So-net無料ブログ作成
前の2件 | -

紅葉盛り、人盛り [風景・和菓子]

DSC01024.JPG
↑永観堂。ここの紅葉の色は、鮮やかなんです。

京都の紅葉、今年は早いテンポで進んでいる。
急に気温が冷えたからかな?
テレビや新聞でも盛んに「京都の紅葉」と紹介して煽っている。
中高年層は、まだテレビや新聞を情報源にしているので、中高年のおばさんたちがドッと有名紅葉スポットに押しかけている。
きっと紅葉に自分を見出しているんだろうな。

DSC01085.JPG

国立博物館の「国宝」も異様に盛り上がっている。
これもテレビの効果でしょうね。
中高年の方々が多い。
「国宝」なんて国民に無料で見せてくれたらいいのにね。
それにしても、あの行列はすごい。

DSC01082.JPG
↑拝観券を買うところは奥の方にあります。

本日の写真は、永観堂です。
ここは、絶対的に有名スポット。
観光バス用の駐車場もあるから団体が結構来ているようです。
もちろん、外国人観光客も多い。
私にとって不思議なんですが、皆さん自撮りをしている。
綺麗な紅葉と醜い顔・・・そのコントラストがいいのかもね。
それとも遺影用に撮影しているのかも。

DSC01029.JPG
↑価格に感心しました。

こんなたくさんの観光客が現金で拝観料!
すごいなぁ・・・。
一年の稼ぎをこのシーズンで稼ぐんだろうな。

DSC09935.JPG
↑多宝塔を拡大すると人が群がっていました。

この人の多さに入るのをためらった。
まともに撮影できない。
しっかり晴れていなかったしね。
結局、入ったけど。
靴を抜いてあがる所はパスしました。
その写真は、次回のお楽しみ。

P1380058.JPG
↑二條若狭屋「もみじ狩り」

P1380140.JPG
↑羊羹製、栗あん

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(5)  コメント(6) 

京都の紅葉は、大道具・小道具で得してる [風景・和菓子]

DSC01014.jpg
↑蹴上トンネル

今週は、京都市内の紅葉の名所が見事になっている。
昨日は普通の日だったのに、車がどこも混んでいた。
自分の家に帰るのに苦労した。
いつもなら夕方に荷物を受け取りに来てくれる宅急便の人も夜の遅い時間に来た。
このあたりまで来るのが大変らしい。
きっとテレビや新聞が煽っているんだろうな。

DSC00671.JPG

DSC00672.JPG

私の住む所は、清水寺・東福寺・高台寺・博物館「国宝」の影響をうけます。
夜間のライトアップもあるしね。
自分の家に帰るルートを考えないとタクシー代が倍くらいになるのです。
昨日の夕方から夜にかけての交通停滞はなんだったのか?
23日からまた休みが続く・・・。
年々酷くなっていますね。

DSC00681.JPG

本日の紅葉は、南禅寺です。
天気はよかったけど、人が多くてちゃんとした撮影ができません。
紅葉の色合いは、まあまあの色かな。
高校時代、南禅寺や永観堂の紅葉を見ていた筈だけど、憶えてないな・・・。
若い時って紅葉を見ても「綺麗!」なんて思わないのかも。
桜だってそうです。

DSC00685.JPG

最近、紅葉を見たら「来年は、観られるかなぁ・・・」なんて思います。
父親ならもっと思っているだろう。

DSC01016.JPG

いい状態の紅葉をしっかり記憶に留めておきましょう。

P1670687.JPG
↑嘯月「梢の錦」

P1670752.JPG
↑こなし、こしあん

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(6)  コメント(8) 
前の2件 | -