下り坂なので昨日に近所の桜のチェックでした。

by すー (2017-04-05 04:23) 

京男

>すーさん、おはようございます。
今日から天気が悪くなっていくそうですね。
だから私も動きました。
しだれ桜は満開に近くなりますね。
by 京男 (2017-04-05 04:26) 

常盤万作

京男様おはようございます。

自分を撮影するのは「確かに行ってきましたよ」の証明ではありませんか。

家郷に戻り、佞人の国で如何に尊敬されたか自慢します。

沢山買ったから、店員がペコペコしてゐただけなのにね。

いつも党幹部にペコペコしているから、その反発でしょう。

間もなく彼らも気が付きます。
by 常盤万作 (2017-04-05 08:17) 

京男

>常盤万作さん、おはようございます。
まあ、自国では撮影に耐えられる風景がないのでしょうね。
もうたくさん買う人は少ないですよ。
母国で買えますからね。
店員がペコペコも店員が同郷の人が多いかも。
あとしばらくの辛抱かな。居なくなりますよ。
by 京男 (2017-04-05 09:26) 

pomme

こんにちは
桜好きの私は、
この西行さんの歌を
春になると思っています。
この通りになりたいな~~
by pomme (2017-04-10 11:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0